PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
OXバトン
かくさんから奪ってきました♪
おうちに帰って、色々息子のことで発覚することあり。
毎度ながら、呆れるやら感心するやら・・・
精神衛生のためにこういうことしてるとニュートラルになれます・・・(^_^;)

◆○×バトン(経験バトン)

○→経験あり ×→経験なし

入院(○or×) → O: 7歳の時扁桃腺摘出術、帝王切開2回。大体一週間ー10日前後。どちらも局所麻酔なので意識がある。7歳の時は、口から医者が器具を入れて切除。血の味はすごいわ、麻酔は効いてないわで、痙攣を起こした。帝王切開では、自分の内臓が引っ張られるのがわかった。産科の医者がおなかの上に乗って、子供を出していた。出産の喜びよりも、あまりのびっくり具合に、気を失いそうになった(笑)出産後は眠らされて覚えていないが、覚醒とともに激痛が・・・
普通のお産よりも格段に短い時間で出産できるが、あとが辛かった。もうできない・・・。

骨折 → × 
失神 → × 
しゃぶしゃぶ → ○ :普通に牛も豚もお店でも家庭でも。
万引き → x  
補導 → × :真面目な学生時代でしたから~(笑)

ギター → 限りなくxに近い○ :一時、真剣にギターが弾きたくて、夫の指導の元に練習してみたが、コードも押さえられない。簡単な練習曲を数曲トライして挫折。ギタリストの偉大さを痛感した。歌いながら弾くなど、考えられない技!!

ピアノ → o :5歳から小学校高学年まで習っていた。今は猫ふんじゃったしか弾けないであろう。真面目にやっとけば良かったと今頃後悔している。ピアノは2年前に売った。今頃中国とかに売られて、弾かれているだろうか・・・

メガネ → ○ :裸眼で0.1ない。仕事柄、返り血浴びたりするんで、目を保護するためにコンタクトより眼鏡が安全。仕事してからは、殆ど眼鏡。

コンタクト → ○ :運動するとき。お出かけする時、たまに。眼鏡がなくても見える快適さは、いいのだけれど、あたしも昭仁と同じドライアイなので、14時間が限度。

テレビ出演 → ○ :小学校の時に学校が健康優良校で、冬でも半身裸で、休み時間にランニング、その後乾布摩擦をさせられていた。その模様が民放で流され、全国に上半身裸を披露したことがある。家に帰って、”映ってたよ”と言われてたが、しっかりピースサインなどして、いちびっていた姿を母に恥ずかしいと言われた。今思い出すと裸は恥ずかしい。しかし、誰の記憶にも残るまい。小学校2年生の冬でした・・・
大人になって、仕事で出たことがある。主役ではなく、ある先生が主人公の番組で、その先生が検査の結果を聞きに来て、顕微鏡見ながらお話しているところが映った。ノーメイク、解剖直後で、髪はばさばさ。映っていた、と言われ、ビデオを見て、何もこんな日に撮らなくても・・・と思ったが、夫は、”いつもと一体どう違うのだ?化粧なんてしてないやん、いつも。それに顔は全部映っていないし~。”と言われた。これも誰の記憶にも残るまい。通りすがりの人みたいなもんである。

北海道 → ○ :旅行、スキー、仕事と多分7回ぐらい行っている。スキー大好き。食べ物もおいしいよねえ。時々住んでみたい。 

沖縄 → ○ :旅行で2回。新婚旅行が沖縄でしたが、学生結婚で、なぜか夫の友達も(ま、同級生なんであたしの友人でもありますが)4人もついてきて、知り合いの先生の別荘とやらにタダで泊まる。しかし、半年に一回しか使わないコンドミニアムには、ゴキブリが!!前に使った人のごみの始末が甘く、阿鼻叫喚の世界であった。沖縄のGはでかい!!そして男連中は、いくじなしで、なかなか退治してくれなかった・・・
あたしも逃げまくりましたが・・・Gが絶対でなさそうな部屋を新婚ということで使用のはずが、他のやつらもこわいと避難してきて、結局雑魚寝。貧乏旅行でもわいわいできて楽しかったけれども、あれを新婚旅行とは認めないぞ!あたしは、一生(笑)

四国 → ○ :学生時代にクラブの試合で高知に行った。はりまや橋のあまりのちっちゃさに衝撃を受けたが、かつおのたたきは美味でした。

京都 → ○ :住んでいる。 

大阪 → ○ :隣だし、ライブに仕事に買い物に。夫の実家もあるし。

名古屋 → ○ :クラブの試合、仕事で。栄と会議場しか知らない。今度ポルノのライブで初レインボーかな? 

仙台 → × :まだ、行ったことない。言って見たいね。牛タン食べに。 

福岡 → ○ :仕事。今度ライブで行けるよ♪

漫画喫茶 → x :行った事ないが行ってみたい。

エスカレーターを逆走 → × :ない。自称常識人。 
 
フルマラソン → × :考えたこともない。 

10kg以上減量 → o : 高校生の頃。好きな男の子に太っているとからかわれショックでリンゴダイエット。2ヶ月で10キロ減ったけど、今度は拒食症気味になり、教室まで階段で上れなくなった。どんなに食べろと言われても食べられなかったのに、その男の子に、”もうやめろ!食え!太っているってもうからかえないやんか!”と言われ、風景はばら色になり、しっかり食べて5キロ元通りに。単純な女であった。

金髪 → × :仕事上NG.したいと思ったこともない。 
ピアス → × :金属アレルギーのため、恐い。ただれそうで。でもいつか空けてみたい気もする。
日本武道館 → ○ :ポルノライブで。30過ぎて、行くとは思わなかった。
横浜アリーナ → x :いつかライブで行く気がする・・・
ラヴレターをもらう → × :書いたことはある。5歳の時。相手が字が読めない、というオチ付きで。 

手術 → ○ :扁桃腺摘出、帝王切開。上記既出。

イヌネコを飼う → ○ :猫のジュンを実家で。19年生きたけど、昨年天国へ。まだ携帯の待ちうけにしている。会いたいなあ~。 

一目ぼれ → × :かっこいい、と思うことはあっても惚れるまではいったことはない。もう、一生知ることはないんだろね、この経験は。ちなみに服とか物は一目ぼれ、あるよ♪

幽体離脱 → x :ほんまにできるのならこわ~い。仕事柄、あの様子をご本人が見ていたら・・・と思うとぞっとするよお(T_T)

先生に殴られる → × :ない。普通の生徒だったし。 
 
廊下に立たされる → × :修学旅行で花札を持っていて、室内で立たされたことはある。立たすほどひどいことかなあ?トランプはいいのに。今でも解せない。

徒競走で一位 → o :足は速かった。小学校の時は特に。走るの好きだった。
リレーの選手 → o :小、中はいつもだいたい。高校で、もっと速い人がいっぱいいるのと体重増加により、普通の人になった。

2メートル以上の高さから落ちる → x :これからも経験したくない。

学級委員長 → ○ :小学校と中学で何回か。中学はやりたくなかったのに、好きな男の子がちゃかされて選ばれ、一緒に行動したいがために、男子の選挙の後に、”あたしやりま~す!”と挙手。その子を好きであることを数人の敏感な女子にばれた(笑) 別にどうなったわけでもないが、楽しい一学期間だったのは覚えている。よくしゃべったりできるしね♪

飛行機 → ○ :初めて乗ったのは大学生の時。離陸の時に、めちゃめちゃ緊張した。今でも、堕ちることが頭をよぎり、あまり好きではないが、乗れないほどではない。 でも、景色はきれいだよね。国内線、特にすばらしい。

ディズニーランド → ○ :好きだけど、子供が行ってくれなくなった・・・男の行く場所ではないらしい。あれほど喜んでいたくせに・・・ 次はいついけるかなあ?実は、もう一生行けないかもしれない、と思う場所の一つである。好きなのに・・・(T_T)

スキー → ○ :無理をしてでも、年一回は行く。妊娠していても行ってしまった馬鹿女です(^_^;)

スノボ → × :この年から始める気がしない。できる気もしない。怪我をした人のすごい腕や足、顔の骨の折りっぷりを見て、さらにできない。スキーも同じ、と言われるが・・・

異性に告白 → ○ :面と向かってしていないかもしれないけど、電話や会話の中で、多分それとなくしている。その場合は言う方が多かった。いらちなんで(笑) でも、唐突な告白は、多分一回中学でしたのみで、後は友達の延長線とかで。玉砕したのは、その唐突な告白の時かな~。あれは無謀だった(笑)

同性から告白される → x :共学育ちなので、そのようなことを周囲で聞いたこともない。女子校のそういうノリを聞くと興味深々である。

あほやね、あたし(笑) 
学生の時は何やってたんでしょうね?
ライブのおかげで色々行けそうですね。
[PR]
by minamipatho | 2007-01-30 23:30 | マイライフ
お誕生日
昨日は夫の誕生日であった。
いつもは、平日で、”おめでとう”と声をかけて、ちっちゃなケーキを買って、祝って終わり。
でも、今年は日曜日だから、久々に祝ってみようか、と思った。
ちなみに、あたしの誕生日はここ5年以上、覚えている限り、自分でケーキを買って、子供たちがケーキが食べられる日、というだけに留まっている。
夫からのプレゼントなど期待もしていないので、自分にプレゼントを購入している。
誕生日以外にも自分にプレゼントはよくしているが。

ケーキ。近くの結構おいしいと有名な店に行って予約してみる。
チョコレートのケーキが好きだというから、見るからにとってもチョコレートなケーキで15cmの丸型を買った。お店の人も勧めたし・・・
ろうそくなんて立てて、”お父さん、おたんじょうびおめでとう”のプレートもつけて、
歌を歌う。
何回も噴出しながら、お誕生日の歌を家族で歌った。
温かい、家族である。あまりの久しぶりな微笑ましさに笑いが・・・・
そして、ろうそくを消してもらう。
ふ・・・消えない(笑) 彼は病み上がりであった。
しかし、5本のろうそくの火が消えない彼の弱りっぷりに、ちょっとやばい気が。
このケーキ、食べられるのかなあ?

ところが・・・
いざ切ろうとしたら、”か、かたいっ・・・(>_<)”
チョコレートの板の層が異様に硬い。そして・・・崩壊(笑)
なんて硬いケーキ。そしてきれいな飾りはぐちゃぐちゃに。
冷蔵庫に入れなくていいじゃなーい(-_-;)
食べた。
甘い・・・・
うまかったのは3口目までだった。15cmの1/4はきつかった。
あの甘いもの大好きの子供たちですら、完食不可能。
夫が一言ぽつり。
”いつもと違うことするからだねえ。あのちっちゃなケーキでよかったのに。”
(;一_一)
そんな言い方しなくってもいいじゃん!ぶ~。
次から、いや、もう一生、ぷちケーキだ!君にわっ!(ー_ー)!!

プレゼントについて聞いてみた。
純粋にプレゼントしようという気持ちも半分(すでに純粋ではない)、次のあたしの誕生日への下心半分。
だって、自分へのプレゼントもいいけど、人から思いもしないものももらいたいじゃな~い?
で、それを見越して、調査。

やつは、ちょっとはにかみつつ・・・
”アンプがいい。”
”は?”
”アンプ。マーシャルの。”
はあ~?ギターのですかい?あのさびついたGibsonのギターを、うちで弾くつもりかっ!!!
100年早いわ~!!いや、20年遅いわ~(笑)
”そしたら、早く帰ってくるよ~♪僕。ま、お部屋に直行だけどねえ。あ、防音装置もね♪防音ガラスに変えなくちゃ。”
もはや、なんの現実味もない。あほちゃうか(笑)
彼のギターの腕は知っている。
お世辞にもうまいとは言えない。軽音楽部に入っている頃でさえ、うまいとは言えなかった。
あたしの渡した桜坂の楽譜を弾けるようになってからのたまってほしい。
中学生のように、じゃかじゃか好きなロックのフレーズのみ弾かれたらたまったもんじゃない!
しかもアンプで増強して・・・ひえ~。音楽好きの嫁になったとはいえ、聴きたい音楽を少ない自分の時間で聞いているのにい~。本気なの???

”それじゃあ、あったかい服。”
”何?それ”
”この間から冬のジャケットやスーツがないことに気がついた。それで風邪ひいた・・・と思う。”

この件に関してあたしは反論したい。
いつも、服がないと思うから、何か買おうか?と聞いてきた。自分や子供の服を買うついでにね。
でもいっつも、”いら~ん”って言ってたくせに。
この冬物バーゲンも終わる勢いの時期にそんなこと言われてもお・・・

しょうがないから百貨店に行った。
おしゃれな店など素通りして、ずんずん催し売り場に突き進む夫。
閑散とした紳士服売り場には、もう売れ残り感漂う地味なおっちゃん色の冬物ジャケットやスラックスばかり。
でも、その中から彼は、グレーの超個性のないカシミヤのジャケットを殆ど迷いもせず、
”これでいい”
安上がりな人である。こういうとこは好感が持てる。
でも、ちょっと着飾れば、ましな方なのに、相変わらず衣類に無頓着な人。
ちょっぴり、おもしろくなーい(笑)
ま、ブランド物の売り場に連れて行っても、女と違って全然楽しくなさそうだから、それでいいんだけどね。
で、自分の服もちょっと買って、帰ろうとすると
”アンプは?”

聞こえないふりして、笑いをこらえて、急ぎ足でずんずん帰らせてもらった(^_^;)

この、”アンプは?””アンプ、ほしいーよー”攻撃は実は半年前から続いている。
いつか、許可しないといけないのだろうか?
どこまで本気なのか、お父さん・・・・
ギターのことも、マーシャルの名前もポルノが好きになってからある程度、なんのことか理解できるようになったけど、
彼のギターを横でちょこんと座って聞いてあげるかわいい私では、もう、ない・・・(笑)

ねえ、ギターってアンプがあるとおもしろいの?うまくなるの?ないとおもしろくないの?(と彼は言うが・・・) うるさいよねー?きっと。
[PR]
by minamipatho | 2007-01-29 23:04 | 夫婦
女友達
昨日は、学生時代の友人5人でお食事会。
子供も連れてきて良いよ~ってことで、次男を連れて行ったが、子供が来ているか?と思いきや、みんな預けてきていた。
そう、おしゃべりは子連れだと集中できないからね。
でも、よく連れられていったことがあり、オムツ姿から彼を知る友人たちは、久々に会って喜んでくれた。あたしも人の子の成長を見るのは結構楽しい。みんなにちやほやされて、はにかみつつ、ちょっと成長して愛想笑いの術を身に着けた彼。
会話に割り込むでもなく、食べるだけ食べて、ちょっと大人のおしゃべりに聞き耳立てつつ、あたしの携帯電話のゲームで、必死に働きお金を貯め、家族や家を購入するシュミレーションゲームをしていたようである。

そして、あたしたちは・・・
学生時代の友達。卒業してからもう13年。1年に1,2回会うだけだけど、昔と全く変わらないあたしたちに戻る。

外国から帰ってきた友人は、なかなか大変な経験を異国でしつつも、それでも家族と楽しい時間を過ごせたことも事実、ってことで、日本に帰ってきて更に元気になり、相変わらず美人でゴージャスだった。着物にはまっている彼女の女を磨く努力を聞くと、あたしは、ポルノグラフィティにはまっているだけで良いのだろうか!?と30’sの自分をやや省みたりするが、数秒の後に、やっぱり肯定。(笑) あたしにはどんなにきれいな着物やアクセサリーよりも、これで元気をもらっているからね。

もう一人は、どうもベビーが出来たよう、と。37歳になっても、全然そんな風に見えない、まだ20代後半、下手したら学生といっても通りそうな彼女には、もういい年なのに、”母”とか”妊婦”な姿、称号が似合わない~!と全員で爆笑。とにかく生活感が全くない人なので、彼女が育児が出来るのか、心の底から心配である。生まれたら、しばらくお手伝い、監視でもして、いろはを教えなければ、とおせっかいな子育て中の友人一同、同意見であった。
もう、こんな失礼なことを言われても彼女も全く否定しないほど、学生時代から変わらないノリ。
でも、彼女の幸せをずーっと願っていたことも事実で、この知らせを待っていたから、非常に嬉しい。

あたしは、長男のやらかしぶり(先日の中間テスト、筆箱を忘れて、白紙、名前すら書かずに提出していたことが昨日判明。忘れました、貸して下さい、の一言がいえないんだね・・・でもそれでほっておく学校にかなり不信感・・・)、おもしろい発言などご披露し、次男のことはあんまり話すと隣で聞き耳立てていて、後で”いらんこと言うな”って言われそうですから、ひたすらポルノへのはまりっぷりを告白。福岡や石川まで遠征することに目を丸くされたが、そこには来ていない友人にGLAYファンがおり、彼女と同じや~!と笑われました。昨日、GLAYは福岡。当然彼女は参戦しており、Jiroと何度も目が合った~!とメールが来ていたらしい。友よ、心強いよ(笑)

行くまでは、色々ここ数日仕事が忙しくしていて、子供のことで目が行き届かなくって色々発覚したり、先週あたし以外が全員風邪でダウンしていたこともあって、家の中もなんか荒れ果てていて、なんかあたしも疲れまくりの一週間だったのだけれど、行ってよかった。

帰りのタクシーの中で、”OOちゃん、赤ちゃんいるんだね。結婚してたっけ?”(不倫とかではありません、念のため(笑))とか”OOさん、前と髪型が違ったね。あそこの旦那さん、、おもしろいから会いたかったな~”(2年前、お世話になった。よく覚えているもんだ)とか”OOさんとこの子供も、もう小学生か~。大きくなったね~”(お前、まだ小学4年生であろう!おにいさんぶりぶり)とか返答に困る質問(笑)や生意気な発言や、色々とよく聞いていて驚き、次回は絶対連れていかないでおこう、と固く思った。そんな鋭い聞き耳が立てられるのであれば、もうちょっと学校でちゃんと普通に先生のおっしゃることを聞いてきておくれ(T_T)
あたしは、なにかマズイ発言をしなかったであろうか・・・・(汗)
[PR]
by minamipatho | 2007-01-28 10:56 | マイライフ
ちょっくらよそさんに。
しばらくお留守にしていましたが、実はごほうび(笑)で、
ポルノ友達のえむさんのブログをこれまたそちらの企画;m-CABIテストで高得点をあげた16歳の少女A・Aさんと共にに”ブログジャック”なるものをしておりました。
人様のブログに自分の書いたものが載っちゃう不思議さ、交換日記、お題を頂いて記事を書くのは、自由題のこのブログとはまた違う楽しみ方が出来ました(^O^)/
かえって、書きやすかったかもしれません。
昭仁への愛も長々と書きまくりました。結構、前から聞いていたからちょこちょこ書いていたら、めちゃめちゃ長文になり、実は、あれでも大分削ったのです(^_^;)
妄想が爆走しておりまして、これは・・・さすがに・・・と(笑)

しかし、これだけお留守にしててもなかなかポルノの更新情報はないな~と思っていましたが、ありましたね、そう!!

僕らの音楽2で、スガシカオと競演!!

”黄金の月”をやるみたいですね。
この曲好きなん!!
あ~楽しみ。昭仁の声で、スガさんの好きな曲!
僕音のHPのスタッフの日記にはもう収録されたようで、コメントが載っていました。
昭仁とスガさんの声が似ているかなあ~?
でも、スガさんを大好きなアーティストと昔からインタビューなどで答えている昭仁にとっては、もし、これ、スガさんからお声がかかったのなら天にも昇る気持ちではなかったのでしょうか!?しかも、予告で”スガさんの大親友のポルノグラフィティ”とか言われてましたね(笑)。
いつ、大親友になっていたのか!?でも、この紹介のされかたも嬉しいはず!
ま、去年の11月にライブに行って、結構スガさんのライブも年齢相応な観客衆とともに好きになったあたしとしては、ものすごく嬉しい!
こー、自分の好きなアーティストがコラボしたり、リンクすると嬉しいよね。
ポルチルチーム(勝手にチーム呼ばわり。あたしも結構そうなりつつあるけどね、機長以来)
にはわかっていただけるはずっ!!
毎年年明けはメディア的には”冬眠”に入るポルノにしては、DVDも出すし、そんなコラボもしてくれるし、
ま・・・良しとしましょう!

今は、ポルノの二人は何してるのかな?曲作り、m-CAVIで全部使ったらしい(笑)から、
この時期は製作期間なんでしょう。
冬っぽい曲?部屋を熱くして夏っぽい曲?
ライブの構想練っている?
初日はちょうど2ヵ月後。
その頃は、もう春になっているんだね。。。そしてあたしも福岡(*^^)v
[PR]
by minamipatho | 2007-01-24 21:49 | マイライフ
出張
今日から3泊4日の東京出張。
さっきやっと新橋に着いた。
あしたから3日間、何をするかというと ”お勉強”。
3日間の講習会で朝から晩までずーっと講義を聞き続ける。

家族にお留守番してもらい、ご飯とか洗濯とか不自由をかけるけど、自立のチャンスだよ~~
とか都合のよいことを言って、ばたばたと出てきた。
今頃ちゃんとお風呂に入ったり、明日の用意してるかなあ・・・

勉強することの意味。
学生時代の6年間で、すべてを勉強してわかるわけがない。
あたしの今持っている知識、仕事をする上で使う知識は実は、卒業してから得たもの、知ったことの方がはるかに多い。
教科書通りにはぜんぜん行かないのである。

あたしの仕事の病理は病気の診断をする。
でも、患者さんは病院に行けば、正しい診断をされて、ちゃんと治療されて、元気で家に帰れることを望むし、それがあたしたちの仕事。
人間、それぞれ顔や体格、年齢、性格、生活環境が違うように、病気も人それぞれ。
こんなものオーダーメードでなくてよいのに、とってもオーダーメード。
同じ癌でも場所が違う、悪性度(癌のたちの悪さ)も違う、広がり方も違う。
それによって治療も違う。
あたしは、その病気がどんな性格かを、読み取る、気がつくのが仕事。
病気はそこにあるのだけれど、それに気がつけるか、どうか。
相手を知らなきゃ、こっちも戦えない。
でも、ホント、世の中にはたくさんの知らない病気がある。
だから定期的に脳内の情報を更新。
えーらい先生に新しくわかったことの教えを請わなくてはならない。

でもね、本を読むより、やっぱり講義を聞く方がわかりやすい。
学生の頃と違って、ご飯の種、と思えばやる気も違います(笑)
それによって、あたしが自分の仕事をちゃんとすることで、誰かの役に立てるなら、本当に嬉しい。

子供の勉強を見ていて思う。
彼らに、”算数が必要なのはわかる。買い物したりしないといけないもんな。
でも、連立方程式はなんのために要るの?”と聞かれると困る。
なんのためなんだろうね?

”栃木県とか群馬県とか、僕、関東地方覚えられへん、場所。
関西人やしなあ・・・
なんのために、この地名を今覚えなあかんの?
行かなあかんときに、地図で見たらいいやん。カーナビもあるし、電車や新幹線でいけるのになあ。”と言われると困る。
”お母さんも実は、多分、一回ぐらい覚えたはずやけど、行かないとこは忘れるねえ。”
(でも、ライブで遠征するかもしれんで~、と心の中で思う。)

受験勉強の勉強はなんのため?
もうちょっと大きくなったら、”忍耐強くなるため。要領よくいろいろできるための練習。目的に向かってとりあえずがんばる練習。”とか言えるんだけど、それでは納得しないな、かえって子供は。”そんなん勉強と違う!!”と本質を言われますからね。

そういう意味では、仕事の勉強は苦にはならんね。
でも、これに参加して、理解して、ノートとるためには、やっぱり勉強は要るんだよ・・・
あしたから、3日間、がんばってきます・・・
[PR]
by minamipatho | 2007-01-18 23:09 | 仕事
Naotoさん@Zepp Osaka
今年初ライブ~~!は、Naotoさん!@Zepp Osaka。
2ヶ月前にLucky Raccoon nightでデビューしましたZepp Osaka。
今日も相方はかくさん。
いつもお世話さまです。
ポルノ以外でばっかり、一緒に参戦してますなあ。
そして、お席はなんと最前列!!中央ブロックのやや右よりで、途中から立ち上がった時は1m以内にNaotoさんがいらっしゃいました。
金髪、白っぽい上下は、まさに王子。
色白で腕にムダ毛のないことまでわかってしまう位置。
しかし、こんなこと言ってはなんですが、Naotoさんのファンではありますが、
昭仁>Naotoさんな私。
思ったより落ち着いてライブに参戦致しました(笑)
ライブハウスだけど椅子もあるし、ゆっくり落ち着いた曲では座り、ややロック調では立って、手拍子。ノリノリで踊りまくってください!と言われましたが、とび跳ねるとこまでは行かなかったかな?でも、ワイパーは新鮮でした。
聴衆参加型パートあり、なが~いMCありの楽しい2時間ちょいでした。
まだ、ライブ行く方もいらっしゃるので詳しいネタバレは割愛しますが(曲名をあんまり覚えていないってのもあります(^_^;))

ただ、最前列ってことで、MCの時もなんか色々声をかける瞬間が・・・
”帰ってきました~”と言われれば、”おかえり~”
”初詣行った?” ”行ってない!!”
”僕のしゃべり、知ってる人!” ”知ってるう~!”などなど、よお声出してしまいました(笑)
また、お客さん参加タイムがあるのですが(一度Naotoライブに参戦したことのある方はご存知であろう。)、ある曲で、コーラスを会場が半々に分かれて歌うというもの。
そして、曲の演奏が終わってからも、ワンコーラス、客席のみで行い、ぴたっと終わるとOK,誰か一人でも、声を出したら、もう一度最初から、というコーナーがあります。
ちゅるちゅる、歌うのですが(Blue G参照)・・・
そこで、やっていただきました!かく姉さん!(笑)
最前列で、自身を持ってお歌いになって頂きました、”ちゅる・・・あ・・・・”
もちろん、彼女だけではなく、付近に数人いらっしゃいましたが、あたしは、お隣だけに爆笑。
かなり十分な声量でしたよん。
Naotoさんも視線はかくに・・・(笑)
みんなでにこやかに、もう一度やり直し。
でも、ブルーノートでも一回やり直しました、確か。
一回ではちょっと物足りないから、良いでしょう。
2回目にはぴたっと止んで、これはこれで気持ちよかったですよ♪
このグループ分けの時、最前列の真ん中ブロックの人数を数えるのですが、あたしは真ん中ブロックの端だったので、Naotoさんに、"1"と数えられました(>_<)
ありがとう、かく。

また、サポートメンバーに哲郎さんon guitarとドラムにまた、あたしの結構好きな”たかし君”
Naotoさんを見つめる時がもちろん多いわけではありますが、あたし結構、たかし君もガン見でした。彼がかっこいい(あたしにとって)のもありますが、ドラムっておもしろい!!
両手、両足使って、めちゃめちゃ器用だなあ、と感心も致しました。
前の方だと、楽器の演奏の指もよくわかります。
Naotoさんの目まぐるしく動く左手と、高低、休みなく動く弓。
圧倒されました。
哲郎さんのギターもすごかった。
ちょびっとだけ、自宅で夫にギターを教えてもらって、コードもうまく押さえられない落第生のあたしには、あんなにアコギでも、エレキでも引けちゃうギタリストは、同じ人種とは思えない。
ちなみに哲郎さんは、昨日は平井堅氏のライブにも参加されていたみたいです。
他にもベース、キーボード、バイオリンもう一人、とブルーノートより、やや大掛かりでした。
MCは相変わらず、しゃべりまくり。
何をしゃべらはったか忘れるくらいです。
のだめの話、千葉真一の”影の軍団”の話(知っている人はアダルトチーム)、昔の8人しかお客さんのいなかったライブ(そのうち3人はNaotoさんが呼んだ知り合い)、自分のツアーグッズの宣伝(抜け目ない)、子供の頃の話(2歳半からヤマハに通う。めちゃめちゃかわいらしく、知らないおじさん、おばさんがかわいいから、と結婚式の引き出物のケーキをくれた、よお考えたらもろたらあかん、危ない。自分のかわいさのピークは4歳。ちょっとした子タレ(子役タレントの略)になれたと、思う、おむつとかのCM行けたで~、ってオムツ4歳でしてたら、あかんやん!”等など、どこをどうやって広がって行ったのか、思い出すことさえ不可能なくらい長くてよおしゃべるMCは健在でした。
某ポルノボーカリストに爪のあかでも煎じて飲ませてやってください。
流暢すぎ(笑)、そして、大阪のおばちゃんみたいで、なんか仲間みたいでした(笑)

楽しかった~~。ライブはやっぱり良いですね。
早く3月よ来い!
[PR]
by minamipatho | 2007-01-14 00:54 | 音楽
Crazy for you @京都
We will rock you から一日おいて京都の劇団四季劇場に行きました。
私は、実は京都劇場、はじめて。
京都駅に隣接しており、近畿圏内からは非常に便利なところ。
一度は行って見たいと思っていたので念願かないました(^O^)/

劇団四季の会員には去年なりましたが、自分で日も席も選べるし、割引もあるし、
会員となってよかったなあと思うメンバーシップ。
行きたい日にエントリーができない、ということも千秋楽とか特別な休日を除けば、そんなになさそうなので、ミュージカルに行く回数が多ければ、非常にお得でございます。

さて、Crazy for youは、当たり前ですが、全部日本語。ストーリーはホームページを見れば、大体わかる感じですが、ラブコメディーで、舞台はちょっと古きよき時代のアメリカ。
ダンス好きの銀行御曹司とネバダ州(グランドキャニオンとかある砂漠)のデッドロックという田舎の気の強い娘のお話。
すごい、楽しかったです!笑いもダンスの迫力もこれまたすごい。
衣装もきらびやかで、最後は宝塚歌劇団を彷彿とさせる豪華さで、圧倒されました!
どのミュージカルも今まで行ったのは好きですが、ダンスの華やかさはすごかった。
タップダンスが結構多いのですが、リズムを聞いているだけで、楽しくなります。
演者の方も芸達者。
あたしは、まだ劇団四季の俳優さんを名前を覚えるほど知らないのですが、さすが老舗!と思わせる舞台。
ほんの数秒の暗転の間に、たくさんいた人が全くいなくなったり、セットががらっと変わるのに、プロを感じました。
出演者もたくさんいるのですが、それぞれが小ネタのようにやっている動作を拾うのに必死(笑)
見た後、”もっかい行かなあかんわ!”と相方の夫に申し出て、呆れられてしまいましたが。
こういう何にも考えず、とにかく楽しめるミュージカル、本当に好き。

でも、短期間にちょっと行き過ぎ?(苦笑)
We will rock youの感動とごちゃまぜになりそうです(汗)
ま、空いている日に何も考えずに予定を入れるからですなあ・・・

ちょっと2月はおとなしくして3月の福岡遠征に体力、気力を貯めないと。
[PR]
by minamipatho | 2007-01-10 21:28 | 音楽
We will rock you@大阪
今日は、 We will rock you@梅田芸術劇場に行ってきました!
ポルノがおととしだったっけ?3年前?イギリスまで見に行って、特番にも出ていましたよね。
私が最初に洋楽の洗礼を受けたのはQueen。
今でも大好きだし、ライブのDVDのフレディのちょっと奇抜な衣装、パフォーマンスは突っ込みどころ満載で、ポルノDVDとはまた違った元気の素。
自転車乗ったら、”ばーいしこ!ばーいしこ!”と頭の中で流れるし、戦闘モードの時は(どんなとき?と言われると、ここでは言えない(笑))We will rock you が流れるし、Hammaer to fall.は未だに、私の中の洋楽一位。その他にも Fat bottomed girl, 手を取り合って、Love of my life.など好きな曲をあげだしたらきりがない。
実はポルノとあたしに中では共通点がある。
まず、曲の多彩さ。ロックだけど、オペラになったりアカペラになったり、フォークソングみたいなんがあったり。理由はメンバー全員が作曲をし、それぞれの特徴が出るから。
次に圧倒的な歌唱力。あたしは、声フェチ。うまい、下手ももちろんあるけど、声が好きなアーティストにめちゃめちゃはまる。それはメジャーな人だったり、違ったり色々ですが、フレディのすごい声量の歌声には、参ってしまう。小学生の時初めて聞いて、意味もわからん英語やのにすごい衝撃を受けて、こづかい貯めて、Queenのベストのテープを買ったのが始めてのアルバム。何回も聞きすぎて、テープは伸びて聞けなくなって、もう一度買いなおしたほどだった。そして、昭仁の声にも参っている。何回聞いても大丈夫はCDとiPodよありがとう。
とにかく、すごいシャウトなどされたら涙が出そうになる、二人とも。
ということで、今回すごい見たいミュージカルがやっと関西に来てくれました。
アミューズさん、ありがとう。

今回も相方は夫。
午前中は仕事に行った夫は、私が言うのが年末で、歯医者の予約を入れており、歯の痛み優先!ってことで、泣く泣く遅れてくることになり、私は一人で会場に向かう。
チケットには1階4列32番。e+で秋ごろ取りました。
うわ~4列目?ミュージカルはもうちょっと後ろの方が、全体が見やすいのになあ・・・
と思ってましたが、今までe+で取ったチケットは殆ど2階後方、3階席後方(一番後ろの端っこだったこともある)が多かったので、ま、それよりは良いか・・・と思っていた。
会場に着いて、座席を探す。前から4列目のあたしの席に誰かが座っている。
ちょっとお~、よく見てよお~、おじさん、と思ったら、見ていないのはあたしだった。
そこの列には7-32と書いてある。
へ?なんで4列目やのに7列目?
と思い4-32に行くと、そこは、

最前列、中央 (-_-;)

ポルノのライブなら狂気乱舞するであろう。
なにせ、ずーっと昭仁のお向かいだよ。
でも、これはミュージカル。しかも字幕は、両サイド。
どう考えても、演者と字幕を同時に見られない!!(T_T)
この日本語訳は、森雪之丞さんが訳されているが、英語のセリフを凌ぐおもしろさ、と聞いていたので楽しみにしていた。英語の歌詞はうろ覚えだけど、日本語としての意味は、めちゃめちゃ我流だったので、ちゃんと訳を知りたかったのに~。
そして、隣は空席。後ろの人が、”最前列が空いてるね~”と話しているのが聞こえて、心の中で”すみません、ちょっと遅れてきます。すみません。”と思いつつ、この驚愕を夫にメールして、いよいよ始まる。夫は15分遅れでなんとか着席。最前列に驚愕していた。
ちょうどグラマラスなおねいさんたちが、半裸状態で踊ってましたからね、1m先で(笑)

こっからネタバレありま~す。
読みたくない方は読まないでね。



ミュージカルなので、ストーリーは複雑ではない。
はるか未来。人間は全て記憶を消され、コンピューターで管理され、音楽は禁止。みんな、統率された思考を植え付けられて暮らす。
しかし、その中で、そういう管理からはみ出る人間約2名。
抹消されたはずの古いロックミュージシャンの名前が頭に浮かび、メロディーが浮かび、歌詞の浮かぶ主人公ガリレオ・フィガロと、みんなと一緒は嫌!と自己主張するスカラムーシュ。
この名前はQueenのボヘミアン・ラブソティの歌詞に出てくる名前?フレーズなんですけどね。で、仲間に出会い、圧力に耐え、ついに敵の女王、キラー・クイーンを音楽でやっつける、という、ちょっぴりマトリックスを思い出してしまうストーリー。
音楽は、もう(>_<)っとなっちゃうくらいQueenの曲だらけ。
あんまりセリフは多くなく、英語も比較的短く、わかりやすかった
というより、Queenの曲の歌詞が妙にストーリーとマッチしていて、まあ、そういう風に作られているんだけど、ミュージカルにこんなに合う曲だったのか~~!と驚きまくった。
そして、時々チラ見した雪之丞さんの歌詞・訳は抜群!会場もうけてました。
あの短いスペースに凝集されたセンスあるセリフ。結構、英語で遊びも散りばめられているし、卑猥なセリフも混ざっているのに、それを程よく(笑)やらしく、とってもおもしろく表現されている。瞬間、瞬間、それに感動して舞台を見るのを忘れそう。最前列がこんなに恨めしく思ったことはない(笑)
映画のセリフの翻訳とはまた違う、彼の言葉で表現したニュアンス。
それは、セリフも超えて雪様の作品になっている!と思うほど。
この点に関しては、もう一度、遠くの席で見直したいくらい、切に。

しかし、最前列のよさもある。
俳優さんの微妙な表情も汗も迫力のある踊りも、そして歌声も。
ものすごっ近い!
グラマラスばでぃーの胸の谷間がそこら中に。
足を上げれば、パンツも余裕で見えてしまう。
おへそも形までしっかり見えてしまう。
最初は、ちょっと目のやり場に困ったのに、慣れればおっさんのようにかぶりつきで関心して見てしまいました(爆)

そして、昭仁もこのWe will rock youのパンフレットにコメントを寄せていましたが、彼の言うとおり、歌が圧倒的だった。どの役者もすごい、うまい。
あのフレディの強烈な印象がどの歌にも植えつけられているのに、それをも舞台の上では、超える、ミュージカルの中の彼らの歌、になっていた。
マンマ・ミーヤの時も思ったけれど、知っている曲がモチーフとされていると、すごくミュージカルって入りやすい。一緒に楽しめる。初めて見たのに、何度も見ているような錯覚さえ覚える。
スピーカーからも生の目の前の役者からも声が聞こえて、圧倒されたし、すごく幸せな時間だった。

あと、ちょっとうるっと来たポイント。
このストーリーでは、Queenだけでなく、30代、40代の洋楽ファンなら誰でも知っている有名なアーティストの名前や曲や歌詞が散りばめられていて、宝探しみたいな感覚?
あ~今のはあれだね!とか懐かしい名前が出たりする。
それに気がつくのも楽しみの一つだけれど、亡くなってしまった偉大なミュージシャンの写真が背後のモニターに出てきて、彼らへの思いを歌う場面がある。
ジミー・ヘンドリクスやジョン・レノンに混じって、日本バージョンとして 元Xのhideと尾崎豊の写真、そして最後にフレディ・マーキュリー・・・・ここは、なんかうるっと来た。
日本のファンへの気遣い、Xも尾崎豊も聞いていた世代のあたし、そしてフレディ。
なんかね・・・ここは来たね。歌っている彼女もちとうるうるしている様な演技?本気?の表情だったから、もらい泣きしてしまった。 曲はいつまでの残り続けているけど、彼らはもう、いないんだね・・・。

最後は総立ち。We will rock youを手拍子したり、ペンライトで盛り上がったり。
あたしはペンライト買っていなかったんだけど、後ろみたらみんな購入していた。
お約束だったのね(-_-;)知らなかったわ。
ま、最前列、ペンライトしても意味がないくらい、ライトもスモークもかぶっていましたからね(笑)
ま、とにかく、発散しました!!感動しましたよ。
まだ、当日券も買える感じだったし、機会があったら行って見たい、
字幕と演技が一緒に楽しめる席で・・・とまたまたないものねだりの私でしたが。

昭仁の感じた感動を、今日、共有できたのでした、うふ。
[PR]
by minamipatho | 2007-01-06 22:20 | 音楽
新年に思う。
年末年始にスキー旅行と人に聞くと、今までうらやましがってばかりいたが、旦那の当直が奇跡的に31日の朝までで、年始はなし&あたしの同僚が、今年夏休みをとってなかったことを配慮してくれてお当番を代わってくれたので、久々にお出かけできたわけですが・・・・

行っといてなんですが・・・・

今年は、お正月って、あったのでしょうか!?

まず、帰ると家に食べるものはない。
みやげのつもりで買ったラーメンや適当に買ったカニ(なんか空港で無性に欲しくなった)は、どなたへの自慢の種になることもなく、家族の胃袋へ。
しかも野菜はなし。

そして、おなかをとりあえず一杯にしたら、見てみぬふりをしていた旅行かばんが嫌でも目に入る。
冬物はかさばる。
スキーウエアはかさばる。
スキーグッズはかさばる。
あたしが用意するとあれも、これもと入れてしまい、冬に関係なく大荷物になる。

そして、いつも思うことであるが、なんで日本のホテルにはコインランドリーが付いていないのだろう?アメリカは結構上等のホテルにもコンドミニアムタイプの部屋とか長期滞在タイプだと、絶対部屋に洗濯機がついていたし、普通のホテルでも近くにあって、洗濯できた。だから長期の旅行も出張もね、3日分で下着は十分だった。家族が一緒の時は本当に助かった。
そりゃね、リッチな人はクリーニングを使えばいいでしょう。
しかし、下着や靴下は?それまでクリーニングかい?
ある知り合いのお嬢様に聞いたら、いつも使い捨てと・・・
え?使用済みパンツ、捨てるの!?その方が行儀が良いとは言えない。りっちでも。
でも洗面所やお風呂場で洗って、脱水も不十分に絞ったものは、なかなか乾かない。
い~つも生乾き。その上、女性もの下着がいつも目に入る状態にあるのは、旅行中の非日常的な暮らしの喜びから、一気に日常以下へと成り下がる・・・
夫や子供たちはあんまり気にならんようではあるが、あたしは、この洗濯物を洗おうか、それともまとめて、帰ってから洗っちゃおうか、で旅行するといつも悩んでいる。
でも、今回は風呂場は、ぬれたスキーウエアとかの乾かす場所になり、干す場所はもうない。
やだな~~と思いつつ、汚れ物3.5日分を持って帰った。
現在もまだ、洗濯機は回っています。
残りもあります。
昨日夜から数えて4杯目です・・・
昼間洗濯できない兼業主婦にはつらいっす。
ちゃんと留守にした日にち分は、取り戻していますな・・・

そして、今日は初仕事。
いつもは、お雑煮食べて、おせち食べて~、年賀状読んで~初売りとか行って、親戚づきあいして~とごく標準的な正月を過ごし、いい加減だらけた生活にも嫌気がさして仕事に向かう。
しかし、今回は違う。浮かれ気分で、朝からばたばたして出発し、国内といえど、本州出れば、ある意味、海外(笑) 移動だけで大喜びし、雪景色に大喜びし、スキーしまくって、子供たちもうまくなって、筋肉痛、青あざつくり、温泉にもつかり、上げ膳据え膳で、運動していたはずなのに帰ってきたら約2.5キロも太って, 帰るのにまた移動してぐったり夜に帰宅。
全然だらけた生活をしていない!!むしろ普段より動きまわり過ぎている。
気持ち的には、むしろ社会復帰などとんでもなく、どっかで、じ~っとしていたいぐらいなのに、

もう、仕事?へ?仕事なの?
と不思議な気持ちで今日、初仕事を迎えました。
正月でもなんの変化も飾り気もない職場のおかげですぐに気持ちはお仕事モードに戻れましたが、出勤前は、ちょっと登校拒否の子の気持ちがわかりましたな(-_-;)

帰宅して、晩御飯は何を作ろうか?と考えて、”お雑煮”にしてしまいました。
あたしはね、関西風の白味噌のお雑煮、すごい好きなんです。
かしらいも、ってでっかいおいもも大好き。
その土地で色々あるだろうけれど、北海道のホテルで出たおすましのお雑煮は関西人のあたしにとってはお雑煮ではない。
主人はおすましの家庭で育ったし、子供たちはもちであればなんでもいいやつらなので、喜んで食っていたが、あたしは、やっぱり白味噌のが食べたい!!
そう、家族の為でもなんでもなく、自分のためにお雑煮でした。
もうスーパーでは明らかに残り物感漂う片隅にある雑煮大根やこいも。
普通棚に一個だけ残っていた白味噌。
年末には山と積んであった丸もちも、全然特価でもなんでもなく、普通料金、普通の棚に明らかに残り物な感じで陳列。
みんなはすき焼きセットや、鍋セットを買ったりしてお正月用品からなるべく遠ざかろうとしているのに、人々と逆行?ものすご遅れて、正月準備をしている人約一名でございました。
おうちに帰って、こいもの皮剥きながら、あたしは何やってんだろう?とか思いつつ、4日からお正月の準備、してしまいました。
お味はおいしゅうございました。やっぱり、白味噌のお雑煮大好き!!
ただし、大根には”す”が入っていたし、こいもも結構痛んでいました。
世の中の主流には乗っておくほうが良い、特に食べ物。と学びました。

さて、これからすることは・・・元旦からの新聞読みます。
遅れた分を取り戻せるのは明日か?あさってか?

今年の年末の話をするのもなんですが、次はプレーンな正月を迎えよう・・・
ご褒美、いつもと違うことは時々でいいな・・・と小市民のあたしは思うのでした・・・。
[PR]
by minamipatho | 2007-01-05 00:07 | マイライフ
ただいま戻りました!
あけましておめでとうございま~す。
2時間ほど前に帰宅しました。
遅ればせながらの更新ですが、今年もマイペースでぼちぼち更新していきますので、よろしくお願い致します♪

北海道は、天気も良く、ニセコの雪は滑りやすくて非常に楽しゅうございました。
体はあちこち痛いが、これも楽しかった遊びの名残。
こういう痛みは全然苦になりませんね。
それより明日から仕事!ってのが・・・お仕事モードになれるか心配です。脳が、体が、精神が・・

遅ればせながら紅白感想・・・
北海道でも、これだけは見ようと、オープニング、ポルノ前後、そして最後だけ見ました。
まず、あの鳥羽一郎のウルトラマンとの共演!?の曲紹介で、背後でにやける晴一君発見。
なんか嬉しそうで、笑ってしまった。そっちに気が行ってばかりで、鳥羽一郎は全く見られていませんでした。
昭仁は顔の一部しか映っていませんでした。多分どのようなリアクションをしてよいか、わかっていないでしょう・・・

そして、いよいよポルノの番。
なんで、トークなしで、ファンの方が映るの?いや、いいんだけどね。
おしゃべり苦手だからこうなったのかな?う~ん、肉声が聞きたかったが、まあ良い。

金ぴかの演歌歌手のような衣装で、昭仁登場。笑いました。
うれしそうな表情!昭仁の浮かれている様子に和みました。
晴一を紹介したり、楽しそうな表情。
いっぱい、いっぱいの初登場の頃に比べたら余裕もあって、なかなか素晴らしい!
サポートは本間さんとベースはもしかして亀田さんだったのかなあ?
いつもと違うメンバーでしたが、またそれはそれでよかった。
けど、いつものメンバーがやっぱりいい気もする。(どっちやねん!)
とにかく、楽しそうな笑顔が見られて、それで十分だよ、あたくし。
最後、DJ OZMAと晴一君は肩組んでましたね。今、話題の人と(笑)
その表情もよかったし、去年のことを思えば、ミュージシャンとしての正しい参加具合だったのではないでしょうか(笑)

と、まあ、愛しているので褒め言葉しか出てきませんな(^_^;)

明日から、ほんまに仕事にいかなあかんの?はあ~~。
がんばろ。
[PR]
by minamipatho | 2007-01-03 23:36 | ポルノグラフィティ

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧