PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
カテゴリ:家族( 11 )
春が来ました(^O^)/
大阪レポを40分かけて書いたのち、バックスペースと間違ってdeleteを押したら、このブログの書き込み欄は、内容が前ページに戻って消えてしまうのね・・・てことで、すっかりブログを更新する気力が消失し、まもなく、長男の受験が始まり、心情的には、もうあたふたしてて、すっかりご無沙汰してました。
このあたふたを解消すべく、実は2月初旬からドラクエ5のDS版なんぞ、今頃やり始め、昨日全クリア&隠しダンジョンも制覇して、やっと今日と迎えました、合格発表。

高校は中学と違って、HPで、朝の9時半にアクセスして自分で番号を見る学校と、ふっつうに速達で、結果が送られてくる2校。どちらの学校でもよかったのですが、行きたいコースがあって、それに受かりたい、というのがあったのですが・・・なんとか受けた学校、みんな合格してくれました(T_T)(^O^)/

長男は次男と違いまして、世の中を不器用に生きなければいけない多少のハンデがあるのですが、親子で、色々壁にぶち当たりつつ、”普通の人”をなんとか演じきる、というか、”普通”って何か?と考えつつ、なんとかやれるようになってきたこの頃でした。

また、それなりの苦労も新しい環境で始まるとは思うけど、でも彼の自信になったと思います。
普通人とアスペルガー・高機能障害の垣根が何か、どうすればいいのか、また未だに、よくわかりませんが、彼が自分の垣根をちょっと下げる努力をしたことは間違いないな~と思います。

今日は晴れて、暖かい一日でしたが、やっとこれで、オバカモードに邁進できます♪
[PR]
by minamipatho | 2009-02-15 21:30 | 家族
良かった(*^_^*)
今日、次男が一番行きたかった中学に合格できました(^O^)/

よかった。

でも悲喜こもごもで、仲良かったお友達でだめだった友達がいて手放しでは喜べないようでもあった。泣いている友達のところへ、行こうかどうしようかと数人で話し合いつつ、
”僕やったら、誰にも会いたくないよ。今はそっとしておいて、もう一度後期で受かってくれるよう、祈ろ。”とある友達の言葉で、言葉はかけずに帰ってきた。

あたしも、似たようなことあった。だめだったほうで(苦笑)
本当は喜びたいのに、沈黙の友達と、泣きつつ、笑いつつ、むりくり”よかったね~”と言って寂しい自分。彼が笑う日が来ることを祈っています。
でも、まだまだ先は長い!このことが、後の起爆剤にもなることもできるしね。
受かっても、いつまでも喜んでふぬけになっても困るしね。

長男も残っているし、まだ完璧に脱受験モードではありませんが、一つ仕事を終えた感じです。

ポルノにも清々しく参加できるよ、は~~。
[PR]
by minamipatho | 2009-01-19 23:03 | 家族
家に戻って
長男が修学旅行で長崎に行ってきた。
あたしは、出張で神奈川だった。

家におみやげが溢れている。
あたしは、中華ゴマシュー(限定)、雑誌に載っていておいしそうだったのを見た、ちょいこげdanoってぷちケーキとレンガ焼きとかお菓子いっぱい。ダイエットちうなのにいっぱい買ってしまった。新横浜駅、恐るべし。、
息子は、しぶい・・・しぶすぎる。しいたけ、びわ、魚の干物、ザボンカステラとザボン漬け。
多分あたしでもなかなか買わないで~と思うラインナップで微笑ましいわ~。

それなりに色々と楽しんできたようでなにより。
色々と集団行動が苦手なお人ですが、それなりに迷惑かけつつ出来たらしくてよかった。
漁業実習は、一匹も釣れなかったらしいが、雨の中強行して釣りしたらしい(笑)
今は爆睡していますが、まあよかった。

次男は、うるさい二人がいなくて静かやけど、ちょっと寂しかった、と。
いや、かわいいわあ、まだ(笑)

せっかくダイエットしていたのに、仕事の後2日間飲みまくり、まあ結構食べたせいで体重は一キロ増加(-_-;)
すぐやね、太るのなんてっ!!
でも怒涛の出張続きの生活もこれで一段落。
ANNもずっと聞けてませんが、あしたからいつもの生活に戻れます(*^_^*)
[PR]
by minamipatho | 2008-06-15 21:51 | 家族
子供たち
最近出張と私のお遊びで、週末は留守にすることが多かった。
久しぶりに土日を自宅で過ごすと、その間にできていなかったこと、気がつかなかったことが母失格なことがたくさんあってびっくり。

学校のYシャツのボタンが取れていたり、地域活動のお年寄りへの七夕飾りの用意が締め切り間近だったり、三者懇談の紙がそろそろかな?と聞いてみたら、くちゃくちゃで出てきたり(-_-;)

ま、そんなことはいいんですが・・・

気がついてしまった・・・

長男がとうとう 声変わりが始まってしまった・・・

この間から”カゼ?”とか思ってて、薬飲む?のどあめいる?などと時々気になっていたが、治りの悪さと時々完成しつつあるおっさん声を聞いて気がついた・・・

ショックというほどでもないが、なんか~。残念な気もするねえ。
少年ボイスがおっさん声ですよ.
ついこの間までオムツしていたのにね~~。
ま、いつまでもボーイソプラノも困りますから、それでいいのだけれど。

ただ、それにまつわるショックなことが。
昨日朝、実家の母がうちに電話してきて、電話に出た長男に向かって、色々と話している。
しばらくして、”ちょっと、ちょっと、僕やで、OOやで。お母さんじゃないで。”というと
”え~(@_@)。そっくりやん、寝起きのお母さんの声と。”と言われたらしい。

あの~・・・声変わりをしての声に似る息子。父ではなく母。
しかも、寝起きの・・・(-_-;)

あたしがおっさん声なのか、息子がまだ中途半端なのか・・・
そんなにあたしの声はドスが聞いてるかなあ~?
ま、酒焼けした、バーのママさんみたい、って言われたことは何度かありますけどね(T_T)


次に次男。
次男は、優しい子ですが、やや八方美人。いつも優等生なポーズを取るのがうまい。
上記の七夕の飾りとお手紙を書くのは、地域の一人暮らしの60歳以上のご老人に向けて毎年笹飾りを送るイベント。地域小学生の半ば義務となっており、長男の時は、作るの、文章を書かせるのが大変であった。
しかし、次男は、”かわいそうな、さびしい、おじいちゃんやおばあちゃんが喜ぶんやもんな!”と毎年率先してやってくれるので、楽。
今年は5年生らしく、中身もバージョンアップが要求され、高学年仕様。
文章もたくさん書かねばならないのであるが、さくさく書いていた。
そして、その書き終わった満足気な文章を横から見て、固まった(-_-;)

”OOさん(渡す方は決まっている。某ご近所のおばあちゃん)、ひとりぼっちで毎日さみしくありませんか?僕のうちは、おじいちゃん、おばあちゃんも来てくれるし、お父さん、お母さん、お兄ちゃんもいるし、とってもにぎやかで楽しいです。
今度、一度遊びに来ませんか?”

爆笑した。なんと言っていいかわからない。
子供なりの好意であろうが、一人暮らしの方に、
”さみしくありませんか?”
大きなお世話だよ!!

”僕のうちは~~とってもにぎやかで楽しいです”
無神経にもほどがある。

”今度、一度遊びに来ませんか?”
ねえ?京都弁かい?いきなりの社交辞令。しかも失礼な!!顔も知らないお方になんとまあ!
”本気?このおばあちゃんが来てくれたら遊ぶのかい?”と聞くと、”だって、大人の人って、よく、またお近くまで来られたらお立ち寄りください。とか遊びに来てください。とか書いてるやんハガキに!!!”

まあね(-_-;)
ま、こういう空気読めない加減が子供なんだろうねえ。
突っ込みどころ満載であり、書き直しを命じると明らかに不服そう。
しかも、よく見るとボールペンで書かれている(T_T)

もう、いいや。きっとこの子のおばかさん加減も汲み取っていただけるであろう・・・と諦めた。
書き直しできないしね。ただし、住所、学年、名前は向こうの方に披露されるわけで・・・
不愉快にならずに”ハハハ”と笑って頂けることを願うのみである。

あ~。ま、どうでもいいことですが、最近の子供にまつわる出来事でした♪
[PR]
by minamipatho | 2007-06-30 23:54 | 家族
ネガチブ日記
4月になって、ここ連日帰るのが遅くなり、家族はコンビニおかず、スーパー2割引・3割引おかずなどで生きている・・・
申し訳ない・・・何の為に仕事しているんだろうねえ。
忙しいと帰ったら、結構落ち込んでしまう。気を張っているからかなあ。
切れた電球、消耗した電池のような気分になる。
一生懸命話してくれる子供の話も上の空。
ごめんねえ。


あんなに好きだった野球を次男が辞めたい、と言う。
毎朝、毎週末の朝早起きは辛かったので嬉しい!と言いたい所だが、野球部の母親様たちになんて言えばいいであろう?ただでさえ、少ないチームメイト、ただでさえ大変なお当番。
彼の辞めたい理由は、受験らしい。
ほっといて育てているが、塾に子守してもらっているうちに、すっかりお受験モードに。
でも受験して野球を思い切りしたい!というなんか矛盾した理由なので、親としてはどう考えてよいやら悩みちう。
彼が決めることではあるけれど、まだ5年生。今辞めるの後悔しない?と母は軟着陸に必死ですが、子供は、”勉強したいっていうんだから、お母さん嬉しいでしょ?”
なんか腹立つ!なんか違う!
どういえばいいのかなあ・・・

昨日の参観日、当然行けなかったのですが、役員を決める投票があり、学級委員になっていた。夫は、”なんで子供のクラスの学級委員に親がなるの?”
アホである。うちの夫。
クラスの役員です!順番に回ってくるやつね。一回やった人はもうならないから、4人ずつ毎年名簿の上と下の人が順番にやっている経過を見ると、多分今年はうちと思っていた。
は~。結構大変なんだよ!これ。レクリエーションとか考えたり、毎年。
呑気だね~ご主人さま。
あなたにいつか行ってもらうからね!!

相変わらず、行き当たりばったりで連絡してくる夫。
今日、飲み会だった!お酒飲むからこっちに泊まる。とメールが来る。
ご飯作ってました~!(T_T)
ずっと悪かったな~って思ったから8時に滑り込みセーフでスーパー行って色々買って用意したのにねえ。
怒りつつも、しゃ~ないか、と思っていたら、またメール。
あした、日直!!忘れてた。明日の夜帰る。とまたメール。
あたしがいつもスタンバイOKと思うこの姿勢に腹が立つ!!
なんで、子供の面倒みる必要があるかも?とか考えないかねえ。
あたしもあした仕事があるかも?とか考えないかねえ?
”もうちょっと早くメールください。すでにあなたはこの家でいてもいなくても良い存在になりかけています。”とつめた~いメールを送った。
辞めといたらよかったかなあ?

こんな時はDVDでも見て、来週のポルノライブ2daysに思いを馳せるのが私の元気の素。
これから一人、引きこもってきま~す。
[PR]
by minamipatho | 2007-04-20 23:11 | 家族
お星様になってしまいました・・・・
誕生日に始まり、結婚記念日やその他人にはそれぞれに色んなmemorial dayがある。
今日、11月10日は、今まで私にとっては何ら特別な日ではありませんでした。
でも、今日、たぶんあたしやあたしの家族にとっては忘れられない日になってしまいました。
19年と5ヶ月一緒に生きてきた実家の飼い猫、ジュンちゃんが亡くなりました・・・・

今年の1月ごろ一度体調を崩し、何も食べられなくなったときに死を覚悟して、このブログにも彼の思い出などをたくさん書きました。
でも、家族の覚悟をありがたいことに彼は裏切って回復し、いつもと同じようにお散歩して、ニヤ~と甘えたいときだけ擦り寄ってきて、あたしたちが帰るときだけ見送ってくれました。
でも、ここ2,3週間前から、食欲が落ち、一週間前から水も飲めない日があり、トイレにも行けなかったり、間に合わなくなり、呼吸も苦しそうになりました。
また、回復してくれることを期待しつつ、苦しそうな姿に早く楽にしてあげたい気持ちが混ざり複雑でした。
水曜日、子供たちを迎えに行って、ジュンのところに行って、頭をなでたり色々すると、しんどいのに小さな声で”にゃ~”と弱々しく泣く姿に、もうだめな気がしました。
出張中に死んじゃう予感がして、なかなか離れることはできませんでした。それでも帰りにはよたよたしながら玄関に出ようとする。でも、後ろ足は全然動かず、慌てて父が抱き上げて、あたしたちを見送ってくれました。あの姿が、最後になりました。

19年5ヶ月前は、あたしは高校生でした。
小さな子猫は、初めてやってきた家におびえて、”借りてきた猫”とはよく言ったものでおとなしくソファの上にいました。しかし、突然ニャーニャー鳴き出し、まとわり付く姿に家族全員???だったのですが、不意に開けた引き戸を飛び出て、縁側に出しているおトイレの砂場に直行し、用を足す姿を見て、トイレを我慢していたいじらしい子猫に愛着とすまない気持ちでいっぱいになったのは、今でも鮮明に覚えている。
受験勉強で夜遅くなったときも隣にいたし、好きな人からの電話をそわそわしながら、夜遅くこっそり待っているときにも、隣にいた。
外で喧嘩をして傷だらけになってきたこともあるし、有難くない狩をしてきて、その始末に困ったこともあった。
家族が喧嘩をしても、何も知らない天然ボケのジュンちゃんのおかげで、なごんでしまったことは数え切れない。
私に子供が生まれ、どうなるかと思ったが、赤ちゃんには一切手を出さなかった。
いたずらされてもされるがまま。いっぱいしっぽひっぱられたね。ごめんね。
あたしにじゃれて噛むようなしぐさをしても、やさしいそれは、全く痛くなかった。
人間には誰にもつめを立てたことはなく、ジュンちゃん、と呼べば、必ず返事をする子だった。

こんな他の人にとってはどうってことないエピソードも、あたしにとっては大切な生活の一部だったわけだけど、もう、全て、これから先、”だった”という過去形にしかなり得ないのだね。
”である”っていう進行形にはならないんだね・・・

でも実は、まだ、出先のせいで、全然実感がわかない。父に聞くと今日午後2時ごろ亡くなり、動物の火葬をしてくれるとこで、もう火葬されて小さな骨壷に入って戻ってきた、とさっき電話があった。
今日昼12時ごろ心配で電話したときは、まだ生きていたのに・・・それがもう、この世に絶対会うことのできない対象になってしまったことに、まだ信じられなくて、涙も出てこない。

ジュンちゃん、あたしたち家族と暮らして、君は楽しかったですか?幸せでしたか?
あたしはとても幸せでした。君はたくさん笑いもいとおしいと思う気持ちもあたしの中に何度も湧き上がらせてくれました。こっちが悲しいときに、何も知らずに甘えてきてくれることにどんなに慰められたかしれません。本当にありがとう。
いたずらに叱ったこともあったけど、何のことかきっとわからなかったよね?人間の都合に合わないからって叱られたんだものね。でも、言うこと聞いてくれてありがとう。君は、あたしにとっては世界一の猫です。世界一かわいくて賢くて、愛らしい猫です。
これだけは、きっとこの先も現在進行形です・・・

どうやら、少し実感が湧いてきて、パソコンのモニターがなんかぼやけてきました。
だめだ~。胸がいっぱい。
携帯で撮ったジュンのあたしにとって最後の姿に今日は色々語りかけてみます。

悲しいね・・・別れは。
[PR]
by minamipatho | 2006-11-11 00:14 | 家族
メタボリック症候群
今朝、新聞にも出てたし、前から色々と話題のメタボリック症候群。
男性は腹囲が85cm、女性は90cm以上で、高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上あれば、メタボリック症候群、1つなら予備軍。
うちの両親は、おかげさまで健在ではありますが、お二人さんとも、予備軍にはしっかりエントリーのおでぶさんです。
色々と健康に気を使うふりはしている二人だが、おいしいもんを食べるのは我慢できないよう。
父は、おいしいお酒をやめるぐらいなら・・・て考えだしね。
おいしんもんを食べて太く短くか、節制して細く長くか・・・人それぞれだろうけど、健康が一番なことは、間違いない事実と思う。
これだけは、お金で買えないのだよ~~。

でも、二人とも昔からでぶではなかった。この間、古い子供の時のアルバムを見て、自分の幼さよりも両親の若さ、細さ、同じ人間とは思えぬ変貌ぶりに驚愕した。
すっかりおじいちゃんの父もそれなりだったし、転がした方が早そうな母は、他人から見てもきれいだったろうし、昔は7号サイズと言われても信じることは出来なかったのに、そこにいる母は、確かに細い。自分の中の親の記憶にそんなものはない。
親としてしか見ていなかったからだと思うけど、イケテルかどうか、太いか細いかなんて気にならなかったんだろうね~~。

いつから、こんなに変貌したのか?あたしが高校生のときはすでに、ふとっちょ中年の典型像になっていた気がするから、やっぱり30代後半から40代で崩れていったのだろう。

反面教師とは、このことか?
もう、崩れ始める年代になってきたかも。
親の健康を気をつけたいと思いつつ、自分もこれ以上ひどくならないようにしないと・・・
と思うのでした。
ちなみに、メタボリック症候群になると脳梗塞の危険性大。
お互いの幸せのためにも、両親のカロリー管理を厳しくする嫌な娘に変貌しよう!と思うのでいsた。
[PR]
by minamipatho | 2006-05-09 21:54 | 家族
GW
GW如何おすごしでしょうか?
あたしは、学会で東京2泊、朝一番の新幹線で帰って火曜日に山の様に貯まった
仕事や色んな委員会に呼ばれ、へとへとで10時ごろ帰って、急いで次男の野球
の合宿の用意をし、足りないものをコンビニに買いに走り、翌朝6時起きで、息
子を送り、自分も合宿先の朽木村まで行き、声を張り上げて息子たちを応援・お
茶だし、おしぼり出し、お弁当の手配などの義務を果たし、車で、お母さんたち
が爆睡する中、学校まで運転して、を繰り返す日帰り2日間を過ごして、今に至
ります。あしたからやっと3日間、まったり過ごせる休日がやってきました・・・ふ~~~

では、この4月30日からここ数日の私の収穫。

新宿に出張だったが、夜は土佐料理を食べに。
そこでなぜか、はりはり鍋を食べる。大阪ちゃううん?本場は?と思いつつ、もう20年ぶりくらいに鯨食べました。うまかった!!ほか、”さえずり”とかなんかわからん脂肪分タップりのお肉がまた絶品でした。ゆず焼酎もうまかった。深夜まで同業者と飲む飲む。おのぼりさん同士、新宿を千鳥足。記憶は十分ありますが、周囲は次の日、どう帰ったかわからんと・・・

今日、昨日はすごい天気で日焼け対策をしたにもかかわらず、焼けてしまいましたが、
山の空気がおいしかったこと、お母さん方の差し入れの中に、おうちがパン屋さんの方の自家製焼きたてあんぱん、クリームパン、ジャムぱんがおいしくて、子供たちを差し置いて、むしゃむしゃ食べて喜んだことが収穫だった。

それと昨日、夜に学生の時によく行った、瀬田川の川べりの唐橋にある洋食屋さんに12年ぶりに行って食べたから揚げ定食があまりにおいしくて嬉しかったことも収穫。昔と同じ790円で、コーヒーも付いてるし、付け合せのマカロニサラダは全然変わってないし、から揚げは、やっぱり、ここに勝てるとこはないな~私の短い(?)人生経験では、というおいしさでした。
”アドリア”ってお店です。ま、行かれることはないかな~。マイナーなとこだからね、唐橋。

あと、新幹線で読んだ”白夜行”
めちゃくちゃおもしろかった。ドラマみればよかった。レンタル解禁になったら借りてみよう。
でも、原作が一番かな~。綾瀬はるかちゃんが主人公だったのははまり役と思った。
頭の中は、綾瀬&山田で途中から進行。でもテレビの方は大分展開が違うみたいで、まあ原作が先でよかったかも。

Words of 雪之丞 と同時にCDの割引券が2500円分期限間近でPinkの新しいアルバムを購入。それが、なかなか良くて、いまヘビーローテーション中。車も頭の中も。
でもDef Techがね・・・ちょっと新鮮さがなくなってきたのよ~~。新しいアルバムより、去年の"Def Tech"の方が良い。ライブまで、この分だと予習できそうにないな~。もうあんまり聞く気がしないのは、なぜ?
[PR]
by minamipatho | 2006-05-04 23:02 | 家族
お散歩&地球侵略
昨日は、昼過ぎから特にする用事もないが、やや薄曇だけど、春を感じる季節になったので、
近くの川、鴨川をお散歩。夫と長男で、ぶらぶらと行きました。

街中を歩くとお店や新しく出来た公園なんかに、ほ~とジモティとは思えない感心をするほど新鮮。いつのまにこんなに変わったのってくらい、お店が出来たり、マンションが出来たり。
河原には、ちびっ子用サッカーのグラウンドで試合があったり、おじいちゃん達がゲートボールをしていたり、サックスの練習していたり、バーベキューしていたり、網を持って、もう裸足になって川ん中突っ込んでいる子供たち。
色々休日を楽しんでいる人々を見るのは楽しい。

川には鴨川というだけあって、鴨の親子が、そこらにうじゃうじゃおりました。
あれ、この川、こんなに鳥っていたかな~っていうぐらい。視界には、常に。
多いところじゃ、40,50羽、視界の中におりまして、最初の”わ~鴨の親子よ~”という感動はすぐに消失。

そこで長男。
水の中に首を突っ込む鴨を見て、”何を食べているの?”
私 ”水草?虫とかたにしとか違う?いやよう知らんけど。”
息子 ”タニシと言えば、平家ボタルは、カワニナ、源氏ボタルは、タニシ、食べるんだよね?”
私 ”ああ、幼虫がね。卵産みつけて、それを幼虫が食べるんだよね~。あ~残酷!!”
夫 ”ええっ!!そうなん。やつらそうなん?じゃ、蛍になったら何たべるん?”
息子 ”何も食べないよ。光って、メス見つけて、卵産みつけて、しまい。 卵から孵った幼虫はタニシ食べて、まだおなかが空いていたら、新しいタニシ見つけて、寄生するんやで。で、食べちゃう。”
私 ”ひえ~ほんま?なんてやつらだ!!”
息子 ”タニシにとっては、常に地球侵略やな。鴨に食べられ、空からやってきた光る変な黒いやつらに、体に卵生まれて、食べられるんやで!!これって人間やったら映画にある宇宙人の地球侵略やんな~”

それ以後、鳥が首を水につける度に、”水の中の虫になったごっこ”をする私と息子。
”ひえ~”とか言いながら。あほですな。旦那は、あたしたちのあほぶりに呆れ、
首輪なしで、ご主人と共に歩く、犬を見て
”僕、君らより、あっちがいいわ~。静かで・・・。”

桜のつぼみも膨らんで、大きな枝に咲いているのも、ちらほらめっけた。
春が来ているみたいだね。
[PR]
by minamipatho | 2006-03-27 20:09 | 家族
僕の顔を見てください!
トリノオリンピックは、見たいのだけど、なんか夜更かししきれなくて、せいぜい1時頃までしか起きられないから、朝になって、”あ~残念だったね~。”と思うことが多く、あんまり詳細を知らなかった。
で、週末のブロードキャストニュースだっけ?あれで、特集を見てようやく色々とエピソードがわかり、見所などもわかったり・・・もう遅いっちゅう話だが。

で、一つ心に残ったのが、アメリカのモーグルで、銅メダルの男子の選手。
すべり終わって、完璧と自分で思えた競技のあと、マスクをゴーグルを外して、両手を挙げて、大きく”俺を写してくれ!!”とばかりにアピールする。寒い中。彼はアジア人。韓国系のアメリカ人。
生まれてまもなく置き去りにされた過去を持つ彼は、見たことのない両親に、”自分を見て!僕はこんなに大きくなったよ。そして、満足のいく結果を出せた。もし、気がついたら、心当たりのある人がいたら、僕の両親を教えてください。”という意味だったらしい。

すごい、その話を聞き、彼の演技とカメラに向かってアピールする姿に泣けてきた。
自分を捨てた両親。きっと色々小さな頃は葛藤もあったと思う。
でも、あの姿は、それでも会いたい、僕はがんばったよ~って。言っている。
もう、いじらしい!!スポーツが彼をあそこまで大きくしてくれたのかもしれないね。

アメリカは、養子をとる家庭が日本よりは多い。子供が出来なかったり、また自分に子供がいても、欲しい場合に、孤児になった子供を養子にもらう。私のよくしてもらった家庭も、奥さん白人、旦那さん日本人で、白人の女の子と韓国人の女の子を養子として育てていた。
宗教的な背景もあるだろうけど、無理して何度も人工授精や代理母出産を試すよりも、恵まれない、今生きている、助けを求めている子供を育てることに意義があると思った、と言っていた。
彼もそういう人に育てられ、スキーであれだけの技術を学び、そして、自分を捨てた親も許す心、会いたいと素直に表現できる人に育ったのだと思うと、感動でね、涙が出ました。そして、そんなすばらしい人間に育てた深い愛情のある養父母のアメリカ人夫婦に思いを馳せて、また感動。

日本は、メダル取れなくて、なんか盛り上がりにかけているように言われるが、もっと全体的な目で見ようよ!!と思う。どの選手も偉い。
[PR]
by minamipatho | 2006-02-19 11:12 | 家族

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧