PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
イメージ
ちょっと前のことであるが、以前、藤原O香の恋人と報道されたことのある、加藤O也というちょっと男前の俳優が30代の整形外科の女医と結婚した、という報道があった。
この時、婚期を過ぎた、ま、もう独身でいいや~気楽だし~とのたまっていた友人は、”勇気づけられた!!”と興奮して話していた。
または、その話題をすると当院の独身女医も”ほんとですかっ!!どうやったらそんなことが起こるの!!”と興奮半分、うらやましさ半分、自分の周りには、そんなお相手はおらんぞ~的な怒りもちょっと混じったハイテンションなリアクションをしてくれたものである。
ま、なんでこんなことを急に書くか、というと藤原O香をテレビで見て、連鎖反応で思い出したわけですが・・・・(苦笑)

こんなことを書くのは良くないかもしれないが、またそんなことない人もいるからひとくくりにするのは良くないんだけど、
女医、女子医学生ってね・・・・

もてない!!

というか、その肩書きが出現した途端、構えられてしまう。
大学の同級生には、友達としては見られるけど、あえて女子医学生を彼女に持とうとは思わない、というのが大半の意見であった。普通の女子大生やOLとあたしたちが並んでいれば、迷わず、前者を彼女として選ぶ。恋愛は友情の延長としては生まれることはあっても、それ以外のケースは殆どなかった。
それは、普通の大学生が相手でも同じ。
時々、興味本位でお話があっても、褒め言葉のつもりかもしれないが、
”頭いいんだね~”とか、”お勉強がんばったんだね~”とか
”そっか、お医者さんになるんだ。金儲けできるよね~”とかしばらくすると言われる。
お見合いでも、言葉はもうちょっとましだが、同じようなことを普通のサラリーマンが相手だと言われることが多いらしい。

そういう時には、私は心の中には”あ~もうだめや。こんなこといいやがる!”と醒めた感情が生まれた。そんなこと、言って欲しいわけではないのだ。不思議なもんで、上記の言葉は男には褒め言葉となることもあるが、合コンやお見合いをしている女にはなんの褒め言葉にもなっていないのだ。あるいは、ちょっと嫌味かもしれないが、そういう言葉は言われ慣れていて、心には響かない。それどころか、その瞬間、なんか真面目にふるまわなくてはならないような、変な壁が出来てしまうのである。

ところが、それが嫌で、その昔、近所の某女子大生を語って、合コンに行ったことがある。
最初は実に快適であった。あたしたちは普通の女の子ことして扱われているわけである。
でも・・・しばらくしてやっぱりなんか不愉快になる。
それは、嘘をついていたからである。嘘をつくとそれをカバーするためにまた、しらじらしい嘘をつく。これっきりと思っているからこそ、最後まで継続するけれど、やっているうちに馬鹿らしくなる。自分たちは、なんにも恥じることはしてないのに~ってね。

離婚率も高く、独身率も高く、出産年齢も高い女医。
ある、産婦人科医に、”君らのような存在は結局絶滅する。たとえ、結婚して子供を産んでも、今度は医者としては終る。あるいは、仕事をがんばったとしても、今度は、子供をほったらかしにして、優秀な子には育たない。”と酒の席で言われたことがある。一番最後、耳が痛く(笑)、ま、冗談っぽくだったので、聞き流して、その時は腹が立たなかったのだけど、こうして字にするとセクハラじゃん!!これ!!と怒りがこみ上げる。

イメージ。あたしたちのイメージは、こんなんじゃないって思いたい。
ま、そういう葛藤というか、男と同じように扱って欲しいときもあるけど、同じも嫌で、”かたぎ”にちょっと憧れる時期も経由して、そのうち仕事し始めて、もうどうでも良くなっていく。あたしは、たまたま同級生と結婚したが、本質的には、今も独身の友人らとなんも変わらないからね。なんか、女として欠落しているのか?あたしたちは?と時々話し合うのだけれど、そこへ、あのニュース。
もちろん、その彼女のことは知らないけれど、なんか嬉しいね~と思ってしまうのだ。
女医であることが、マイナスにならなかったケースとして語り継ぎたい(笑)。
全然しらない人だけど、幸せになって欲しい。
[PR]
by minamipatho | 2006-07-31 23:07 | マイライフ
抜け出せない・・・
blast mix II@大阪厚生年金に旦那といった。
去年Riverdanceを見たときにもらったチラシで先行予約したから、かれこれ半年以上前に申し込んで、すっかり忘れそうになっていたが、2週間ほど前にポルノのチケットのの隣にあるのを発見。
忘れずに済んだ。

トランペット、サックス、クラリネットとか吹きながらすごい踊るまくる人々。
間を縫うようにして踊る、レベルの高いダンサーやバトントワラー。
3階で、ちょっと音の迫力があんまりなかったが、うちにある旦那のサックス、あたしゃ音すら鳴らすことができないので、感心した。
あんなに激しく踊りながら、あのぶれない音はすごい。トランポリンとかもしてるんだよ。
トランペットは特にすごかった。ピーンと済んだ全く曇りない澄んだ音がすごい速さで鳴り響く。
トランペットってすごい楽器だと感心した。

それなりに楽しんだ。

でも・・・

だめだ~~。ポルノのライブからまだ抜け出せない私は、彼らのすごい技にもあまり感動ができなかったのだ (苦笑)

あかんね。浮気が早すぎ。浮気なんかな?(笑)

とにかく、あんまり熱中できなかった。観客は座ったままのややおとなしいノリ。当たり前だけどね。年配の人も多かったし。ゆっくりお座りしているんだけど、暴れる方が性に合っているのかなあ?3階で、やや見にくい座席はね、1階でなんやらパフォーマンスがあったらしく1階席のみ盛り上がり、見えない私たち3階席は何々?ってざわざわするだけだったり、、主役級のダンサーが3回もバトンを落としたのもあって(昭仁の歌詞間違いは許せるのになあ)、終ったあとは、まあまあに留まる感想でした。

来週、ちょっとリセットしよ。心がハマスタに残りすぎ。
みんなはもうリセットできているのかなあ?
[PR]
by minamipatho | 2006-07-30 17:27 | マイライフ
横浜スタジアムライブ2days(3)
”ちっち”のあたしの時は、他に色んな顔が自分でもあるのに、ポルノ一色の思考に変わり、あたしのことをちっち(minamiのこともあるけど)として知っている人と交流する。
ポルノのファンになって、ファン同士で、こうしてネットで交流したりしてから始まった私の新しい顔だ。
母の時、仕事している時、学生時代の友達と付き合う時、それぞれの顔、それぞれの話題、それぞれの価値観で私は活動するが、ちっちの時は何よりもポルノを優先し、そしてバックグランドとか殆ど知らなかったり、本名もよく知らない人とも、ポルノを通して、まるで旧知の仲のように触れ合う。その時のエネルギーは自分でもすごいと思ったりする。
ポルノについての考え方、いかれ具合を先に知っていて、顔は後からついてくるポルノ友達。
ちょっと客観的に振り返ったりしてみちゃおう。

1)会って数回目の人とホテルでお泊り
今回の相方ミシェルに初めて会ったのは去年。夏?秋?彼女とも彼女のブログに私が通いまくって、同じ京都の人間で、年も近くて、交流が始まった。もちろんポルノが縁。
普段はお互いプライベートもばたばたしているので、連絡をとることは少ないのに、”ライブ行く?”となると、”行く!!!”と即返信が帰ってくる。そして、今回は遠征だからお泊り付き。
普通ならまだ、3回しか会っていない人と個人的に遠くに行って、お泊りしちゃうだろうか!?
30代の家庭も仕事もある女が、客観的に見ると何をやっているの?ってことになる(笑)しかも、観覧車やベイブリッジとか夜景なんか見えちゃうお部屋で女同士。でも、ポルノが大好き!っていう強固なきずなで繋がっている。
ライブ後、当日初対面だけど、1年以上前から知っていて、会うまでもいっぱいメール交換したえりこちゃんも然り。全然初めてな気がしない。お互い昭仁ラバーなこと、大好きな曲。みんな知っているもの。彼女をライブ後ホテルに連れ込み(笑)、もう一人のこれまたブログに日参していて、初対面なのに、初対面じゃない、えむさんも成り行きで部屋に閉じ込め、4人の話すことは、ポルノのこと。テンションはみんな高い。お互いの嬉しかったことなんか確認しあったり、感想を言い合ったり、学生の時でもここまで、一つのことで盛り上がるかな?学校というより、一つの価値観で繋がるのはむしろクラブ活動に近いノリか!?
DVDをたくさん持っていったのに、ライブの疲れ、仕事の疲れなんかもお互い貯まっているのか、1時か2時ごろにお互い電池は切れちゃいましたが、ゆっくり朝寝坊できたこと、至福のときでした。

2)ランチ&リハーサル
2日目は、これもライブを通して知り合った、かんな、ちゃい、こあと合流してランチ。仕事のはずのミシェルも夜まで予定がないとのことでランチに合流。しかも、この日の朝に二日目参戦も決定。もう、彼女もだいぶん中毒になってきているようだ(笑)
そしてそこでの話しの内容も、やっぱりポルノが中心。もちろん、そこに他の話も出てくるがそこには一切あたしのちっち以外の顔が出てくる気配はない。他の人もそう。プライベートなことは殆ど話さないのに、ポルノやライブのことだけで盛り上がる。
そしてその後に催されたことが、今でもおかしくって仕方がない。
お茶でもするか~と思っていたのに、カラオケに行くことに。しかも全然どこにあるかわからないし、中華街にはありそうにもないから、と関内に行こうとしたら、地図で行き先確認して、3歩でカラオケ屋が見つかる。しかも開店ちょっきりの2時。まだ店も開けられていないのに、早く開けろとばかりにオバウサ約4名が店の前でプレッシャーをかける。(笑)
さて、カラオケですること。もう、殆ど話し合いもなしに
”昨日のセットリスト復習”が始まる。しょっぱなはタネウマbyあたし。マイクの線が繋がってもいないのに、”え~歌えへんかも~”と言いながら、あたしゃ、嬉しそうに歌ってしまいましたよ(笑) その後、4人で順番に”セットリスト”縛りは延々続く。昭仁がリハーサルをしている間、あたしたちもリハーサルですよ。ちゃんと振りつきでね(当然!!) 
これらを歌い上げる昭仁の滑舌の良さに感心しながら進行。最後の方は、歌い忘れはないか、と一生懸命探す作業も加わる。完璧と思ったら、センラバを忘れていて、置いたマイクを再び持ちましたね。ワイパーも歌っていない人は忘れず行う。真面目なあたしたち。
ちょっと歌って欲しかった曲ってことで、マシンガントークやヴィンテージも加わり、自己消化。
ちなみに、ライブでも一曲も忘れなかったことを確認。まだ、好きなことには残っている記憶力である(笑)
普通、ポルノの曲だけのカラオケをすることはまずない。職場で行ってもせいぜい代表曲をネタで一曲歌うぐらい。でも、このメンバーなら多分マイナーなシングルのカップリングでも比較的地味な立ち位置のアルバム曲も、愛すべき曲として口ずさむことができる。
なんて、楽しい空間。おたくの世界だと思う。ある一つの大好きな大好きなことで、色んな人が集まって遊んでしまう。殆ど遠慮なく・・・2時間20分交代で歌い上げました!!

3)車で関西帰宅
武道館で、新幹線の最終に乗るため、終りの方はゆっくり楽しむことが気持ち的にできなかった私たち。もう二度といやだ、というのは一致した意見。しかし、できれば次の日の活動が開始する前には帰りたい気持ちも強い。優先事項はライブは外せない。そこで、車で帰るということに。いや、もともと車でいらっしゃっていた、かんな&ちゃいチーム合流させていただいたのだけれどね。かく、ちゃい、かんな、さっちいと私の5人。みんなライブで、ネットで知り合った関西人。
ほんとに有難うございました!!
多分ね、こんなにおもしろかったドライブは久しぶりだった気がするよ。
考えてください、関西人、30代のポルノ好きの女が5人ですよ!!ライブ後ですよ!!その車中で、笑いがないはずはありません。
私はこの前に書いた大型新人さんの印象がライブ直後で強烈だったため、名言の数々をご披露させていただいた。かなりのリアクションを頂いた。
やぐら発言もここで爆笑頂いた。
10時前に出発した車は、東名に入りどんどん加速していく。途中の掛川ではap bankでの色々な話をしたり、ポルノの話をしたり、時々某ジャーニーズの話をしたり、またポルノの話をしたり・・・
2時、3時になってもあんまり寝ることなく、とにかくしゃべり続けていたかもしれない・・・
武道館後の新幹線もそうだったけど、女はなぜこんなに話せるのか?と自分でも思う。
大阪に帰る人が3人もいるのに、京都に立ち寄ってくれた。着いたのは朝の5時。
ありがとう!!カフェイレでは晴一も5時まで飲んでいたそうだし、昭仁は8時すぎとな!?
あたしたちも酒は入ってはいないが、十分ハイテンションで明け方までライブは続いていた・・・
あまりの強烈に楽しかったおかげで、ライブのことを忘れたわけではないが、車中の会話の印象があまりにも強い(笑)

以上が、ちょっと数日経って、押さえ気味に書いた私のライブ以外の時間
すごいエネルギーだよね。でも、新しい”ちっち”としての生きがいかなあ?とにかくポルノのおかげで、最初一人で行っていたライブがこんなになっちゃった。
旦那には、”どんどん進化してるな~。どこまで行くねん?”と呆れられていますが、
あたしのこの旅の話に結構爆笑してくれました。

次の遠征はどうなるのかな?こうなると地元ライブより遠征が楽しかったりしてね。
いやいや、でも次は地元お願いします。
2日かかりましたから・・・色んなことの穴埋めがね。

今回、あたしと色々交流してくれた方々、ほんまにありがとう。
また、ライブで会いましょう。それまで、もちろんポルノトークはしちゃいましょう。
色んなとこで。
もちろんそれ以外もね♪
[PR]
by minamipatho | 2006-07-27 22:18 | ポルノグラフィティ
横浜スタジアムライブ2days(2)追加バージョン
(注)かんなのご指摘によりその5を加筆。わかりにくい表現一部訂正(太字)。

私の初ポルノライブは紫。しかしその前にDVD&HPでライブのお約束は予習済み。
Mアワがしょっぱなにやってきたとき、試験の山が当たったかの様に小躍りして、ヨコヨコタテタテした記憶がある。

今回初日も一緒だった相方ミシェル(彼女のブログは、昨日のコメントのお名前クリックしてみて。良いよ~)の初ライブはSwitch@大阪でしたが、大興奮はしていたが、彼女も予習済み&ライブ自体にも慣れている感があり、安心してご一緒した記憶がある。

さて、今回2日目の相方は、仕事の研修の帰りに、無理やりポルノ2日目にナンパした彼女。普段お互いを、OO先生、と呼び合う、比較的きちんとした大人の関係をキープしている方とのライブ。
誘っておきながら、実はやや緊張していた。

だって、あたしの壊れた姿を見せて、この先やっていけるか・・・・と。

しかも今回、私ミシェルにも彼女にも時間、場所共にちゃんと連絡していなかった為、当日or前日に、”どこであるの?横浜アリーナ?何時から?”などと質問させてしまう不親切さ炸裂の誘った側。
この場をお借りして謝罪いたします。(汗)
ミシェルには、前の方と言ったつもりだったが、席もちゃんと伝えておらず、長袖黒Tという地味な姿での参加をさせてしまった(笑)。あなたのおしゃれも見たかったのに。

で、今回の大型新人(Kさんの言葉)は、2日目の相方Hさん。
彼女はベストは持っているがライブのことは全く知らない。ま、そんなに濃いファンではないので当然のことである。一応色々予備知識を教えようかと思っていたが、仕事先のメールアドレスに送って良いかもはばかられたので、もう全く無垢な状態(笑)
しかし、そんな彼女には初心に帰らされるたくさんの名言をライブ中頂いた。
忘れたくないので、ここに例を挙げさせていただきます。
でも、書いたものより、実際聞くほうが10倍はおもしろいけどね。

その1:マイク壊れているのかしら?

この”かしら?”が良い。どういう状況かお分かりでしょうか?これは天気職人で、昭仁がしょっぱなから歌詞をぶっ飛ばした時のお言葉。あたしが”あーやってしまったー”と思いつつ、なんとか途中から思い出して歌い始めたと確認してほっとした途端、彼女から、全く人を疑うことなき高貴な感じで、上記の言葉が発せられたのである。あたしは、まるで息子の愚行を謝罪する母のように、
”すみません。違うんです。忘れただけなんです!!”
”え?”
”もう、いつものことなんです。想定内。お約束。ほんと、許してやってください”
”あ、そうなんですか”(with 慈母観音のような笑み)
そうかー、この方、こういう色眼鏡で昭仁を見ない立ち居地なのだー!決して、マイクの故障などとは露とも思わなかった私は昭仁ラバー失格か!?とまで思う清々しい一言であった。

その2:股間ダンスを見て硬直+あせる笑み

もう、お約束になって、喜びさえする昭仁の股間ダンス@センラバ。あたしも、特に違和感なく、あ~またやってるよ、ははは。とぐらいに見ていたがふと我に還り、隣を見ると硬直している人約1名。 ま、まずい!!!すかさず、
”すみません、あほでしょ~。あれもお約束なんです。”
”はは、はは。そうなんですかー。”  
”そうなんですかー”という彼女の手は口元です。この冷静な、しかし、こらえている”そうなんですかー”はなかなか耳から離れない。

その3: なんと今おっしゃいました?

これは、アンコールのジレンマで、”とびたーい”と叫んだ私に発せられた言葉である。もう、パブロフの犬の如く、”どうしたい?”と聞かれりゃ、なんの疑問もなく”とびたーい!”と叫ぶ私に、こんなに無垢な質問。
”なんと今おっしゃいました?”
苦笑しつつ、”とびたい、と。この曲ね、アンコールでお約束なんです。また聞かれますから、よければ・・・”
”わかりました(真面目に。緊急な感じで)
”とびたーい!!(二人)”
なんていい人なんだ~。もう、彼女がとびたーいと叫ぶ姿に笑いを抑えることはできませんでした。

その4: 楽しいです。

何度かやっぱり気になり、”楽しんでおられますか?”と遠慮がちに何曲かごとに聞いてしまう度に彼女はこう言ってくれました。Mアワでは、みんなの動きを横目に、
”ヨコヨコ”
”ヨコ、じゃないおっとタテかい、タテタテ”
”あ、次はヨコヨコか、よしわかった次はタテね。”
上記の様子わかるであろうか?最初2回は一歩遅れるも3回目からは見事合流。完璧なへんな踊りを習得された心の叫びを私がヨコで気になって見ていたときに感じ取ったものである。けなげ。”二の腕が痛くなってきました。”と言われ、”そうですよね。お互い運動不足で~”と世間話をしながらのワイパーなど、楽しかった(笑)

その5: なるほど、340mだから。前までそのくらいあるでしょうかね?(こんな感じだったと思う、ちょっと忘れかけ)

なんのことかわかる?わかる人は理科”5”をあげちゃいましょう!彼女は、最初の方から結構サビで手を挙げていたがなぜかタイミングがずれていた。で、良く観察すると(誰をみとんじゃい(笑))、なんか前を一生懸命見ている。もしかして、と思い、”広いから前とはずれるよ。”というと上記お言葉。は?340m?・・・・・お、音速かよっ!!!しばらく何を言っているかわからなかったから、聞き流すとこであったが、よく考えると音速は秒速340m!!そんなには離れていないかもしれないが、私たちの席は、ステージの真反対のスタンド中ばの席だったから、一番遠くにいたことは確かである。彼女は一生懸命グランドの人たちと合わせてしまっていたのだ。そしてそれに気がつき、340m・・・。おもしろすぎる。でも、この発言のせいで、わたしゃしばらく、私の聞いている昭仁の声は、どのくらい前に発せられているのか?とかの考えがぐるぐるまわっちゃいました。(笑) かんな、ありがとう。思い出させてくれて。

最初遠慮がちな彼女の手がだんだん伸びていく。
昭仁の声を”すごいですね。特徴ある声ですね。すごくいいと思います。”
と折り目正しく回答なさる姿。
”どっちが好き?(昭仁と晴一)”の質問に、小首をかしげながら、”さあ・・・どちらでしょう?難しいですね。”
きっと晴一なのだろう。しかし、昭仁に悶えて喜んでいる私の姿を見て、多分どっちと言っていいかわからない、もしくは、そういう目線では見ていない、ということ。これもまた正直というか、なんというか、ポルノラバーにはない反応であった。

今日メールが来て、”元気をもらいました。仕事に励めます。ありがとうございました”と。
よかった、よかった。
そして、私も初ライブの純真な反応を見て、非常に楽しませてもらいました。
帰りの車の中で、ネタにしまくってしまいましたが、来月会ったとき、またお礼を言おう。
[PR]
by minamipatho | 2006-07-25 22:58 | ポルノグラフィティ
横浜スタジアムライブ2days(1)
何から書いていいかわかりませんが、今朝5時に到着してから1時間半ほど寝ただけなので、まだ意識がライブから帰ってきていない・・・
でも、もう楽しくて、充実した2日間だったので、何回かに分けて、あたくしの楽しかったポイントを書いちゃいたいと思います!!今日は”ライブについて”、明日は、”正しいライブの楽しみ方、大型新人発見”、あさっては、番外編。ライブ以外は何をしていたか・・・。をイニシャルトーク(笑)な感じで、まとめたい、かと。だって、楽しくって、忘れたくないから・・・。

ライブについて・・・

1日目は右端2列目、2日目はほぼステージの対局で、やや3塁側よりのスタンド半ば席だったので、近~い昭仁&晴一(多分最接近は10m?7、8m?)と、ステージ、照明、もモニター、そして3万人の観客を体感できてしまうという2つの違う眺めのライブを見ることができました。

で、

”昭仁萌え又は悶絶ポイント。”ま、昭仁ラバーはこっからでしょ。

1)髪型。切ったとは聞いていましたが、最初はやっぱりなかなか驚きました。でも、長髪すぎた時はちょっと引いてましたので、かなり好感度UP。さわやかに、水色タンクトップでハーモニカ吹く姿はやや長渕剛でしたが、顔が違います!(当たり前)

2)声
2日間とも調子よかったと思われる。初日、ちょっとアンコールでかすれてたので心配でしたが、2日目の伸びること、伸びること!
”タネウマラーイダアーーーーーーーーーーーーーー!”はサブいぼ出たよ。
もう、スタジアムいっぱいに広がる昭仁の声に包まれている自分。嬉しすぎ。だって、音って、誰かの出した振動が空気を伝って自分の鼓膜に、体に振動として伝わって来ている。昭仁の直接出す振動だよ!?あ、考えすぎ?いや、スタンドにいて、この今聞こえている音は、何秒前に昭仁が発したか、ちょっと気になったからね(笑) ほんまにうまい。

3)壊れ昭仁
もう、ラックの一言に尽きるんですが、特に2日目、ひざまずく姿。スタンドでよかった。モニターでも、ご本人そのものでもよくわかった。何を考えながら表現しているのだろう?と時々思ったりもするが、あの入っている感じ。最高。あと、ハネウマ、ちょっと踊ってましたよね!?微妙な踊りを!?いや、微笑ましいですよ。でもね、あたしの二日目の相方さんは、”股間ダンス@センラバ”でやはり固まってました(笑)  この話は明日。あと、センラバではくねくね踊りもちょっとしていたね。うかれ昭仁は、確かに多かった気がします。

4)こ芝居昭仁
”え?君酒飲めないんだっけ”の歌詞。どう歌うのか?楽しみにしていました。それほどオーバーではありませんが、ちょっと軽くお芝居したり、ピアスのところで耳に手をやったり、忠実です。昭仁氏。”こ芝居”って良い言い方です、かんなさん(笑)

5)一生懸命走る昭仁
2列目というのに殆ど見ていただけない、視界の外の端っこな感じではありましたが、彼らが汗だくで、必死に走る姿はしかと拝見しました、なんども。あの一生懸命なひたむきな姿に、心の臓が、きゅ~っ!ハートとはもう恥ずかしくて言えませんが、来てしまいます、やはり。

6)ファン大切昭仁
いや、昭仁だけでなく、晴一さんももちろんですが、私が”やぐら”と言って爆笑されてしまったセンターステージでのアンコール。後ろの観客にも近寄って、みんなの真ん中で、見にくかった人のことも彼らなりに考えた演出と思いました。もちろん、よく見えない席もあったと思うけど(やぐら直下とかね)、花道作って、センターも作って、ってファンへの思いを感じます。3万人がしんとして、そこで響くギターと昭仁の声。それだけではなく、ピアノのアンサンブルも。ピアノ弾く姿は、DVDでしか見たことがなかった私。2日目にすごくじ~んと来てしまいました。これは、2列目ではよく見えなかったから、味わえない感動。また、大雨のことも触れて、遠方からの遠征組みをねぎらう言葉も、地方出身の彼らだからこそ出てくる、普通の感覚なんだけど、それを彼らが忘れていない姿にまた結構反応したのでした。

番外)晴一萌えポイント
今回、実は晴一さん、かなりかっこよかったし。可愛かった。衣装よ~し、センラバで観客席に鎮座して参加する姿よ~し、暇そうにセンラバ中遊ぶ姿よ~し、昭仁を追いかける姿よ~し(逃げる昭仁にはもちろん、キテマシタが・・・かわいすぎる)、MCでも彼のつっこみがなければ、ど~にも収集がつかないと思われる話は、多数見受けられましたg、やはり言葉にこだわるお方。よかったと思います、突っ込み。ギター、うまくなったよ。あたしが偉そうにいうことじゃないが、”何度も”は、なんか音が違った。1日目とくに衝撃をうけましたよ。インストも良かった。

ダンサーは・・・いらんというのが本音ではある。音だけでいい。彼らだけでいい。
でもま、お祭りやし、スクールメイツな感じは”しゃれ”なんでしょう。遊びなんでしょう。考えたのは晴一君のような気がしますが。Mアワーのなんかp・o・r・n・oってローマ字叫ぶのもね~ちょっと中途半端。いつもは、あんな子じゃないんです、じゃないっ、あんなアレンジじゃないんですって初参加相方に言い訳してました、私、あの辺り。いつもは、スクールメイツ、しょったりしてないんですよ!って。でも言い訳すればするほど、どつぼに・・・(笑)ハネウマがお祭りなのはわかりますが、昭仁がどこにいるのかわからなくなりました。オーラを舞台上で消す行為、若しくは消しそうな行為はやめてもらいたい・・・・

ま、negative pointはこれくらいにしとこ。ほんま楽しかった。2日間。おなかいっぱいやけど、この先ポルノに会う予定が今年はないことにも気がつく。
大阪でのカウントダウンなど妄想の手を借りて、しばらく落ち着かせよう、自分を。

明日は、大型新人の名言集。これは収穫(笑)
[PR]
by minamipatho | 2006-07-24 22:06 | ポルノグラフィティ
いよいよですね!
もう、あさってじゃないですか!!
色々とメール交換したり、ホテル決めたり、予定話し合ったり、楽しい。
色々と仕事のこと済ましたり、子供のお泊りのだんどりつけたり、忙しい。
お天気の心配、荷物考えたり、うーん、難しい。
でも、ポルノに会える!!

嬉しい!!!

みんなに土曜とか日曜とか日は違えど会えますね!!

武道館ぶり、初めて、某ライブぶり、など色々ありますが、ポルノのおかげで広がった交友関係。
職場では実は、うらやましがられています。誰と見にいくの?って聞かれて、”なんというか~”ポルノ友達!”っと答えるとだいたい笑っていただけますね。
私たちの仲間内では、医療関係者以外の友人を”かたぎの人”と呼びますが(笑)、
かたぎの友達はね、ほんと、大切なんです!!

明日は、ばたばたしそうで、更新できるかどうか、わかんないから、ここで。

会えるの楽しみにしてます!!
[PR]
by minamipatho | 2006-07-20 22:04 | ポルノグラフィティ
驚き。
昨日は、職場の飲み会。
交流のある色んな科の先生とかと納涼会でした。
普段仕事のことしか話さないけど、こういう会になると家族の話や出身地、血液型とか結構プライベートな話になる。

家族の話をする時、男の人の”素”が見えて、なかなかおもしろい。
恐妻家、自称亭主関白、愛妻家、自称俺はいつでも嫁さんなんて捨ててやら~と強がるけど、しっかり休日は家事をしまくっている人などなど。

”子供ってかわいいんだよお、ほんと”と3女の父。いつも結構ポーカーフェースなのに、ほ~。
好感度が上昇する。夏休みの計画なんぞ、みんなに聞きまわってメモったりしている。
仕事の顔と変わるね~。

最近結婚した某30歳男。聞かれもしないのに、出会いから、結婚を意識した時期、結婚式の計画、新婚旅行まで、ぜーんぶ話やがった(笑)
でも、奥さんの婚約指輪をデザインしたらしい。携帯には、嫁の写真はもちろん待ちうけであるが、その指輪の写真ももちろん入っていた。
こんな無邪気な男がまだ世の中にいるんだ~と感心した・・・。この人なら今ジューンブライダーを聞いても共感できるのであろう・・・。
でも、ここまでのろけるとイタイ。しかし、そんなことおかまいなしなのが、新婚さんの証拠であろう。

結婚3ヶ月で離婚をしていた人もいた。男前の先生で、性格、仕事ぶりも完璧。
離婚までの大変だったことを聞く。調停やらなんやらで3年。別に浮気をしたわけでもなく、最初に奥さんが忙しい彼にぶちきれて、別れたいと言われてしまったらしい。まるで、小早川伸木、そのものであった。
なかなか勉強になった。離婚はすごい大変な事件であることが。それでも、別れるんだから、やっぱすごい感情なんだね、それを成し遂げるって。あたしは、それはないな~、壁に穴が空いても(笑)

あたしの話は、なんか爆笑されて終った。ま、いつものことである。
旦那さんがかわいそう、とか言われた(笑)
なんで!?
[PR]
by minamipatho | 2006-07-15 18:00 | マイライフ
車修理
ほそーい実家への道を愛車、シルバーのプリウスに乗っていた。
後ろには、朝からうるさい男の子2名。
朝の通勤前に、あたしは二人の子供を実家で落として通勤する。

その日も、ほそーい道を電信柱の間、人、自転車を縫うようにゆっくり走っていた。
いつもより4分遅れ。遅刻ではないが、なんとなくあせる。
上の息子は、いつも始業の3分前に到着らしいにもかかわらず、私が車で送るのは嫌がるので、ちんたらしていると遅刻。
う~、だから前の日から用意してって言ってるのに~。目覚ましとかかけてちゃんとおきてよ~とか文句も言いながら、その一方で静かにしなさいっ!!とか注意もしつつ、あたしが一番うるさかったりしていた。
さて、最難関のコーナーにさしかかる。ここは目印のとこでハンドルを切らないと、曲がれない。
注意、注意・・・・・
その時、下の息子が、ぽつり。
”あ~。野球のユニフォーム、忘れた・・・・”

”はあ~!?なにやってるの!!(BGM:ガン、ガチャ、バリバリバリっ) え?まじ?
ちょっと~。信じられへん。うわ~!!jxbvpyrg4!!(声にならない怒り)”

そう、あたしは怒りのあまり、ハンドルをきりそこなってしまい、電信柱に左ドアをぶつけ、そこでバックしないといけないらしいのだが、早くそのぶつかった状況から逃げ出したくて、更にアクセルを踏み、バリバリバリと左一面、この世に一つしかない曲線を形成し、電信柱の黄色と黒のしましま塗料をつけた斬新的な線をたくさんつけ、ついでにひび割れなんかも作っちゃう、個性的な愛車を作成してしまったのです(笑)。

下の息子は、あたしの恐ろしい怒り具合にすっかりおそれおののき、それでも野球のユニフォームはとりに行かなければならず、もう一度車に乗り込み、来た道を家へと向かう。彼は下をうつむき続けていました。
あたしは、やり場のない怒りと、傷を見たショックで終始無言。
町中の人があたしの車を見て、笑っているような錯覚に陥る。
”はよ!とりに行ってきて!!もお~なんかわからんけど、あんたのせいや~”
と大人げなく子供にあたり散らす。息子は最近では最もきびきびと敏捷に走り、ユニフォームをゲットしにいって、”おまたせしました~!”とか言って帰ってくる。
ちょっと笑えたが、振り向くとそこには、非対象性この上ない我が愛車。
へこみました。

そしてディーラーへ行き、有無を言わさず、にこやかに修理を勧められました。
車両保険、入っててよかった・・・・というお値段が見積もりで提示されました。
どうして、あの時踏み込んだのよ、あたし!!!バックや、バック!
どうして、そんな曲がり角で、子供と会話しちゃったの?あたし!!!
ま、しょうがない。過ぎ去ったことです。
愛車は、一週間の入院の末、昨日我が家に戻って参りました。

さて、修理ってなんてすばらしいんでしょう。
何事もなかったかのようにぴかぴかです!!(当たり前)
塗装も結局全面になるので、右サイドの傷も消失。すばらしい。
のどもと過ぎれば熱さは忘れる私。
ほほほ~自損事故なんてしてません!
って顔で今日から元の生活。いや、それ以上かも。

下の息子は、お財布を持って、とぼとぼやってきた。
弁償するよ・・・いくらなん?

いいのよ、お母さんが悪かったの。それにあなたのお金では無理なくらい、すーごいの。
高いの。それから、そのおこずかい。お母さんのお・給・料からでてるのよ。

ぼく、あしたからおかず減らしてくれていいよ。お菓子もなしでいいし。
あ、カレーパンも我慢する・・・

すごく、私辛くあたっていたようです。息子がかわいそうになり、嫌味モードも帳消しにしました。
頼むから運転中、話かけないでね。あの狭い曲がり角ではね。と和解。
このかわいいのはいつまで続くのかね~。
[PR]
by minamipatho | 2006-07-13 23:37 | マイライフ
ここ数日。
この間、私はフランスのサッカー選手、ジダンが好き、とここで書いた。
10日の朝、3時に起きて、イタリアxフランス戦を観戦し、ほんと、あと10分で延長戦も終るという時に、あの事件。
眠たい目で見ていて、あ~PKかな~と思っていたのに、もう一気に目が醒めた。
気分も重くなって、なんか今日もまだひきずっています・・・・。

普段おとなしいのに試合になると、豹変するギャップが好きな選手だった。
もう、全盛期は、どうしたらそんなボールを思いつくの?っていうパスと絶対に奪えないキープ力。
でも、普段は無口で、普通の人。ジダンの偉大さは”普通”のところ、と彼の同僚は言っていたらしい。
どっかの二人組みもそうだよね。あまりに普通な普段とライブのギャップにあたしは弱い。

何があったか、憶測ばっかりで、それを信じていいかどうかもわからないから、本人が何か話してくれるまでわからないけれど、彼が偉大な選手だったことには変わりない。

話題は変わって、今週のカフェイレ。
個人的には、三十路川柳には、ちと反応致しました。
同窓会で、好きだった人はほぼおっさん、おばはん(笑)
え~そうですね。若作りしても、目じりのしわ、ちょっと小太り、ビール腹の男子と二の腕・腹部のふくよかな元女子。仕事や家庭のぐち、家族ネタなど会話の内容は確かに、中年でしたな、2年ほど前でも。

30代も後半戦ですが、自分が歳相応になったと感じる時を考えてみた・・・。

おばちゃん、の呼びかけに自然に振り向ける。
テニスをしていて、気持ちは、そこのボレーを取れているはずなのに、地面と足が接着剤で付いている?若しくは、気持ちだけ幽体離脱して、ボールと共にあることを先日気づいた。
物忘れ、人の名前の覚え間違い、聞き間違いの顕著になっている。(例:レミオメロン(汗))
なんの迷いもなく、ミセスコーナーで洋服を購入するようになった。
お中元やお歳暮、お盆の墓参りのことなんかを忘れずやってしまう。
夜通し遊ぶつもりでも、結構リタイヤ、無口になるか、ぐ~~と寝ちゃうことが多くなった。

そして、先日の誕生日に息子から、”お母さん、年齢より若く見えるよ!!34-36歳に。”
と、とおーってもうれしいお言葉を頂戴した。ほとんどそのまんまなんですけど。
きっとやつはあたしの年齢を40歳くらいと思っているに違いない・・・

そういえば、ジダンは34歳。まだまだ若造ですな・・・若気の至り。
[PR]
by minamipatho | 2006-07-12 00:08 | マイライフ
Hey you!
MステのHey You!。見ましたか?
カメラ目線。く~~~!
その後、ちょっとにやけて歌う昭仁さん、見ました?
周囲に何を言われようと、かっこいい!
きゃ~と悶絶してしました、30代2児の母。

たとえ、鯉が触れなくてもいい!
トイレが間に合わなくてもいい!
釣りちゃんねる見てばっかりでもいい!

歌うときさえ、かっこよければ、後はあなたの自由ですっ!

それ以外にも昭仁氏、結構テレビに映っておりましたね。
ガン見してしまいましたよ。

晴一君がもう少しお話できそうな内容ならよかったけど、とにかくお魚中心にしばらく話題は続きそうですね、昭仁氏。

もうTV出演ラッシュも終わりですね。今晩が最後?
ま、とにかくたくさん今回は見られてよかった、よかった。

ミスチルは、新曲全部聞いたの初めてでした。
サビの聞かせる力は相変わらずすごいな~。PVがなかなか良いと思いました。
今度CSでチェックしよう。
bank fes.の話もあったし、ポルノと直接お話はしてくれなかったけど、きっと楽屋とかではお話したのかな?
ミスチルは、殆ど桜井君しかしゃべらないよね~。あたしは、なぜか田原氏をチェック。
なかなかツワモノですね。全然リアクションしないんだもの!!
この先もあたしは、なぜか田原氏をチェックし続ける気がする。
すきなんかなー(笑)

ポカリ第一弾は、ま、軽くはずれでした。
毎週9月まで、週末は淡い期待を抱いてあのHPを見続けるのかな・・・
なんか週末へこみますなあ~。
ポルノへの愛を試されているようだ・・・
[PR]
by minamipatho | 2006-07-08 19:02 | ポルノグラフィティ

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧