PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
最近観た映画
この夏はどこにも家族で出かけなかった・・・あ、お盆に主人の実家に日帰りでお墓参りにいったけど、大阪だし(-_-;)
子供も大きくなると、それぞれの予定はあるし、あたしも夫も仕事しているとなかなか同時に休めない。昔ほど無理して旅行する気もあんまりなくなった。
なんせ、喜んでくれるピュアな心の子供達でもなくなったからね~~。
親と旅行・・・あたしも中学から付いて行かなくなったもん、そういえば。
そして、大学生になると、また親の財力にすがって行きたくなるんだけど、それでも友人との貧乏旅行の方が楽しかったもんね。

で、毎週末、この夏はDVD借りて映画三昧でした。

観たのは (題名&印象に残っている出演者)

”Departed(ディパーテッド)”:レオナルド・ディカプリオとマット・ディモン主演
”Udon”:ユースケ・サンタマリア トータス松本
”フラ・ガール”:雪泰子、豊川悦司、蒼井優
”リトル ミス サンシャイン” アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキン
”どろろ”: 妻夫木聡.柴咲コウ.瑛太
”ミッション インポシブル 3”: トム・クルーズ
”誰も知らない”:柳楽優弥、YOU

うむ。結構みたもんだ。
簡単な感想。話の内容は各オフィシャルページやWikipeXXXを読む方が正確ですが・

Departed
種明かしは絶対知らないで観るべき。これを観るつもりなら、HP巡り禁。と上記と違うこと書いちゃうけどね(^^ゞ ディカプリオの出演作では、一番彼の演技が素晴らしい(>_<)
昔はアイドルっぽいし、一時は太って、ちょっと嫌いになっていましたが、復活しました。
タイタニックの頃よりもずっと大人です。そして、ストーリーがおもしろい!
なんにも考えずに見てくださいまし。見た後、どっと疲れますが、回想するとこの話の良く出来ていることがわかって、結構感動した。また、忘れた頃に見たい。

Udon
うどんが食べたくなる。まずわ。香川ってこんなにうどん王国だったのか!!とびっくりしました。そこにからむ親子愛っていうか、まあ、暖かい家族愛的なもんも、来るぞ~とわかりつつ、気がついたら号泣してました。泣きすぎ!と注意を受けたほどです。
次の日、讃岐うどん買って、釜揚げ作ってしまいました。
あと、ユースケさんも味がありますが、トータス松本さんが殆どご本人そのままのキャラで、なぜか香川県人なのにばりばりの関西弁なのにも苦笑しつつ、あの方の派手な顔が演技顔なことに気がつきました。芸達者やわ~~。もっかい観たい。

フラ・ガール
実話を元にしていると知って、日本にもこういうあったかいサクセスストーリーがあり、今もそのモデルの方が70歳を超えて踊りの先生をしていることや、その施設が存在することになんか感動しました。見た後の感触としては”スウィング・ガール”に似ていますかね(*^_^*)
すっきりしますし、努力してうまくなっていくプロセスや色んな辛いことが起こることを乗り越えて
行くのは、もう、”感動して!!”と言っているような映画でしたが、まんまと載せられ、泣いてしまった(^^ゞ 家族愛とか友情とか、ま、てんこもりです。

リトル ミス サンシャイン
これが一押しです。是非観てください!!もう、先がなんにも見えなくなっても、元気がでます。
ツッコミどころ満載です。基本はコメディです。ミスコンテストに出るのが生きがいで、自分の優勝を信じて疑わないめがねでちょっとぽっちゃりの9歳の女の子、願かけの為に2年間口をきいていない引きこもりの兄、自己啓発セミナーの講師で勝ち組が大好きだけど、自分はかなりの負け組みのお父さん、唯一家族をまとめ、疲れ果ててたばこをふかすお母さん、放送禁止用語でしゃべくり倒すエロじじい&女の子のミスコン出演を応援してダンスを教えてくれるおじいちゃん、ゲイで、学者で自殺未遂をして、仕事を失って精神病院から引き取られた母の弟。そんな人々が、それぞれ殆ど希望を失っているのだけど、唯一残る希望は、9歳の女の子の次点でひっかかったミスコン出場権。わざわざ、それに出演しにおんぼろバスでカルフォルニアに行くのですが・・・まあ、もう面白くて、最後はさわやかで、これも家族愛といえばそうだけど、もっと押し付けがましくない、人はそれでも生きていく的な感じと、価値観って何?というかなりいいことを言ってくれる、考えさせてくれる映画です。
単に面白かったー!アクションすごかったー!かっこよかったー!で終わりません。
出演者も結構地味ですが、女の子は、よく子役で出ている子で、Sign とかにメル・ギブソンの子供役で出ていました。お母さんは、シックス・センスで、あの主役の子の母親役でした。
でも他の方も芸達者です。是非、どうぞ!

”どろろ”
漫画を先に知っていたけど、映像もなかなか凄かったし、妻夫木クンはかっこいい。
おどろおどろしい内容ではなく、これも観た後すっきり。ミスチルのフェイクを久しぶりに聞いた。

”ミッション・・・・3”
ま、3回目ですからね。すごいのんは少々凄くても驚きませんが、今回は、主役のトム・クルーズが恋人・嫁のために闘います。しかも、最初に話のクライマックス近くがまず流れて、えーらいこっちゃ、どうなんねん!という気持ちにさせてスタートです。なかなか凝っています。
ただ、トムの私生活とリンク?突然スパイが嫁をもらう状況、しかも初めて銃を使うにしてはうますぎる嫁(笑) どーせハッピーエンドでしょ?主人公は死なないでしょ?って思ってましたが、軽く裏切られ、軽く正解でした。何も考えたくない時に観るのはお勧めです。

”誰も知らない”
実際の事件(巣鴨置き去り事件)をベースに作られた映画。ヘビーすぎて、というか映画はそれ程悲壮感は漂っていないんだけどね。でも、こんな子供達だけ放置して、14才に世話任して、全員出生届けも出さずに小学校も通わせずに、そして自分は男に走る母・・・ひどすぎる~~と思ったんだけど、あたしも仕事忙しくて、そん時に子供の世話が大変で、一人になりたい、って思ったことあった。たまの休日。一人になりたい、と思ったことあった。
この母親は子供が嫌いなわけではなかった。ただ、自分の気持ちにあまりにも正直で理性があんまり働かなくなった人だったのであろう。neglectと普通の、ちょっとストレスたまった母とは紙一重な気もしてしまった。そして、”親”がないことで、”お金”がない状態で、子供達が健気にがんばり、水がなくて、電気がつかなくて苦労する姿。こんな都会に、こんなことが本当に起こったの?と思った。子供は強いけど、非力。いじらしくて、悲しくて、途中で見ていられなくなり終了した・・・これは、重い。あたしにはしんどかったな~。
ちゃんと子供、育てるわ!!と思ったよ、ほんと。


ま、なんか色々書きましたが、トランスフォーマー、この週末行けたら、行きたいなあ~。
土曜日はウルフルズ@ヤッサに行ってきます(^O^)/
[PR]
by minamipatho | 2007-08-24 00:27 | 映画
<< ウルフルズ  ヤッサ@大阪万博... ANN 今日は汚い話が多いっす... >>

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧