PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
遅ればせながらM-CABI
号外の届いた朗報もちらほら聞かれる今日この頃、会報がやっと今週になってから着いた我が家では、落ち込まないために、”来週来る”と思い込もうとしている私です・・・

とは、いえ、色々と検索すれば、わかってしまうもので、もう楽しみで、早速来年のカレンダーに赤丸つけました。
あとは、いつ~どこへ~、ですね。

ま、これはさておき、m-CABIについて。
もう先週にフラゲしてから、車内、ipodではヘビロテ中です。NaotoライブやLuckyRaccoonで大阪向かう途中も、ずっと聴いてましたが、まだ飽きない。
人それぞれ色々感想はあると思いますが、あたしは、これ、前作よりも好きかもしれません。
では、ちっとずつ感想。シングル以外ね。

Blue sky
昭仁やてすぐわかる歌詞ですね。歌詞の世界観は、”見えない世界””PRIME""素晴らしき人生かな”に結構繋がる気がするのですが、わたしだけ?
ちょっと自分が嫌になったり、壁にぶつかったり、そんなこんなしても前向きに変わっていこうと最後は終るパターン。
でも、今回は壁にぶつかっても、それをも楽しもう!って感じが出ている。
少年の残骸って・・・残骸って・・・何?深くも浅くもなりそうなこの言葉が印象的。
曲調は、懐かしい感じのJ-POPですね。爽やか炸裂。

Blue snow
うちの夫とは正反対の彼氏。こんな方いたらいいな~と10代であれば思うであろう。
まだ経験せぬドライブデートなどにおませさんは思いを馳せるであろう。
彼氏が思いがけぬサプライズを散りばめるデート・・・
若人よ、そんなに甘くないよ、とちょっと毒を吐く(笑)
こうありたいのか晴一君?こういうのは、はじめの2,3回やね。
あとは釣った魚にえさをやらん人は多いぞ。
と歌詞に批判的と思われるかもしれないが、実はうらやましくって仕方がない私なのである(笑)
今年の年末から家族で北海道にスキー旅行を計画しているが、やっているのは全部あ・た・し。
思い通りにしたいので好き好んでやっているといえばそうだし、夫に任せると不満が炸裂するので、こういうのはあたしが自分でしたくなるのですが、ふと、豆豆しく色々調べてきたりしてくれたらいいのにな~~と。
でも、内緒にしといて、びっくりする顔みたい気もするしね。ま、この主人公の気持ち、わかるよ。そして、”色々と準備があるのよ~子供(俺)にも。”と息子たち・夫に言われるかもしれんけど、この曲を思い出しつつ、雪景色に逃避できることを願って、せっせとがんばろう。
曲調は、誰かもおっしゃっていたが、アルOンのCMになりそう。ねるとんのCMとか、昔あったね~。本間さんの曲らしい、キャッチーな曲です。ま、スキー用のプレイリスト作る時には必需曲。これ聴きながら、ゲレンデ滑ったら気持ちいいいだろうな~でへへ。

休日
神田川・幸福期バージョンか!?
こういう風景、パターンは、日常に溢れている。ってことは、あたしは幸せなんかもしれんな~と再確認した歌詞。のろけているわけではないが、普通の休日によーある、この擬似体験。
最近家でじっとはしていなかったけど、こないだの日曜日は子供はそれぞれに予定で出かけ、久々に夫婦二人になって、紅葉見に行ったら、すーごい人で、きれいだったけど、疲れて帰ってきて、したことは、二人で昼寝。爆眠。うたたね、ではなく爆眠なのが、違うとこかもしれませんがね・・・で、夕方になり、起きて洗濯物はどちらが取り込むか、じゃんけん。
今回はあたしの勝ち(>_<) なんてことをしながら、コタツでうとうとしている時に、ちと思い出したよ、この歌を。
これを歌詞にする昭仁さん。今、幸せなんかい?と思うと気が気ではありませんが(笑)、ま、あたしがうろたえても関係ないことですが、フィクションにしてはあまりにもありそうなことなので、彼の実体験っと踏んでいます。過去にせよ、現在にせよ。
鼻歌に良い曲。ダブルボイスもなんか、大滝えーいちとかの感じだなあ・・・

月明かりのシルビア
この曲、歌うの難しそう。すごいメロディ覚えにくいんだけど、ノリはよさそうですね。
どうして、このメロでシルビアが出てくるのかな~。おもしろいね、感性って。ま、次のジェロニモが更にすごいんで、私の中では”前座”と呼んでいます。このcabinetは濃いからね。

Mr. ジェロニモ
昭仁ファンであれば、あまりの突っ込みどころ、萌えどころが多すぎて、思いを全て書ききるには、この曲だけで、長文になるであろう。
あのわけわからん歌詞、昭仁の好きなfunk系の跳ねた曲、様々なシャウトやフェイクに最後の笑い声。聴けば聞くほど発見もあるし、歌詞も自分なりに解釈する幅が実はたくさんあって、
飽きないね~。ポルノの今までの曲を順位つけるなら、番外編、というか一位を飛び越える楽しさが今あります。 I'm 雄、too many woman とか、病巣、Monday だっけ?今歌詞カードが手元のないから、耳で聞こえた歌詞で覚えているけど、この曲だけでも十分おもちゃ箱です。そして、楽しそうなシャウト~~。声がたかっ!
昭仁が自信作というだけあります。シングルにはなりそうにないけど、まさにアルバムだからこそできる遊び。彼が、楽しそうに歌を作り、歌う姿を想像して幸せになっています・・・

と今日は、やることがあるので、ここまで。
ラインとグラビティは大好きなので、もうちっと後日語ってしまいそう。
[PR]
by minamipatho | 2006-11-30 22:57 | ポルノグラフィティ
LuckyRaccoonNight vol.1@ Zepp Osaka
すごいライブだった・・・4時間半立ちっぱなし。
でも衝撃の内容に、出演者がポルノほどののめりこんだファンではなかったのに、頭の中が残像で、ぐるぐるしています。M-CABIのことも書きたいんだけど、やっぱこれについて書かないとっ!

あたしは、Lucky Raccoonという雑誌については殆ど知らなかった。
FM802のmusic Gamboと聞けば、”そーいえば、あった、あった”と思い出されるが、そのDJもされていた、森田恭子さんというライターさんの雑誌。
このイベントのエントリーを頼まれて、初めてその存在をネットで調べて知り、なんとバックナンバーも買えるので、今年の6月ごろに昭仁の単独インタビュー16ページも載っているのを知って、購入。そこで、初めて手にした雑誌でした。
かくのお友達のチケットがダブったとのことで、私にも声をかけていただきました。ありがとう!!

さて、サプライズがいっぱいでした!
整理番号は1271番。お外でやや薄着で待機はなかなかさぶい。
”さぶっ!”と相方、かくと何度言い合ったことか(笑)
でも半そでのツワモノもたくさんおりました。
決して早い入場ではありませんでしたが、頼りになるかく姉さんのおかげで、さっさと入場し、ずんずん前に入り、一階真ん中よりちょっと前、やや右よりを確保。そんなにぎゅうぎゅう詰めでもなく、ステージも近いし、154cmの小柄なあたしでもだいたいステージは見られました!
Zepp OSAKA初体験のあたしには心強い相方でした。

今回は、その森田さんや、雑誌にまつわる、交流のある方が出演。
順番は、milco, plane, ジェット機、KAN+桜井和寿、トータス松本。
MCは二丁拳銃。なんか久しぶりに見ました(笑)
各つぼ&サプライズゲストもありの4時間半を簡単に。

Milco & Plane
この二つは、全く知りませんでした。最初のmilcoさんは本当はバンドなんですが、今日はアコギ一本で、ボーカルがお一人。歌はうまかったが、印象はすでに消滅(笑) アルフィー坂崎さんの若いとき?みたいな印象。 planeも一生懸命やっている若いバンド。でも印象は、薄い。LuckyRaccoonにもボーカルの子は載っていましたが、若いな~。インディーズな感じでした。
客も軽くノル程度の静かな反応で、もみくちゃを想像していたから、ふ~ん、という感じ。
でもこっから、変わる・・・

ジェット機
知らないバンドでしたが、ボーカルの方がすごい濃いきゃらで、ノリの良い曲で客を煽る。
後できけば、ジュンスカイウォーカーズの方がボーカルと。それで、納得。すごいライブ慣れしている感じ。前の二人がコアなファンなのであろうか、突然すごい勢いで飛び跳ね、のりはじめた。殆どがミスチルファンな感じもしたので、ぱらぱらいるジェット機のファンは目立ちましたが、彼らにのせてもらった感じもします。ボーカルの宮田和弥さんは、客の肩の載っているの?客席のしきりのバーを平均台みたいにしてるの?とにかく客席を一人歩いて通り、中央後ろまで行って、ファンにさわられまくりながら、ファンの手を握り締めて体を支えながらノリノリで歌う。色々振り回す。
めちゃめちゃおもしろかった。ちょっと、ものまねのコロッケさんに似ている(笑)
さて、このとき関係者席を見て、あたしゃ、レミオロメンの藤巻君が見ているのに気がつき、かくに声をかけると、やっぱりそうだ!と。23,24日は大阪城ホールでライブだったから、見に来ているのかな~と生藤巻に喜んでいた。ところが、この宮田さんが、途中で、”こな~ゆき~”と歌い始める。ん?もしかして出るの?と淡い期待。
そして、次の曲紹介の前の舞台は、なんかドラムが中央でやや前に出てくるし、ギターとベースの位置も前に。組み方がレミオな感じで配置準備される。 もしかして?

そして二丁拳銃のMCで、”もうばらされた~”とばかりにやっぱりレミオロメンがサプライズゲストとして紹介された!初めての生レミオロメン。去年、レミオメロンと言い間違えていた彼ら。
お友達にMDを頂いて、聞いたりもしているけど、まだライブにいくほどははまっていないけど、粉雪とかは購入していたレミオロメン。神宮司君のブログもときどき訪問していたからね~、なんか嬉しい。会場も一気に盛り上がる。さっきまでよりも更に熱を帯びる会場。
対ばんってこういう風にバンドの実力とか、ライブのうまさで観客に差がでるのか~とジェット機とレミオロメンで一気に盛り上がり始めたのを体験して、強く感じた。
セットリストは、
1.明日に架かる橋
2.南風
3.雨上がり
4.スタンドバイミー
5.粉雪
6.3月9日
と、あたしでも知っているメジャーな曲。楽しみました。めちゃめちゃ近かったしね。
前田君の人のよさそうなとこが結構気になる存在。藤巻君の声もCDで聞くよりずっと良いね。
ものすご、お得でした!!

そして、こっから更にヒートアップ。
っていっても、曲はしっとりだったのですが、
なんか、セットの準備の時から、飛行場のアナウンスが流れたり、スタッフが飛行場の人みたいにVの字の書いた服にライトを持って、オーライ、オーライでピアノが運ばれたり。
きょとん?でした。そういえば、さっきのバンドもplaneとかジェット機だったな~とか思いながら、そういうコンセプトなのか・・・と思っていたら!!
ミスチル桜井さんとKANの登場。二人は、なんとコスプレして出てきたのです。
桜井さんは、機長、KANさんはチーフパーサー、要はスッチーです。あ、いるいるこんな、おばちゃんのスッチーって感じでした。おねえ言葉だし~。
そして、・・・

桜井さんの機長姿!

あたし、堕ちました。萌えました。
男が制服姿の女性に萌えるという感覚、あたし、このとき理解しちゃいました。
こんな結婚詐欺師なら騙されても良い(笑)こんな機長がいれば、スッチーは仕事にならないであろう。カールスモーキー石井の船長さんがふと、頭をよぎりましたが、全然違います(笑)
石井さん、ごめんよっ!
とにかく、パイロット姿、めっちゃ、似合う~~~!!もうかっこよすぎて涙でそう(笑)
そして、その姿で、いきなり歌うのが、"いつ帰ってくるの?”とかいうシャンソンをややふざけつつ、大真面目な顔で歌う桜井さん。おすぎとピーコの愛聴しているCDの曲で、有名なシャンソンらしいが、本物は全くしらず、ピーコのコピー(笑)らしい。それで、なんかかまっぽい!?
その後は、機長とパーサーは仕事でもカバーしあう、ってことで、お互いの曲を、ちょっとコーラス入るだけで、全く両者がカバーしあう。
いちいち二人は、小首をかしげて、確認。

あたしたちは、機長とパーサーなんですもの、ねっ?

とKANさんが言う度に笑いが起こる会場。

で、曲は
KANさんは、僕らの音、とand I love you.
桜井さんは、まゆみ、と世界で一番すきな人 という曲。

まゆみ、はCMで昔聞いて知っていましたが、これ、KANさんの曲だったのね!!
世界で一番好きな人は、なんかアルバムに入っていた曲ではなかったでしょうか?これは聴いたことがあった。いい曲。桜井さんも、良い曲で、自分ひとりで歌いたいから、完全にカバーしあう、ってことらしい。KANさんのラブソングは、確かに、ほんとにあったかい。
二人は実は結構声質が似ている気がした。KANさんはピアノ、桜井さんは、アコギとブルースハープ。場内は聞きほれるという感じと、おふざけ感の漂うMCに爆笑の連続でした。
二人の出会いは、FM802の番組で、お互い曲を作りあったり、リスナーの歌詞を曲につけたり、苦行だったこと。打ち上げで、桜井さんが、舌を口から出しっぱなしなとこまで泥酔し、救急車に運ばれた(きれいな白い、赤いのついているタクシーと言ってましたが)ことなど、今から13,4年前のエピソード、など非常に懐かしく思い出しながら語っていました。桜井さん、楽しそう!そしてかっこいい(笑)
あたし、桜井さんと同じ年ですからね。このころって、21,2歳だものね。彼の駆け出しの頃に大阪にもやってきて、仕事してたんだな~と感慨深い気がしました。
それから、二人で、弾かながたりという、ま、アカペラでハモる曲を。
このエピソードも、色々考えてボツにしまくった企画を紹介されたが、携帯電話で音楽打ち込めるのを使おうとしたらそんな機腫がない(懐かしいね~着メロ本とかあったね~そういえば)。二つ見つけたけど、バッテリーがなくて、買ったり色々して一万円使って、結局辞めたとか、桜井さんは、山田電気で、ホースを見つけて、これで回して音を出して歌えないか、と思ったが、音程は取れないと思いやっぱりボツ。で、結局なにも弾かない、アカペラに。
曲は、このライブの為に作られた曲で、ミュージシャンが下心いっぱいで、女性の家に行き、何か歌ってと言われ、困るんだけど、その後どーにかなれるんなら、歌ってみようかな~という心情を描いた歌(笑)らしい。
歌詞も、楽しくて、おふざけ感満載で(あえいうえおあお、あへあへうひは~が笑えた)でも、音楽的にはすんごいきれいなハーモニーと声。そして、衣装は、機長とスッチー。もうね、笑いと感動がいっぱいでした!!こんなに桜井さんは良くしゃべる印象がなかったし、こんなにコミカルな面があるとは思っていなかったので、びっくり。普通のミスチルライブに行ったことがないのに、こっから体験してよかったのでしょうか!?でもミスチルに行ってみたい!と思いました。

そして次は、トータス松本率いる”ラブソディズ”
清志郎さん、RCサクセションの曲をカバーするバンドらしい。ご病気だったので、応援しようとしたら、先日東京で歌ったらしいので、ガクっ(笑)とかなんとか言ってました。l喉頭がんだものね~。放射線治療とかしているんだと思うが、声が出たんだ~!とあたしも嬉しかったね、このニュースは。RCサクセションのファンというわけではないが、あたしたちの世代にはやっぱり偉大なロッカーでござりまする。
メンバーは、ベースはジョンBチョッパーさんでしたが、ドラムは、ミスチルのじぇん。彼は髭をそって、とってもすっきりなお顔。お口を開けて、ドラムをたたく姿を生で見られて感激致しました。キーボードが、ウルフルズのサポメンのミッキーさん。ギターは、すんません、忘れました、お名前。そしてトランペットとサックスは、Egoruppinで活躍されているお二人(名前は忘却)。
すごい、うまいバンドでした。かなり、これは。Doo Bee Brothersみたいなシルクハット?スーツ着て、ソウルミュージックないで立ちで、こちらも歌いまくりでした。
曲は、5曲。2曲目の曲名忘れたけど、”Oh~つきあいた~い、OHーつきあいた~い、とてもつきあいた~い、Oh~つきあいた~い!”ってやつと、Day dream believerと雨上がりの夜空に、だっけ?こんだけはわかりました!懐かしいし、名曲だし、そしてトータスさんの声はやっぱりすごい。会場もそれまでの桜井&KANの聞かせるライブから、一つになってノリノリライブに方向転換。すごい盛り上がりました。今年、5月にライブに行った時も思ったけれど、この方もライブの方が、何倍も良い。今日も彼の歌い上げる歌力に、心は持っていかれました。

そして、最後は全員出てきて、ガッツだぜ(ウルフルズ)、愛は勝つ(KAN)、innocent world(ミスチル)を熱唱。桜井さんは、着替えてくるのか?と思ったら、かばんまで持って、ご丁寧に折り目正しい機長姿のまま、KANさんもパーサーのまんま(笑) でも、また見られて嬉しい。萌えました(*^。^*)
他の人は、LuckyRaccoonTシャツでした。
このTシャツはね~、売り切れていた黒は良かったけれど、赤とかは、結構ビミョー。購入はしませんでした。

会場も一つになる。ガッツだぜ、は、彼らのライブでも会場を一つにする曲でしたが、ここでもみんなが、”ガッツだぜっ!!”と大合唱。桜井さんのパートで、やっぱり歌がうま~い!と思った。愛は勝つ、も懐かしい!。これが流行ったときは、大学生で、リアルタイムで、カラオケで大流行していたころを通過した私には、色々とあの頃が蘇る歌でもあるし、15年ぶりぐらいに聴いたけど、歌詞って覚えているもんだね~。会場も大合唱していたよ。名曲だわ、やっぱ。そして、innocent world.DVDで、合唱しているの見て、自分もいつかしてみたいな~と思ったけど、ここで出来るとは。他の方も、なかなか味のあるinnocent worldなんですが、桜井さんは、機長キャラ?どういうつもりかわかりませんが、かしこまった、いつもの歌い方ではないコミカル桜井さんでのinnocent worldでした。足も痛いし、結構疲れているのに、このラスト3曲は、歌ったり、拳を突き上げたり、跳んだり、すんごい発散致しました。

関係者席にはレミオの3人が目立たないようにして見ていた。これも近いんで、なんかそっちもちらちら見てしまいました(笑)

長丁場でしたが、中盤のジェット機からレミオ、KAN&桜井、トータス松本としり上がりに盛り上がる構成で、終ったあとは、爽快感と足のすんごい疲労感でした。
今日、めでたく筋肉痛です。明日じゃなくってね。
また、東京バージョンを見に行った、えむさんたちとこまごまと語り合いたいとも思った、レアなイベントでした。
今年は、ライブはこれで終わりですが、すんごい締めになったと思います。
ポルノ以外で、こんなに心を躍らせてよかったのか?浮気症な自分に、はたっと気がつきました・・・
[PR]
by minamipatho | 2006-11-26 17:10 | 音楽
Naotoさん@ブルーノート
昨日は、Naotoさんライブ@大阪ブルーノートに行ってきました。
相方、こあ とはハマスタ以来でしたね~。
チケットは職場の同僚の気まぐれな電話のおかげで無事とれたわけだが、ブルーノートは実は、席は決まっていない。
その日の3時半に並んで整理券を取って、開演時にその順番に中に入って順次席が決まる。
だから、ダフ屋はいない。売るチケットはないからね。
整理券をもらうときに、予約名を言って確認されるだけ。
支払いは帰るときに、飲み物や食事代と共に支払う。

でもね・・・
この制度は実は、結構縛られるのです。時間に・・・・
あたしたちが着いた3時ごろにはすでに整理券の長蛇の列が出来ていた。
だから、5時開場、6時開演でも、結局早い人なら朝から並ぶ。
このライブのために半日は潰れる。並ぶことでね・・・
その代わり、席は最前列も可能。整理券を取らなければ、当然見難い席でも文句は言えない。
狭い箱だから、一番後ろで、ハマスタ5列目ぐらいの勢いで近いんですけどね(笑)
なんかアナログな感じのエントリー法。いいんだか、悪いんだか・・・
前列の熟年?中年夫婦と文句をぶーぶー垂れながら並ぶ。

でも、昨日は二部制で、8時からの回の人も一緒だったので、長い列の割にはあたしたちの整理番号は53番。集合時間も5時20分、と決まっているので、それまでだらだらと長く待つ必要もなく、ま、それまでお茶をする。
ロールケーキと紅茶をしばいて、ポルノトーク。
Tamaちゃんトーク(笑)
ウインドウショッピングして、お約束の店員さんいじりもして(あたし買い物に行くと、つい、店員さんをわらかしてしまいたい、自虐ネタを展開してしまうのです。(笑))、クリスマスの飾りなんか衝動買い。
あ~楽しい。

となかなかNaotoさんにたどりつかないのですが・・・・(笑)
今回は、打ち込みなしのメンバーは、Naotoさん、ギターは遠山さんピアノは阿部さん、ベースは一本さん、そしてドラムはポルノ初期の頃のドラマー、斉藤たかし君の5人が、本当にシンプルな舞台で演奏。
あたしたちは、カウンター舞台正面の席で、始まったときはすでに、カクテル2杯、でっかいガーリックトーストやオードブルの牛肉のマルガリータなんちゃらという、お上品なお味(笑)の食べ物をがっつり食べて、ほろ酔い気分。

で、出てきたNaotoさんは、白いシャツに黒いパンツ、ととってもシンプル。
黒い部屋にブルーの照明はとっても大人な雰囲気なのですが、
そこで、奏でられるNaotoさんに美しい音色のバイオリンとジャジーなピアノ、すんごいカッティング技術のギター、そして懐かしい、テレビでしか見たことがなかった、たかし君の時には、ジャズ、時にはラテンなドラム。
聞きほれました。

セットリストは、覚えているのは、
1. Solitude
2. オブリビオン
3.スプリング
4.remember
5. One love
6. アンコール(曲名?)
の6曲。
6時から7時半までの1時間半だから結構あっという間でした。

Naotoさんのワンマンライブは初めてだったのですが、さすが関西人。
よ~しゃべります。
覚えているMC、その他、思い出すままに順番もばらばらでいきま~す。

・ 初めての僕を見た人~、関西以外から来た人~などの市場調査。案外初めてNaotoさんを見た人は少なかった。おそらく、ポルノつながり、葉加瀬さんつながりだろうからね~。でもブルーノートは大阪と名古屋だけだから、他府県から来た人は結構多くて(こあも手、あげてたね)、それを見て、むふ、自己満足~って言ってました。

・ご両親も一般で応募していらっしゃるらしいが、どの日のどの回かを聞いてくるのを忘れたらしく、一体いつ来るのかわかない、地雷ライブ。

・全国ツアーをすることになりました!(拍手)チケット取れた人~(思いきり手を上げるあたしとこあ(笑))、取れなかった人~!すみません・・・まだ一般あるのでがんばってみてください。僕のブログにもたくさんメール来ました。当選しました!取れませんでした(T_T)など・・・
でも、僕にどうせーちゅうんですか?(逆ギレ)いや、ありがとうございます。もし、一般でだめでも、Yahooオクがあります!実はぼくは、ヤフオクで、日ハムのプレーオフチケット手に入れました!(おいっ!正直すぎ!いいの~その立場でそんなこと言って、もう!)

・2週間ぶりのライブらしい。今年はライブ不足で、欲求不満気味だとか・・・(あたしたちもだよお!)

・ここは大人な雰囲気だからちょっと立ち上がったりしにくいけれど、どんな乗り方してもいいんですよ~(ちょっとおとなしい聴衆にやや不満?やっぱり騒いでほしいのだね~)

・Rememberという曲は、参加型の曲で、曲の旋律を”ちゅるちゅる~”とハモリながら歌う。右側をギターの遠山チーム(野党)、左のピアノの阿部さんチーム(与党、この意味わかるよね?)としてハモリを練習。そして曲の途中で、観客の声の合唱と演奏が一緒になり、最後の2小節は歌だけになる。この2小節で、ちゃんと辞めないといけない。”トゥ”と一人でも言っちゃうと、曲を最初からやり直し(笑)
今後、お約束になるらしいので、全国ツアーでも心して望む事項だそうです。
なんとなく、フーフーに似ている気がしましたが、音楽的に難しい(汗)
あたしは、すでに酒が入ってうまく歌えない!なんか低い声で歌ってしまいました。
で、一回目は、お約束?どなたかが、間違えて、会場中、Naotoさんたちも全員にやけながら、最初からやり直しました(笑) 二回目は無事になんとかなりましたが、本当にやり直しなんですね~。永遠に間違え続けたらどうなるんでしょうね(笑)
Blue Gに入っている曲だから、また聞いてみてくださいまし~。

・前後しちゃうけど、体脂肪計ならぬ、体年齢の出る体重計があり、自分は26,7歳だったと、嬉しげだった。遠山君は31歳かなんか、実年齢よりちょっと老けて出たらしく、飼い主(笑)はだれやとおもてんねん!とかなんとか、全く音楽と関係ない話をよーしゃべる、しゃべる。
こんなおしゃべりとは思ってませんでした(笑)

・月9の話も。エイタ君はとってもいいにおいで、かっこいい。ちょっと好きになりそう、らしい。ドラマは待ち時間が長くて大変だったそうです。斉藤たかし君にむかって、”あ、斉藤君(自分ののだめ~での役名)?”っとかわいくボケていました。

・最前列近くは、最初譜面を置く四角いのんで、全然Naotoさんが見えていなかった模様。それに気がついたNaotoさん、譜面台を後ろに下げて、見えるようになさっていた。優しい・・・

・自由自在に奏でられるバイオリンはもちろんすごかったんだけど、あたしは、個人的にはジャズピアノにもかなり感動した。アコギもすごかった。そして、たかし君!!Mアワやサウダージの頃、Cupidツアーかな?のサポートメンバーで、もちろんポンプさんも好きだけど、あたしは、このたかし君に会えて、なんか非常に嬉しかったのでしたヽ(^。^)ノ 今日のMステにポンプさん、ただすけさん、森男はいたけど、Naotoさんがいなくてちょっと寂しかったわかですが、逆にこのときは、ポルノ繋がりを見つけてしまってすごい嬉しかったのでした♪

混雑もなく、お行儀良く終りました。汗は一滴もかいていませんが(笑)、ゆっくりと聞けて、お酒も飲めて、これはこれでかな~り良かったです。でも短かったのが、やや残念。
1月のZepp Osakaはもっと発散したいな~とちょっと思ったわけでした。
でも、近いっ!後ろの方でも、表情まではっきりわかる。最前列の人は、ものすごく近かったでしょうね。Naotoさんにそこまで、近づきたいわけではないですが、この箱で、アーティストに会えるのは、なかなかすごいことだとあらためて思いました。

終ってから、JR大阪駅にM-CABIポスターを探しに行ったけどなくて、残念でしたが、探してしまうあたしたち二人はやっぱりポルノファンですね(笑)
[PR]
by minamipatho | 2006-11-24 22:13 | 音楽
PORNOな日
昨日当たりから忙しい!!
まず、さち。のコメントで気がついて、NHK-FMで、Mr.ジェロニモやラインを聞き、やや硬いトークでしたが久々の露出に喜ぶ。

そして今日は、仕事終ってから、7時半にCDshopに行って、m-CABIをフラゲ、ラバップを更新に郵便局に行き(葉書なくした(^_^;))、カフェイレをPCで聞いて爆笑し、AMラジオの電波ベスポジを確保、ご飯の用意や子供の野球のお迎えとか色々しつつ、10時からつけっぱなして、やんぴー?でしたっけ、を聞き、i Tuneに落として、ipodにも入れて、歌を聴きながら、家のことしつつ、夫が帰ってきて、ばたばたご飯食べさせてお風呂に入ってもらって、とっとと寝てもらって、そして今に至ります。

ぜーっつ、ぜーっ、ぜっー・・忙しかった~。
あっという間。
あー忙しかった。
そして、今、ANNSを聞きながら更新中。

タイトルコール、何度もさせられるグダグダさから始まる。
テンション、高いじゃない、昭仁さん、晴一さん。もうにやけまくりです。
なんかバストの話を女の子と電話でしたり、その前は、ポルノグラフィティを知られていなかったり(笑) 昔のラジオ音源を聞いたことがありますが、確かに、扱い一緒(笑)

ここで我に帰る。
夜がもったいない~といつも夜更かししていますから、全然苦になりませんが、ラジオを聴いて母が夜更かし・・・考えんとこっ・・・

”ねぎぼう”さん、”げりぼう”って・・・(笑) 偉大なお方やのに・・
昭仁っ!頼むからトイレにはいかんといてや~と思ったら、わしも行こうかって・・(笑)
ポカリライブの話。j初めての人も多かったのに、昔の曲にも歓声が上がった、と。
そうそう、5枚目からのファンであろうと、全部聞きますよ~。あー行きたかったなーとしばらく忘れていたのに思い出したやんかっ!
”休日”が昭仁の昔の思い出の一部と考え、相手を私に置き換える妄想は、もう2回ともしましたな、今日、m-CABI聞いて(笑)
と、聞きながら更新しきるのはしんどいことに気がつく。集中できないので、やめよう。
ラジオレポされているすごい某お方のブログがありますが、これしんどいね。
だめだ~。ここで脱落。


でも、ANNS自体、何年ぶりでしょうか?多分、学生の時ぶりですから、20年近いよ・・・恐ろしい(笑)
以前ポルノがレギュラーだったころは、ファンではなかったし、その頃は12時を超えて寝たことはなかったのに・・・

昭仁も晴一もトークはうまくなってない?なってる気がするよ。
噛んででも、おもしろいし。
二人のラジオ、楽しいです。残念なのは、電波が悪くて、録音はちょっと無理かなあ~なノイズが入っていることかな?(T_T)

また、m-CABIの感想は後日。
2回ほど通して聞きましたが、ライン がかなり好き。
しばらく楽しめます。
今週は忙しい!けど嬉しい悲鳴。
[PR]
by minamipatho | 2006-11-22 02:04 | ポルノグラフィティ
温泉旅行
学生時代の友人、子供たちと一緒に有馬温泉に行ってきました♪
京都からは、車で2時間。紅葉がすごくきれいで、もみじの赤もくっきり。
京都もすごい観光客でいっぱいだけど、実は、まだそんなにきれいではない。
というか、最近温暖化傾向のせいか、紅葉は12月のはじめが一番きれいな気がします。
有馬温泉は標高が結構高いから、京都よりも寒いけど、紅葉も本当に見ごろでした。

これは毎年秋の恒例行事で、もうかれこれ9年続いてます。
転勤や引越しで、関西にはいない友人もいる。普段貯まる精神的な疲れも愚痴も、学生時代の仲間に会えば、その頃に戻って吐き出す。
いつも参加できるとは限らないけれど、毎年7,8人が夫以外の家族(って子供ですけど)を連れて近況を報告したり、夜中に酒を飲みながらおばかな話、仕事の話が出来ることは、貴重でございました。

9年前は、長男と生まれたばっかりの次男を連れて行った。下田温泉まで、新幹線、電車を乗り継いで行きました。
子供を連れて、遠出したのはあの時が初めてでした。当時、結婚しているのも子供がいるのもあたしだけであり、結構大変かと思っていたら、友人たちが面倒見てくれて、非常にらくちん。以来、ずっと連れて行ってましたが、2年前からうちの子は付いてくることはなくなり、かわりに友人たちのちびっ子たちが付いてくるようになった。数も増えてきた。
2歳~9歳が7人。この間生まれたばっかりと思っていたら人の子は、大きくなるのが早い!!そして友人もうちの長男が中学生になったと聞いて驚いてました。
友人にもそれぞれドラマがある。留学したり、離婚したり、結婚これからしようか迷っていたり、子供がお受験したり、etc.

離婚の話はね~、ものすごく勉強になる(笑)といっては失礼ですが、結婚の何倍もエネルギーが必要なようだ。調停などで、子供の養育権、親権を争って骨肉の争いに本当に発展するらしい。でもね、離婚する前より、すごい彼女が強くなっている。それまで、家に閉じ込められていた、彼女は今はバリバリのキャリアウーマンになり、学生時代は、おとなしくて、優しいけど、時々こっちがいらいらするくらい自分を抑えて、いい人になってしまっていた彼女が、静かだけど、すんごい強くなっている。一同、彼女の頑張っている姿に感動してしまった。

結婚を考える友人は、3年前から、言い続けているが、3年前は、お付き合いしている人がいることをあたしたちに告白。去年は自分の親に言えるかどうか?どうやって切り出そうか?と色々壁のある結婚までの過程に悩んでいた。今年は、仕事か結婚か?を選択に迷っている。もう結婚する必要があるのかすらよくわからない、このままでも良い、とも言っていた去年から心境が変わったようだった。実は、仕事にめちゃくちゃ疲れているらしい。
そこではすごく頼りにされているのだろうけれど、毎日ぎりぎりのとこにいて、このまま自分はどうなっていくのか?とかなり不安のようであった。
相手が、バツイチ、外国人で、子供がアメリカにいたりと複雑なんで、どうなるか心配でもあるけど、幸せになってほしい。詳しくは、書きにくいが、彼女をネタに小説3本書ける位、ドラマな人生だとつくづく思う。

そして、あたしは、ポルノグラフィティのお話、他のライブやコンサート、ミュージカルの話をしたり、子供の話をしたり。前者の方は、うらやましい、早く子供が大きくならんか~との声を頂戴し、やや自慢げ(笑) あたしの爆走する昭仁への妄想に爆笑していただいた。約1名いる、GLAYファンの友人とは話しが合う、合う(笑) 
後者、長男のことは、みんな一部始終を知っているし、小児科医で、そういう子供の心理を専門にしている友人もいるので、彼なりに進歩したり、壁にぶつかっているけど、がんばろうとしていることを話したり、相談も出来たりして、ちょっとすっきりした。実は金曜日の夜に、言い合いになり、私も彼を傷つける言葉を発し、彼からも私にとっては、今まで子供に言われた中で、一番ショックなことを言われ、お互いすごく傷付け合ってしまったからね・・・
ま、日々反省なわけですが、リフレッシュできて良かったです。

子供たちは、試験勉強、塾、野球の試合に忙しく、あたしがいなくても全く問題なかったそうです。お母さんを頼りまくり、甘えまくる子供たちを見てきた後なので、なんか寂しい気がする。
あたしが帰ってくるのと入れ違いに当直で出て行った旦那。コタツが出ていました。
流しがピカピカになってしました。アイロンがかけられていました。ありがとう。これは、素直に嬉しい。あたしより、掃除が上手だね~。
[PR]
by minamipatho | 2006-11-19 22:01 | マイライフ
ラジオに~テレビに~
すごい勢いで毎日、更新されているテレドーム。
ラジオはカフェイレ、オールナイトニッポンしかあたしは聞けないけど。
でも、カフェイレは昭仁がいる方が、晴一君には悪いけど、100倍おもしろい。
晴一のテンションもめちゃ高い。
期待感は上昇してしまう。
そしてオールナイトニッポン。どうしよう・・・平常心で聞けるかな?
ちゃんと録音できるかなあ?
まだ、うちの家で聞けるポイント、探索してないわ、そういえば・・・(汗)
AMラジオ聞けるのかしら(笑)


テレビも
■11/22(水)23:30~24:00 NHK-BS「WEDNESDAY J-POP」
■11/24(金)20:00~20:54 テレビ朝日系「ミュージックステーション」
■11/24(金)24:30~25:00 NHK総合放送「POP JAM 」
■11/24(金)25:00~25:55 NTV系「音楽戦士MUSIC FIGHTER」
■11/25(土)24:55~25:40 TBS系「CDTV」(アルバム紹介)
■11/29(金)NTV系「1億3千万人が選ぶベストアーティスト2006

となかなかがんばってくださるね。
プロモ活動、彼らはあんまり好きぢゃないかもしれないけれど、がんばってほしい。
だって、もう大分欠乏症になっています。早いねん、最近。
それにライブも結局ハマスタだけやから、なんかもうライブがとーい、とーい昔になりつつあるよお・・・。
アルバム曲を今回はプロモーションしてくれるようですが、これが嬉しい。
って、まだアルバム聞いてないし、何の曲かわからんのに気の早いことですが・・・

過去映像で、たまにアルバム曲をやっているのを見た。
”オレ、天使””ハート””ビタスイ””愛なき・・・”かな?記憶にあるのは。
でも、このシングル化を意識していない曲をテレビでやってくれるのは、すごい貴重映像。
ライブやライブDVDでしか見られない、聴けない曲たち。
ライブでも当分聴けそうにない場合もあるから、彼らの表現する姿そのものが曲の印象となる。
”オレ天使”の頃のつっぱった?ちょっといきったサングラスをかけた昭仁は今はとてもかわいく見えるし、”ハート”のメロディとちょっとイタイ、弱い男の子を歌い上げる昭仁は、これまたかわいい。”ビタスイ”の壊れかけた昭仁は、もうあたしのツボすぎる壊れ昭仁ですものっ!!
そして、”愛なき・・”も入り込んで歌っていた気がする。ああいう悲しいというかどうしようもないせつなさを歌い上げる昭仁にも、あたしの目は釘付けです。

って、まあこの怒涛の11月末、ちゃんと忘れず、チェックできるのか?
それが最も心配だわ。
ところで、会報にはチラシ、ないのね。
ということはツアーの告知はないのかなあ?
何月から空けとけば良いのでしょう?もう色々と2月の予定が入りそうなのを、セーブ、勝手にしてるんだけどなあ~。
[PR]
by minamipatho | 2006-11-16 23:53 | ポルノグラフィティ
ミイラ取りがミイラ!?
ジュンちゃんとのお別れで、泣いたり落ち込んだり昔話を思い出したりと、感情の起伏の激しい週末を過ごしましたが、寂しさは、むしろ、いないことに気がついてしまう瞬間。

あ~寂しくなったな~~とぽっかり穴が空いてしまったようですが、いつまでもめそめそしてもしょうがなく、ま、日常生活の忙しさは、そういう時は有難い。
一緒には住んではいないから、家では平常心を保ちつつ、なんとかやっております。
温かいコメント有難うございました m(__)m

さて、ちょっと前の話ですが・・・
婦人科検診、というか、子宮頸がん及びその他、なんかなってないか、と最近婦人科を受診しました。
きっかけはね・・・・
仕事柄、病気を診断する仕事をしていて、最近若い人の婦人科系の癌や乳癌が多い気がする。
”おっ!!癌細胞みっけ!!”とお仕事では、ウオーリーを探せ!!みたいなことをしていますが、
年齢を見て、27歳とか26歳とか34歳とか37歳とか39歳とか41歳とか・・・・
もうとっくに過ぎてしまった年齢や同世代、これから近いうちに迎える年代の人の乳癌や子宮ガンの多いこと!!
進行癌といって転移していたり、ものすごく大きいものは少ないし、最近は検診で見つかったり、自分の意識が高いのか、結構早い、小さなものが多いんだけどね・・・・
でも、中には、妊娠して産婦人科を受診して同時に癌も見つかって、子供を泣く泣くあきらめたり、子供を優先した結果、数年後に転移が見つかったり、と医療ドラマのネタになりそうな、真剣に悲しい話はごろごろしている。
そして、私が受診しようと思ったのは、31歳の女性で、1歳半の子供の母で、半年間、癌が見つかってから、抗がん剤やらで苦しみつつも、すごい健気にがんばっていた方が亡くなった時。
この方は卵巣がんだったんだけどね・・・
症状が出た時は、もう卵巣の外に癌は飛び出して、おなかの中一杯に広がっていた。ずーっと気がつかなくて、便秘になって病院に行ったら、手遅れの癌っていうことだったのですが、それを知って、自分もやっぱり一応調べておこうと思いました。それが、彼女の色んな人に残してくれたメッセージのような気もしてね・・・

そして、医者の不養生とはよく言ったもので、結構自分自身のこと、知らないことも多い。
検査とか受診とか、人には言うくせに、自分自身は実はしにくいのよね~
あたしは直接知らない方だが、手術もうまく、患者の信頼も厚いある先生。定年退職の時にふと自分の病院で人間ドックに入って、進行した膵臓癌が見つかり、その後半年で亡くなってしまった。まだ、その先生が手術をした患者が今でもやってくるらしい。元気なのを診せに来たのに・・・と患者の方がびっくりしてしまうらしい。

しかし・・・こういう時病院で勤めていると得、と思われるかもしれないが、実は結構難しい・・・
だって、普段は仕事相手として、時には忘年会や飲み会で馬鹿騒ぎをする相手に、婦人科の検診お願い、って下半身を全てさらけ出す勇気は・・・ないっ!!無理っ!!
相手が女医さんでも抵抗はある。カーテンの向こうで誰が通りすぎるかわからんもん!

こういうのは同僚とも時々話すが、命がかかればそんなこと言っていられず、信頼する腕の良い人にお願いしようと思うが、検診とか、元気いっぱいの時にわざわざ・・・
その他、友人に診せるのが恥ずかしい病気としては・・・

性病、痔、膀胱炎 (笑)
大腸ファイバーもおしりから入ります。しかも辛い(笑)

ま、やっぱりシモ関係はね・・・赤裸々に真面目な顔して語れない・・・微妙な知り合いに。
しかも、最近は電子カルテになっているから、病院の人間になら誰でも見られてしまう。
他の呼吸器とかに風邪や喘息の薬を出してもらうのに、性病の履歴までばれたら、あ~恥ずかしい(笑) (あたしにはないですよ(笑) 念のため)
でも、癌だって見つかったら、あんまり広く全ての人に知って欲しいわけではない。
でも、同業者には簡単に見られてしまう。ということは、自分の秘密を近しい人から守りたければ、他の病院に行くしかない・・・あ~不便。

ということで、先日こっそり近所の産婦人科で検診を受けてきたわけです。
子宮頚部の細胞の結果はまだですが、見た目は特に問題はない。エコー検査(画像)では、子宮筋腫もないし、卵巣も肥大していないから腫瘍はないでしょう、ってことでした。
乳癌は、触診ぐらいは自分でできるので、今のところはしこりもない。
とりあえず、しばらくは元気でいられそうなあたくしでした。
あたしは、病気を見つけ出す仕事をしていますが、受ける立場は、やっぱり何にもないのが一番。
そして、気を使わない、タダの医者と患者の立場以上に何にも関係のない相手は気楽だ~っと
つくづく思うのでした。
友達におなかを切られる日が来ないことを切に願うと共に、良性ばっかりの日はないけど、良性こそ、患者は待ち望んでいるのだよね~と当たり前のことですが、思うのでした・・・
[PR]
by minamipatho | 2006-11-14 21:27 | マイライフ
お星様になってしまいました・・・・
誕生日に始まり、結婚記念日やその他人にはそれぞれに色んなmemorial dayがある。
今日、11月10日は、今まで私にとっては何ら特別な日ではありませんでした。
でも、今日、たぶんあたしやあたしの家族にとっては忘れられない日になってしまいました。
19年と5ヶ月一緒に生きてきた実家の飼い猫、ジュンちゃんが亡くなりました・・・・

今年の1月ごろ一度体調を崩し、何も食べられなくなったときに死を覚悟して、このブログにも彼の思い出などをたくさん書きました。
でも、家族の覚悟をありがたいことに彼は裏切って回復し、いつもと同じようにお散歩して、ニヤ~と甘えたいときだけ擦り寄ってきて、あたしたちが帰るときだけ見送ってくれました。
でも、ここ2,3週間前から、食欲が落ち、一週間前から水も飲めない日があり、トイレにも行けなかったり、間に合わなくなり、呼吸も苦しそうになりました。
また、回復してくれることを期待しつつ、苦しそうな姿に早く楽にしてあげたい気持ちが混ざり複雑でした。
水曜日、子供たちを迎えに行って、ジュンのところに行って、頭をなでたり色々すると、しんどいのに小さな声で”にゃ~”と弱々しく泣く姿に、もうだめな気がしました。
出張中に死んじゃう予感がして、なかなか離れることはできませんでした。それでも帰りにはよたよたしながら玄関に出ようとする。でも、後ろ足は全然動かず、慌てて父が抱き上げて、あたしたちを見送ってくれました。あの姿が、最後になりました。

19年5ヶ月前は、あたしは高校生でした。
小さな子猫は、初めてやってきた家におびえて、”借りてきた猫”とはよく言ったものでおとなしくソファの上にいました。しかし、突然ニャーニャー鳴き出し、まとわり付く姿に家族全員???だったのですが、不意に開けた引き戸を飛び出て、縁側に出しているおトイレの砂場に直行し、用を足す姿を見て、トイレを我慢していたいじらしい子猫に愛着とすまない気持ちでいっぱいになったのは、今でも鮮明に覚えている。
受験勉強で夜遅くなったときも隣にいたし、好きな人からの電話をそわそわしながら、夜遅くこっそり待っているときにも、隣にいた。
外で喧嘩をして傷だらけになってきたこともあるし、有難くない狩をしてきて、その始末に困ったこともあった。
家族が喧嘩をしても、何も知らない天然ボケのジュンちゃんのおかげで、なごんでしまったことは数え切れない。
私に子供が生まれ、どうなるかと思ったが、赤ちゃんには一切手を出さなかった。
いたずらされてもされるがまま。いっぱいしっぽひっぱられたね。ごめんね。
あたしにじゃれて噛むようなしぐさをしても、やさしいそれは、全く痛くなかった。
人間には誰にもつめを立てたことはなく、ジュンちゃん、と呼べば、必ず返事をする子だった。

こんな他の人にとってはどうってことないエピソードも、あたしにとっては大切な生活の一部だったわけだけど、もう、全て、これから先、”だった”という過去形にしかなり得ないのだね。
”である”っていう進行形にはならないんだね・・・

でも実は、まだ、出先のせいで、全然実感がわかない。父に聞くと今日午後2時ごろ亡くなり、動物の火葬をしてくれるとこで、もう火葬されて小さな骨壷に入って戻ってきた、とさっき電話があった。
今日昼12時ごろ心配で電話したときは、まだ生きていたのに・・・それがもう、この世に絶対会うことのできない対象になってしまったことに、まだ信じられなくて、涙も出てこない。

ジュンちゃん、あたしたち家族と暮らして、君は楽しかったですか?幸せでしたか?
あたしはとても幸せでした。君はたくさん笑いもいとおしいと思う気持ちもあたしの中に何度も湧き上がらせてくれました。こっちが悲しいときに、何も知らずに甘えてきてくれることにどんなに慰められたかしれません。本当にありがとう。
いたずらに叱ったこともあったけど、何のことかきっとわからなかったよね?人間の都合に合わないからって叱られたんだものね。でも、言うこと聞いてくれてありがとう。君は、あたしにとっては世界一の猫です。世界一かわいくて賢くて、愛らしい猫です。
これだけは、きっとこの先も現在進行形です・・・

どうやら、少し実感が湧いてきて、パソコンのモニターがなんかぼやけてきました。
だめだ~。胸がいっぱい。
携帯で撮ったジュンのあたしにとって最後の姿に今日は色々語りかけてみます。

悲しいね・・・別れは。
[PR]
by minamipatho | 2006-11-11 00:14 | 家族
お台場より・・・
出張で、お台場に来ています。
お台場にはビッグサイトっていう大きい会場があり、そこで学会があり、ま、色々と用事があって来ています。
新幹線の中で、発表のプレゼンテーション作りを泥縄で行いましたが、なんとか間に合う。あ~コンピューターの有る時代に生まれて本当によかった。
そうでなければ、今日は徹夜であったろう。
こうなる前になぜやっとかんの?ライブなんて行っている場合?と心の母(こうるさいママゴン)があたしに言う。このせりふは昨夜息子に言い放っていたな・・・・
息子の場合は、”ライブ”ではなく、彼の空想の壮大な脳内宇宙でいらっしゃるが・・・

以前来たのは4年前。フジテレビの建物を見て、感動したおのぼり炸裂な私でしたが、
今日もゆりかもめに乗りながら、心は遠足気分でした。
ちなみに、行き方なんてすっかり忘れていて、”ゆりかもめ”は船、と勝手に思い込み、新橋から船出ているの~?と前日につぶやいて、職場の同僚をあわてさせ、ご丁寧に行き方をご教示頂いた人です。(笑)
晴れ渡った青空、海、新しいデザインの凝った建物。
住みたい場所・・・というわけではないが、きれいなとこで東京の中では非常に好きな場所です。
人はそんなにたくさんいないから渋谷みたいに人に酔うこともないしね。
横浜とかに雰囲気が似ていると感じるのは私だけ?

窓からも海と夜のネオンがきれいに見えます。
これを酒の肴にゆっくり致しましょう。
一人旅、たまにはいいね~。
土曜日夜、帰宅して洗濯物、おそうじ、子供のいろんなことが発覚して、現実におもいっきり引き戻されるのはわかっていますが、しばし忘れましょ~、何もかも・・・。

お留守番している旦那よ、がんばれ。あたしの重要度をどうか認識してくださいまし(笑)
どうってことないか・・・
[PR]
by minamipatho | 2006-11-10 00:24 | マイライフ
スガシカオ@京都
昨日は、スガシカオさん@京都会館に行ってきました♪
色々おもしろいことがあったのですが、まず行くまで。
仕事はなんとか6時に上がって、帰宅は6時半。7時開演なので、急いでタクシーに乗る。
多分10分程度で着くはず。
で、タクシーの運転手さんに行き先を告げると、
”誰の催し物?”
催し物・・・という言葉にウケツツ、”スガシカオさんです。”と答えると
”だったら大丈夫だ。”
”?”
”いや~。都はるみさんや五木ひろしさんとか人気のある人だと、ここの通り動かなくなるからねえ。その人なら大丈夫だよ。”
一体、誰か知ってるのかい?おっちゃん。と心の中でつぶやく。
都はるみ大渋滞をこの目で見たいものである。
ま、ポルノにそんなこと言われりゃ、むっとするところですが、大人の私は微笑んで、
”そうなんですか。それはよかったです。”と答える。
運転手さんの予想に反して渋滞してしまい、
”あら、結構人気あんだねえ~。その人。”って言われました(笑)
でも開演10分前に到着し、ちょうどいい感じ。
今回は一人で参戦。2階席でしたが、左サイドの2階最前列だったので、かなり近く、見通しも良くて喜んでしまいました。
観客の年齢層は、20代後半から30代が多い感じ。
女性が多かったけれど、男同士で来ていたり、カップル、家族!?結構男子率は多かった。
1階は総立ちでしたが、2階席は半分は座ってゆっくり、最後で立ち上がる人が多かったかな?
あたしも前半は座って聞いていました。
2階席後方は空席がありましたが、ほぼ満員。
今回のライブは9月に出た新しいアルバムの"PARADE"からが中心。
セットリストはよそさんから頂いてきました~。

1 19才
2 秘密結社
3 サナギ
4 真夏の夜のユメ
5 斜陽
6 ホームにて
7 夏陰
8 Rush
9 タイムマシーン
10 ぼくたちの日々
11 7月7日
12 Life…
13 38分15秒
14 あまい果実
15 奇跡
16 Hop Step Dive
17 ミートソース
18 ストーリー
19 午後のパレード

アンコール
20.アオゾラペダル
21.アシンメトリー
22.このところちょっと

MCは、なかなか良かったですよ。
覚えているMC:
- 僕のライブにはこれといった決まりはありません。座ってもいいし、バラードで隣の彼氏とチュッチュ、チュッチュしてくださって結構です。周りの迷惑にならない範囲でね。

いきなりそういわれたので、あたしもあたしの周りも座って聞いていました、殆ど。
立ち上がったのは、奇跡、Hop Step Driveぐらいからかな?でもノッテいないのではなく、じっくり聞き込んだり、静かに座りながら乗れる大人な空間でしたよ。1階の最前列に約1名ノリノリの女性がいて、結構目を奪われましたが・・・

- 京都会館は前回来たときは、インフルエンザで、大阪公演をぶっとばしてしまい、復帰第一戦目で、みんなに声を心配してもらった覚えがあります。
- 京都会館ってね、ミュージシャンにとって微妙なとこなんですよ(笑) 売れてないと、このホールを一杯にできないけど、売れすぎているとここではやらないんですよね(笑)でも、ちょうど熟練した、いい音楽を聴けるとこなんですよ。(観客大うけ、イエ~)

そうか・・そういう微妙な立ち居地だったのか!?京都会館。確かにミスチルは来ていません。
ポルノも来た事ありません。レミオロメンも来てません。
ウルフルズ、東京事変、GLAY、TMれぼは来てたな~最近・・・
ポルノがやってきたら喜ぶべきか?悲しむべきか(笑)

- 今回のアルバムは楽しいもの、聞いてすっきりするものを書こうと思ったのですが、6月ごろ落ち込みまして、だめな僕が出てしまい、3曲ほどだめな僕を書いた曲が出来てしまった。

これは、Rush, タイムマシーン、ぼくたちの日々、と3れんちゃんで演奏される。2006年だめなスガシカオ特集らしい。確かに歌詞は、ぷち欝だったり、誰かを憎む器のちーちゃい人間が描かれていたり、こんな僕ですんませ~ん。な歌詞である。しかし、ここになぜか昭仁とリンクしていることを発見してしまいました。彼がスガシカオが好きなのわかります。
しかも、これらはfunk musicといわれる、なんか腰でノル曲。昭仁、好きそ~~。

- デビュー10周年を記念してファンクラブを作った。チケットをファンの人に取りやすくしてもらうためという大義名分ですが、事務所はおかげさまでウハウハ言っています。ありがとうございました。それでね~、事務所にファンクラブの部屋があって、パソコンに名簿が入っているんですけどね・・・僕ね、変なやつなんです。その名簿を見て、自分の昔の彼女がいないかって探しにいったんですよ(笑)見つからなかったけど(笑)夜中とかもこの前のぞきにこっそり行って、パスワード入れたら、パスワード変えられてて、見られなかった(笑)ほんと、だめなやつです。

スガさん、おもしろいね・・・結構暗い・・・(笑)周囲のファンは苦笑してました。あ~あ~そんなことまた言っちゃって~ってね。

- メンバー紹介は2回。ベテランさんばかりで、彼らが最初に京都会館に来たのは、どういうシチュエーションか?というのが紹介された。名前は全然覚えていないが、ベースはもとジャニーズ事務所らしく、”フォーリーブス”のバックバンドや、たのきんのよっちゃん(わからないよね、殆どの人。わかる人はアダルトチーム)のバンドのグッバイにいた”やっちん”と組んでいたらしい。古い・・フルすぎる(爆)わかる自分、反応しているファンに同世代感満載。 キーボードの方は、最初の京都会館はダウンタウンが売れる前で、松ちゃんが歌を歌ったりもしていたらしいのだが、そのバックバンド、コーラスのお二人さんはきれいなおねいさんに見えましたが、芸暦20年、最初は久保田利伸(字がわからん^^;)のバックコーラス。そしてドラムの方はアメリカとかでもすごい人とセッションしていたetc.
ギターの方は、過去は教えない(笑)といわれたそうだが、案外スガシカオとやり始めてきたのが初めて?かもということでした。

もう、同じサポートさんで、ずっとデビュー以来やってきているらしい。なんか、ポルノチームもそうですが、そうやって、ピンであってもずっと気心しれたメンバーとスガさんも回っているのだな~と思いました。ベースの方、小太り・おはげで、とてもジャニーズ事務所出身には見えませんでした。しかも笑い声がめちゃめちゃでかいが、笑い声のみでMCは全くなし。ポルノのサポメンはもしかして、よくしゃべる方なのかも!

ギターで中央に立つスガさんを周囲が取り囲み、右横にコーラス、というシンプルな舞台で、照明もスポットライト的なものとか、シンプルでした。
スガさんは途中着替えてピンクの衣装に。ピンクは流行り?昭仁さんといい、桜井さんといい、ピンク着る人、最近良く目にしますよねえ。男がかわいく、セクシーに見えると思いました。
で、38分15秒、というちょっとエロめに曲があるのですが、知っている?これがこのアルバムで一番強烈な印象でした。また、気ガ向いたら聞いてみて。想像で、電話で彼女とあんなこと、こんなことしてetc.、でも・・あ~むなしいかも。って歌詞ですが、これはなかなか書けないよ~。こんなこと書いちゃって良いの?スガさん!!と思いました。でも曲はすごいかっこいい。
ライブでも一番ここでキーになる感じでした。
あと、午後のパレードはPVでスガさん、踊りを披露されていますが、あの振りをみんなしていました。前のコーラスの方が大きなサングラスかけてやってくれまして、あたしも見よう見真似。
盛り上がりましたよ!!

あたしは、アコギ一本、弾き語りの7月7日が好き。ちょっとうるっと来ました。

知らない曲、聞いたこと有る曲、色々ありました。跳んだりもせず、筋肉痛の恐れは全くありませんが、大人な感じでよかったよ~~。多分、京都にきたらまた行きそう。
[PR]
by minamipatho | 2006-11-07 23:23 | 音楽

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧