PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
カテゴリ:夫婦( 7 )
15周年
へへへ、今日は入籍15周年記念日です。
わけあって、結婚式は四月ですが、入籍は15年前の今日、どたばたの中、行いました。
ここを見ている人も、知っている人は知っている(笑)。
まだ、20代前半、学生でしたが、もうりっぱに30代ぎりぎりな中年男女となってしまいました。

15年は、水晶婚らしい。
かな~り前もブログで、この話題をしたな~。
あの時は象牙婚でしたが、今回、ちょっと綺麗に硬くなりました。

別に特別なことはしてませんが、花なんぞ買って生けてみました。
よくがんばったよ、私。よく我慢したね~、おたく。
よく育ったね~、息子ら。

ま、通過点。
でも、結構早く経つもんだ。
これからも、こんな感じでたんたんと過ぎるのが幸せなんだろうねえ。
[PR]
by minamipatho | 2008-01-21 23:26 | 夫婦
お誕生日
昨日は夫の誕生日であった。
いつもは、平日で、”おめでとう”と声をかけて、ちっちゃなケーキを買って、祝って終わり。
でも、今年は日曜日だから、久々に祝ってみようか、と思った。
ちなみに、あたしの誕生日はここ5年以上、覚えている限り、自分でケーキを買って、子供たちがケーキが食べられる日、というだけに留まっている。
夫からのプレゼントなど期待もしていないので、自分にプレゼントを購入している。
誕生日以外にも自分にプレゼントはよくしているが。

ケーキ。近くの結構おいしいと有名な店に行って予約してみる。
チョコレートのケーキが好きだというから、見るからにとってもチョコレートなケーキで15cmの丸型を買った。お店の人も勧めたし・・・
ろうそくなんて立てて、”お父さん、おたんじょうびおめでとう”のプレートもつけて、
歌を歌う。
何回も噴出しながら、お誕生日の歌を家族で歌った。
温かい、家族である。あまりの久しぶりな微笑ましさに笑いが・・・・
そして、ろうそくを消してもらう。
ふ・・・消えない(笑) 彼は病み上がりであった。
しかし、5本のろうそくの火が消えない彼の弱りっぷりに、ちょっとやばい気が。
このケーキ、食べられるのかなあ?

ところが・・・
いざ切ろうとしたら、”か、かたいっ・・・(>_<)”
チョコレートの板の層が異様に硬い。そして・・・崩壊(笑)
なんて硬いケーキ。そしてきれいな飾りはぐちゃぐちゃに。
冷蔵庫に入れなくていいじゃなーい(-_-;)
食べた。
甘い・・・・
うまかったのは3口目までだった。15cmの1/4はきつかった。
あの甘いもの大好きの子供たちですら、完食不可能。
夫が一言ぽつり。
”いつもと違うことするからだねえ。あのちっちゃなケーキでよかったのに。”
(;一_一)
そんな言い方しなくってもいいじゃん!ぶ~。
次から、いや、もう一生、ぷちケーキだ!君にわっ!(ー_ー)!!

プレゼントについて聞いてみた。
純粋にプレゼントしようという気持ちも半分(すでに純粋ではない)、次のあたしの誕生日への下心半分。
だって、自分へのプレゼントもいいけど、人から思いもしないものももらいたいじゃな~い?
で、それを見越して、調査。

やつは、ちょっとはにかみつつ・・・
”アンプがいい。”
”は?”
”アンプ。マーシャルの。”
はあ~?ギターのですかい?あのさびついたGibsonのギターを、うちで弾くつもりかっ!!!
100年早いわ~!!いや、20年遅いわ~(笑)
”そしたら、早く帰ってくるよ~♪僕。ま、お部屋に直行だけどねえ。あ、防音装置もね♪防音ガラスに変えなくちゃ。”
もはや、なんの現実味もない。あほちゃうか(笑)
彼のギターの腕は知っている。
お世辞にもうまいとは言えない。軽音楽部に入っている頃でさえ、うまいとは言えなかった。
あたしの渡した桜坂の楽譜を弾けるようになってからのたまってほしい。
中学生のように、じゃかじゃか好きなロックのフレーズのみ弾かれたらたまったもんじゃない!
しかもアンプで増強して・・・ひえ~。音楽好きの嫁になったとはいえ、聴きたい音楽を少ない自分の時間で聞いているのにい~。本気なの???

”それじゃあ、あったかい服。”
”何?それ”
”この間から冬のジャケットやスーツがないことに気がついた。それで風邪ひいた・・・と思う。”

この件に関してあたしは反論したい。
いつも、服がないと思うから、何か買おうか?と聞いてきた。自分や子供の服を買うついでにね。
でもいっつも、”いら~ん”って言ってたくせに。
この冬物バーゲンも終わる勢いの時期にそんなこと言われてもお・・・

しょうがないから百貨店に行った。
おしゃれな店など素通りして、ずんずん催し売り場に突き進む夫。
閑散とした紳士服売り場には、もう売れ残り感漂う地味なおっちゃん色の冬物ジャケットやスラックスばかり。
でも、その中から彼は、グレーの超個性のないカシミヤのジャケットを殆ど迷いもせず、
”これでいい”
安上がりな人である。こういうとこは好感が持てる。
でも、ちょっと着飾れば、ましな方なのに、相変わらず衣類に無頓着な人。
ちょっぴり、おもしろくなーい(笑)
ま、ブランド物の売り場に連れて行っても、女と違って全然楽しくなさそうだから、それでいいんだけどね。
で、自分の服もちょっと買って、帰ろうとすると
”アンプは?”

聞こえないふりして、笑いをこらえて、急ぎ足でずんずん帰らせてもらった(^_^;)

この、”アンプは?””アンプ、ほしいーよー”攻撃は実は半年前から続いている。
いつか、許可しないといけないのだろうか?
どこまで本気なのか、お父さん・・・・
ギターのことも、マーシャルの名前もポルノが好きになってからある程度、なんのことか理解できるようになったけど、
彼のギターを横でちょこんと座って聞いてあげるかわいい私では、もう、ない・・・(笑)

ねえ、ギターってアンプがあるとおもしろいの?うまくなるの?ないとおもしろくないの?(と彼は言うが・・・) うるさいよねー?きっと。
[PR]
by minamipatho | 2007-01-29 23:04 | 夫婦
ここ最近。
今日は、職場の仲間の結婚祝賀会とのことで、遅くなると旦那からメールが来る。
晩御飯の買い物前、危機一髪!!
実家にそっこー電話して、晩御飯、なんかある?
うちは、あたしが遅いので、子供たちは平日は実家でご飯を食べさせてもらっている。
で、余分もあるとのこと!わーい。
スーパーへ向かう車は、ちょっと強引にUターンなんぞして、実家へ。
あ~幸せ。ご飯作らなくて良い。

さて、おなかいっぱいになって、子供と三人帰宅。
で、パソコン向かって仕事したり、ブログ読んだり、読みふけって、はた、と気がついて、また仕事していると、電話のベル。
酔っ払い約一名。陽気な声。
”こっちに今日は泊まるね~。お酒飲んだので、飲酒運転危ないから~”
最初から、その気だろ~がっ!!
”いいよ~。あたしも好きなことできるし、邪魔されないし(笑) お楽しみ遊ばせ~!”
あ~なんてらくちん。誰にも邪魔されずに、仕事、HPめぐりなどができるじゃない!

別に今でも仲が悪いわけでもないんだけどね、毎日は旦那が必要でなくなってきたのだ、最近。これって危険?(笑)
こう、子供がちっちゃい時はね、子育て手伝って欲しいし、休みの日には、家族で公園とか出かけたり、キャンプしたり、車もその時はワンボックスカーの、もうべたなファミリー!!していたわけです。

でも、今、上の子も下の子もちょっと手が離れて、というか手は相変わらず違うとこでかかってはいるのですが、労働としての子育ては終わり、休みには野球の練習とかで彼らの方が色々と忙しくなってきて、あるいは、おうちで一人で本を読みたい、とか言い出して、車も旦那は2ドアの、自分の為だけの車に買い変えやがって、やつのペースでお仕事なさって、毎日帰宅は深夜。あたしは、あたしで、仕事やら趣味やら自分ですることが十分あって、なんかね~。
あんまりお互い依存しなくなってきた気がする。

ま、たまに”最近、何してるの?”って意見交換する私たち。
変な夫婦であるが、週末しかゆっくり話さないからね。
ま、一週間あれば、話すことは一つ二つある。
”へ~大変だったんだ~”とか
”なにそれ~。またライブ行くの~?”とか事後報告、事後承諾の嵐。
ま、おもしろい時は、この一週間寝かしたネタはなかなか良いのですが、
勝手に相談もなしに、それどういうこと?っていうのもお互いあって、夫婦喧嘩に移行するときも稀にございます(笑) 

これは、自然経過なのかな。
ちょっと寂しくもあり、でも旦那が帰ってこない気楽さを堪能して喜びもあり。

もう、9月になりましたね。秋だ~。
[PR]
by minamipatho | 2006-09-01 00:51 | 夫婦
ブスの瞳に
ドラマも時々見てますが、昨日PATiPATiを買うついでに、お姫様姿の森三中、大島の表紙に惹かれ、ぱらぱらめくって暇つぶしに買ってしまった、ブスの瞳に恋してる・・・・

読み始めたら、ま、とにかく平易な文章だしすぐ読めてしまいました。
内容は・・・もうありえない、こんな二人がいるんだな~、世の中。と思うくらい激しく下品なお二人ではありますが、読んだ後は、ハートフル♪と思いました。
で、結婚はやっぱり価値観。何を大切にしているか、ってことなんでしょう。
旦那さんの放送作家、鈴木氏は、モデルとも付き合ったことはあれど、結局何でも言い合える、肩肘張らずに、楽しくばかなことができる相手、笑うことが大切だった。
そして、どんなに不細工だろうが、太ろうが、体を張ったお笑い芸人としての性なのか、おそろしく下品であろうが、料理が不味かろうが、いつでも笑って、むしろすごいやつだ~と褒めたり、愛しているを連呼したり、彼女の外見も含めてすべて大好きと書き続けてあるのを読むと、男らしささえ感じてきます(笑)
また、彼の目を通した大島も、普段は獣?とにかくすごいが、時々見せる女の子がすごい可愛い。
テレビで、ちらと以前見たときは、番組で全裸になって、すごいことになっていて、思わず消してしまった、あんまり笑えないお笑い芸人の印象でしたが、書く人が彼女に愛情があるせいで、非常に愛すべきキャラという印象を持ってしまいました。
よく、この二人は出会ったな~と思います。
芸能界ならではでしょうね。
ドラマはこの本とは全然違う!と思いましたが、この本がモチーフなら言いたいことは結構真面目なことがテーマと感じました。
笑うというより、呆れましたが、楽しゅうございました♪
[PR]
by minamipatho | 2006-05-12 23:33 | 夫婦
結婚記念日
13回目の結婚記念日が今日。
4月4日は、世間ではおかまの日。
13年前、この日に私たちはあわてて挙式しました。(笑)
ちなみに入籍記念日もあります。事情により1月にね(笑)
結婚記念日は祝ったことがない。
別に仲が悪いわけでもないが、通過点な感じ。
結婚式を計画的に行ったら、その日の印象も違うんでしょうか?

さて、結婚記念日は巷はどんなことするのか?と思って調べたら
1年 紙婚式    2年 藁婚式
3年 革婚式    4年 花婚式
5年 木婚式    6年 鉄婚式
7年 銅婚式    8年 ゴム婚式  
9年 陶器婚式   10年 錫婚式
11年 鋼鉄婚式   12年 絹婚式
13年 レース婚式  14年 象牙婚式
15年 水晶婚式   20年 磁器婚式
25年 銀婚式    30年 真珠婚式
40年 ルビー婚式  45年 サファイア婚式
50年 金婚式    55年 エメラルド婚式
60年
/75年  ダイヤモンド婚式
 
というらしい。年月が経つにつれ、硬く、高価な感じになる。
13年はレース婚式。まだまだ簡単に破けそうです。(笑)
ちなみにお互いそれにちなんだものをプレゼントしあうらしい。
レース・・・がらじゃないな~。レースの網タイツなんてどお?と夫に意地悪く言われました(笑)
贈れるもんなら贈ってみろ!!
来年は、象牙・・・これもネックレスなんて贈られてもジャングルの酋長ですわ。
夫婦象牙箸・・・遠慮します。すべりそうです、麺類。
藁とか革は悲しいが、爆笑は、ゴム婚式!!なんだよ!ゴムって。
ゴムの物を贈りあう・・・ボール、輪ゴム、タイヤ、避妊具・・・ろくなものないな~
75年のダイヤモンド婚式。生きてたら、98歳。
生きている確立もかなり低いが、98歳で、ダイヤモンドを頂いても、意味なし(笑)

多分結婚記念日は、これから先も祝いそうにない。
毎日元気なら、それでいいよね、お互い。
[PR]
by minamipatho | 2006-04-04 22:12 | 夫婦
因島ライブ
前のBSハイビジョンの時は、Vilollin summitと重なって見られないのと録画できなかったので、2時間バージョンは昨日がはじめて。1月9日のと殆ど変わらなかったけど、ちょっとドキュメンタリー映像が増えていたかな?
ま、2回目の感じで、鑑賞。

因島って名前は、私は受験勉強で、因島の産業:造船、柑橘類 と小学生の時丸覚えした記憶がある。
そして、話の中で、昔は日立造船があったけど、造船所もなくなり、人が少なくなっている、という晴一の話で、おお~そうやったわ~!となぜか変なポイントで懐かしく思ってしまいました。

ライブは小学生の時は、歌のおにいさん?おじさん?高校生の時は、ま、いい兄貴たちで、因島の小学生や中学生、高校生もいい顔してるし、見ててほのぼの致しました。
あと町並みも、昭和な感じで、好きやな~。山とかOO商店とか、お好み焼き屋さんの感じとか、
あんまりごちゃごちゃしすぎず、洗練されすぎずね。
ああいう故郷がある二人を単純にうらやましいと思う。
子供らしい、幼少期を過ごしていた二人だな~。
中途半端な都会っ子の私は、山や海はお金を出して、夏休みに気合を入れて、キャンプ、家族旅行としていくことが出来る場所。それがあんなにコンパクトに詰まった島。いいわ~、ほんま。

ライブにも因島にも行きたくなった。
何してるんかな~お二人さん。
と思ったら、4月6日に号外が発送されるらしいね~。
いいお知らせだといいんだけどな~~
晴一は、ポスター貼ったり、はがしたりしているみたいだけどね(笑)

ちなみの、この録画をまた失敗してしまい、砂嵐録画。
HDDプレイヤーを使いこなせない自分が悲しい・・・もう歳かな、やっぱ。
[PR]
by minamipatho | 2006-04-03 22:23 | 夫婦
結婚相手に必要なこと
必要なこと、条件ってなんでしょうね・・・難しいわ~。
生活していて、良かったと思うことは、ジャムのふたを温めずに開けられる、高いとこのものが脚立を使わずに取ってもらえる、なんてときに、よかったー、便利な人がいて・・・と思う私(笑)

でも、相手が自分と同じより、違う時、違う意見をくれるときに結婚してよかったと思う。
価値観は一緒でないとあかんと思うけど、凸と凹みたいに、私にないものを相手が持っているときに、助かった~って、よかった~って思えるし、尊敬も出来る・・・気がする。

花束や高級ブランドのプレゼント、有名レストランでディナーなバブル期が20代前半でした(そんな経験は一切ない。念のため。)
3高が結婚の条件と言われた時代でした。でもね、ここには女性は相手に求めるばっかりで、自分はどうなのか、見えてこない。
その点、低リスク、低依存、低姿勢っておもしろいね。
低リスクは、安定、低依存は、お互い自立、低姿勢も女性側も自己主張をしたい!っていうことだから、女性が強くなったり、男尊女卑みたいな育ち方をしなかった証拠だね~。
女側の意思が見えてきた気がする。

女は巣作り本能があって、男性を選ぶ時、条件をつけるのは、きっと生物的に備わった本能なんじゃないかな?って思う。
動物は争いに勝った、あるいはきれいな雄しか雌に選ばれない。
これは、子孫繁栄、生活の安定を意味する。
人間は、女性側が働かない場合は、収入が大切な要素になるし、働いていたら、家事を手伝ってくれる要素を求める。自分に欠けてくる要素を補って、生活を守ろうとする。
男女問わず、結婚を意識する人は、似たような感覚だけど、意識しない人は、今が楽しければいい!って考え方が、強いんだと思う。私も、相手に自分の欠けているところを補ってもらおうなんて、思わなかった。楽しければそれでよかったもの。でも、生活とか考えず、そういう風にいられることも、それはそれですごい幸せだと思うんだ~。

私個人では、結婚で大切なことは、夫婦の間で、どっちが偉いってことはない、ということ。
昔、専業主婦の母が、小さな子供だった私たちの育児で疲れている時に、何もしない父が”俺はお前たちを食わしてるんだぞ!!”的な発言をえらそうにして、お給料袋を渡した時、小さな私(6歳くらい)の横で、お札を無言で並べて、”これで、この子の風邪は治りません。あなたのご飯もできません。一万円並べて子供が育つと思ってるの!?”と激怒したことを非常に鮮明に覚えている。その時、子供心にそれまで、お金を運んでくるお父さんを偉いと思っていたが、それをちゃんと有効にしているのはお母さんだ!!と母の株が急上昇したことを覚えている。

どっちが偉いも、どっちが正しいもない。
ちゃんと話ができて、でもお互いが相手よりちょっと得意なことがあったり、私が狭いものの考え方をしている時に、違う見方も教えてくれたり、逆に教えたり、give and takeできることが私にとっては大切なこと。そういう相手を認めることができる人でありたいし、相手にもそうあって欲しい。
なんか、偉そうですが、結婚相手に必要と思ったこと、3つにはまとめられなかったので・・・
[PR]
by minamipatho | 2006-03-13 22:15 | 夫婦

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧