PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
会合&ツアーファイナル
あしたは、関西婦人会+出張で大阪に来ているえむちゃんで、恒例の(って、まだ二回目ですが)会合してきます。
周囲をドン引きさせるかもしれない、ポルノの話ばっかりのテンションの高い話を前回繰り広げましたが、今回も多分そうなるでしょう(*^_^*)
全国お仕事ツアーの終わったえむちゃんと先週京都に行ったばかりのあたしら。
おかしい、に決まっている・・・

そして、明後日は大分へツアーファイナル、行ってきます!
一泊で、無理やりな温泉巡りもしてこようかと思ってます♪

あたしも2月、講演三つあり、それ以外の通常の仕事もなかなかの大変ぶり。
ほんで、残りは遊ぶわけで、ものすごい早く終わりました。
平日は、めちゃくちゃ忙しかったけど、合間のポルノがとっても良い気持ちの切り替えになり申した。
多分、なんとか気力が持ったのはこのおかげ。感謝、感謝。

色々あった2月でしたが、あしたから、春になるのですね♪
[PR]
by minamipatho | 2008-02-29 22:02 | ポルノグラフィティ
Heyx3 &つるべさんラジオレポ
Heyx3,見ましたか?
面白かったね~~!!あの形式、今までで一番良いわあ。
Mすて方式ですが、ダウンタウンのお2人がちゃんとポルノ2人に振ってくれるし、彼らに後ろなんで、他のゲストのトークでもよく映ってましたね♪
手腰君の詞への批評の、”どM"発言もちゃんとつっこめていたし、晴一は他の番組ではほぼ無言だったのに、ここでは、手腰氏への批評、ホテルの有料放送ネタ(ライブでもしていたけど)など生き生きとしゃべっていらっさったし、Perfumeの時は、体をよじって爆笑していらっさった。
昭仁ラバーのあたくしでも嬉しかった(*^_^*)
そして、昭仁は、まあ、気が付かれなかったゴルフ場ネタはライブでもしていましたが、あたしとしては、Perfumeの事務所の先輩、と紹介され、”なんかすいません”がツボでした。
末っ子の昭仁氏が、お兄さん?いやおじさん?お年玉あげちゃったりもしてすっかり、大人になっていますが、Perfumeのおかげ?今回は自然に、ツッコミも受けるのも出来ているじゃないですか!
全部持っていかれた!って言うからどんなんかと思いましたが、保存版と思いました♪
他のゲストさんのトークも面白かった。NEWSはメンバー全員が話すの初めて見た。
名前もわかったぞ!
ファンキーモンキーベイベーは、あのDJケミカルさんに対して、あたしも山下君と同じ疑問を持ち続けていましたが、解明されてよかった(笑) あのメンバーの後の2人があまりに良い人で、ケミカルさんがインパクトありすぎて、印象に残りました(*^_^*)
歌のぶちぎりはちょっといただけませんが、あのトークだけで満足です。
Perfumeのあーちゃんはすごいね~。新しい(笑) でも歌もかわいいし、女性から見てもかわいこぶりすぎるわけでもなく、でもとってもかわいく、曲もなんか懐かしいテクノポップで好きです。アルバム買ってしまいそう(笑)

あと、表題の鶴瓶さんのラジオ。
On airは関東だけだったようですが、ニコOコ動画で、発見!一時間以上もあったけど、聞き応えありました!というか是非聞いて欲しい! 会員じゃなくても聞ける時間があるので、ポルノグラフィティと鶴瓶で検索したら探せると思います。
かいつまんで書けば・・・
鶴瓶さんがまず、めちゃめちゃ昭仁のリードがうまいのです。
もう、それに尽きます。すごい深い話までしていたよ。
1.紅白の件
ポルノグラフィティを連呼してくれたことに昭仁感謝。そして鶴瓶さんも、昭仁が歌の終わりに、ポルノグラフィティでした!とまとめたことに、”きれい!”と絶賛。ファン、絶対喜んでるで!と。鶴瓶さんは、毎日放送の西アナウンサーに、ちゃんと小さい”イ”を読むように指導され、NOKはどうでも良いが、初対面の方の名前を間違うことは失礼だと思ったので、必死やった、と。昭仁は、”もう、どっちでもいいんですよ”という気持ちも込めて、うやむやにしたくなかった、と。
ええ、話。でも紅白は特別。鶴瓶さんの親は、今までTV出てきて一番喜んでくれたわ~。紅白ってやっぱり特別やなあ。でも、ポルノグラフィティは、紅白出ることに抵抗なかったのか?名前からして・・・・(どうも、なんかロック系バンドは色々ポリシーがあり、出るのはいやだったのではなかったか?という意味) という質問。
そこで昭仁は、”僕らはあんまり何も考えないんです。細かいこと考えず、声かけてもらえたのだから出よう!って。でも、ライブに親子連れや、お年寄りが来てくれるようになったり幅広い年齢層に聞いてもらえるようになったのは紅白のおかげだと思うんで、とても有難いこと。これからも声をかけていただける限り出たい。”と。これを聞いて、鶴瓶さんは偉く感心していた。大事やね、そういう気持ちは。大人や!と。なんか褒めてくれるんですよ、うちの昭仁を(涙)
2.デビュー・ポルノについて
鶴瓶さん、めちゃめちゃ曲の下準備、予備知識を備える。この日の選曲は、ハネウマ、音のない森、休日、あなここ。ね?渋いでしょ?で、こんなええ曲かけるのに、ってこの、a.k. hommmaって誰?と。この後、えーけーほんまをものっそい連呼。
いくつくらいやの、えーけーほんま。
プロデューサーなん、えーけーほんま。
曲まで作って、でしゃばりすぎちゃうのん、えーけーほんま。
と、ひやひやする連呼の後、ええ曲、書くなあ、えーけーほんま。
と綺麗にまとめる。で、鶴瓶さんは、a.k.honmma の書くサビは、一回で耳に残るね~といきなり真髄。ほほ~その通りです。
で、普通なら聞きにくい質問を昭仁に。
”最初、プロデューサーが曲を書くの、かなんことなかったん?”
ひえ~~!!しかし、大人になった昭仁、そして話しやすい雰囲気に、とっても正直に話す。
”最初は確かに抵抗がありましたけど、僕達はデビュー曲がなかなか出来なかったので、書いてもらおうと。やっぱりたくさんに人に知ってもらいたかったし、売れたかったから。でも、人が作ってくれた曲には発見がたくさんあって、こんな声が出せる、こんな歌い方ができるんだ~!とかわかったりもして勉強になる。”と。この受け答えを噛まずにできた昭仁も素晴らしければ、その後の鶴瓶さんも。”偉い!なかなかそういう風には最初から考えられない。きっとご両親が素直に育てはったんやなあ。で、そうやっていくうちに、自分でも書いておられることに繋がっているでしょ?落語も一緒。人に言われてやった演目が、自分には合っていたことがあるし、そういう経験が自分の創作落語にもつながる。歌手の高橋真梨子さんも、最初は人の曲を歌っていたが、そのうち、全部自分で作詞、作曲ばっかりになってん。そうやって、経験して、色々吸収して、いいものが書けるようになるんやなあ”
それから晴一さんって、どんな人?と鶴瓶さん。
どんな人に見えますか?との昭仁の問いに、鶴瓶は、なんと晴一のことを、”Xのあの~ピアノ弾いてる人!、Yoshikiさん!!”
このお答えには苦笑致しましたが、きれいなお顔繋がりということでしょうか?
才能があるということでは、両者ともあたしから見たらすごい!けど。
で、昭仁の答えは・・・”ふつ~です。ふつ~の因島の田舎者です。”と。
もうちょっと言い方があろうが(笑) ま、照れ隠しなんでしょうけれど、ここも素直に晴一のこと、なんか語って欲しかったな~。
3.デビュー前の話。
ポルノの結成のきっかけを聞かれて、晴一がバンドをしていて、自分の彼女がそのバンドのボーカルで、自分もコーラスに入ったのがきっかけと答えたら、驚くことに、鶴瓶さんは、”あのねのね”のメンバーで、奥さんがその時”あのねのね”のボーカルだったと!!似ている!と。
”あのねのね”・・・とってもアダルトチームのあたしも、全盛期はすごい子供だったので、”赤とんぼ”の歌もなんかうろ覚えですが、”ヤンヤン歌のスタジオ”だっけ?書くのも恥ずかしい題名ですが、たのきんトリオが全盛期に番組の司会をしていた方々ですね?でも、そのメンバーだったとわ!それから、二丁目劇場でお笑いの間にライブをしていて、なんとかお笑いを見に来たお客さんを食って帰ろうと、三点倒立して登場したこともある。今もやっていると。それを聞いて鶴瓶さん、またまた感心!そうかあ~、それがあのポルノグラフィティに繋がってるんやね!と。そこで、いい話を鶴瓶さん。後輩のある芸人さんが、ダウンタウンの前座に出る。ダウンタウン目当ての客は一向に見ようとしないが、その状況を彼は凹まず、逆に楽しみ、かばんのマスコット?人形をいじる芸、膝に人形の顔をつけて腹話術を編み出す。今では世界中をその土地の言葉で芸をして回っている、と。それを聞いて昭仁もいたく同意。そういう”折れない心”って大事ですね。と。
ここ、”折れない心”って言葉がすごく残った、心に。話す鶴瓶さんも、受けて、とっても素直にいい言葉、自分の言葉を話す昭仁。 とっても聞きごたえがありました。

もちろん、おバカな話もあり、昭仁が大声で”あははははは”って笑ったりもするんです、何度も。ああ~聞いているだけで、シアワセ♪

ま、他にも一杯、いい話がありました。
鶴瓶さんは、自分の経験も交えて、ほんまに昭仁にいっぱい話しをさせてくれました。
全部は書ききれないけど、是非時間があれば、どうぞ♪(ってあたしがUP主でもないが、うp主さんには感謝、感謝です。コメントもニコ動っておもしろいね。)
かく、教えてくれてありがとう>私信
[PR]
by minamipatho | 2008-02-27 21:01 | ポルノグラフィティ
ポルノグラフィティ@京都会館レポ(途中からネタバレ)
さっき宴会も終えて帰りました。
今、ANN真っ最中ですね(^^ゞ
あたしは、例の如く、駐車場の車でラジオ録音なので、今は興奮しまくりの京都レポを覚えているうちに~。
は~あ。かっこよかった・・・・
近かった・・・・
楽しかった・・・・
汗だくになった。
ライブ後のビール&天むすがうまかった

京都会館は、ライブ30分前に開場なのに、グッズは中でしか売ってなくて、慌しかったです。
ポル友のかんな、こあ、かくと中に入るも会った時から、4人はハイテンション。マシンガントークでしたね(^^ゞパンフレットのNewバージョンを開演10分前にgetして中へ。

なんとお席は、4列目の根岸さん前!!!
京都会館は、いわゆるちょっと”いけず”な会場でして、最前列は33列、最後列は1列という逆になった会場。昔、32列目で凹んで入ったらボンジョビ2列目、その一方で、結構ふつうならテンションの上る3列目という表示が、ものすごい後ろという屈辱を味わった場所でしたが、このチケをファミリーマートで発券したとき、”30列”という微妙な席順を見て、しばらく考えて、思いっきりにやけて、ファミマの店員さんに、いぶかしげに凝視されたわけです。
で・・・やっぱり近い!距離はライブハウス公演@大阪の方が近かったと思われるが、何せホールですので、前列との距離があるし、混みあってないし、男子が斜め前にいたので、警戒しておりましたが、立ってみたら、昭仁の全身が見えました!!
水色の昭仁のカルバンクラインのパンツも晴一の黒いカルバンクラインのパンツもちゃんとロゴがはっきりわかる場所でした(笑)
近さとかっこよさに足が振るえ、横のかんなとアダルトらしく、小声で、しかし心中はめっちゃ動転するほど喜びました♪

ってことで、こっからはネタバレ炸裂です。
ホールツアーまだで、見たくない方は、我慢しておくれやすう~m(__)m






































セトリは、今回初のPlease say yes~から始まるAバージョン。
ライブハウスツアーでは鯨をやった方です。
しかし、今回は、セトリはちょいと変更になり、鯨は消えて、あなここ、ホールが入っておりました。お~鯨聞けずジマイ(T_T)
ミュージックアワーはいつものバージョンに戻っておりました。こっちがやっぱり盛り上がるかな?
それから、アンコールでは、3曲♪となり、なんと新曲の”ギフト”とセンラバ、そしてジレンマ、となっていました。だから、ライブハウスツアーより2曲増えたのかな?
恐らく、倒れる恐れがないからでしょうか?観客が。でも、6時半ー9時すぎの二時間半でした。

衣装は、昭仁はストライプのジャケットにTシャツ、十字架、晴一はグレーのジャケット。この晴一のジャケット姿がかっこええ!!髪型も花形満から落ち着きました(笑)
でも、やっぱり、すみません、昭仁ラバーとしては昭仁ガンミでした。
髪型もお顔も声も体型もあたし的には、大正解、絶好調でした(笑)

MCは、何回も”京都”を連呼してくれました。あたしはその度に喜び、京都~!の度にかんな”ほれ!言われてるで!”とつっこんでくれました。最後は、京都が、あたしの名前か?と思うくらい心地よくなり、今日ほど郷土愛を感じた日はありません(笑)

昭仁:京都に初めてコンサートツアーでくるのですが、今日から京都とわしらの歴史が始まります!もう身が粉になるくらいがんばります!!(微妙に間違っている。身を粉にしてがんばります!であろう、言うなれば と思いつつ、粉々になって!あたしが吸い込む!と思ったわ(*^_^*))
晴一:デビューして8年。出してきたシングルやアルバムはわしらからのラブレターみたいなもんじゃろ?なのに、一向に会いに来ないわしらを待っててくれてありがとう!(あ~晴一の挨拶はしゃれているww) でも、京都の人って、関西ってひとくくりにされたがらないよね?関西ですか?いえ、京都です、っていうよね?(そうかも(爆)関西とは思っているが特別、と思っている人は多い。今でも都意識は消えていない(笑)

もう順番はぐちゃぐちゃですが、昭仁が初めて来た!という話をしていると会場から、”学園祭わ?”との声。”それをいうなや~”と言いつつ、思い出話。
”山科のノートルダム清心”にデビューしたころ学園祭で来たことがあるんですけど・・・
上記に合っている内容はデビューしたころ以降のみである。
ノートルダム女学院、通称、ダム女は左京区です。学校の名前も間違ってます。
珍しく今回、アンケート書いたんですけど、この点に関してはしっかり訂正しておきました(笑)
ノートルダム清心は広島の学校やん!!2回も間違えて、も~と思いつつ、当時の思い出話。
ライブで床が抜けた!と。
あたし、この話は聞いたことがありました。観客が飛び跳ねたら、講堂の床が、クレーターの様に抜けて、中央が陥没したらしい。開始も遅れ、アンコールもなしになった、とか。
ポルノにとってはちょっぴり残念なような、でも良い思い出話の様です。
それから、昭仁は、根岸さんと錦市場に行ったそうです。
ま、半分観光地みたいなとこですが、私らは日常、お漬物やお惣菜、野菜を買いに行きます。
彼らお惣菜屋や佃煮屋で、ロッカーともあろうものが、試食しておなか一杯になりそうだったと!
晴一に、めちゃつっこまれていました、ロッカーなのに~と。
しかし、なんかロッカーとしてすごいもんこうてやろう!ということで、八百屋さんでショーケースに入ったものを見ていると、なんと二つぶ、1000円の苺を発見、購入、食べたらしい(笑)
セレブですな、しかし、千円の苺、一粒500円の苺。絶対京都で作っていないで、それ(悪魔の囁き) 。ま、めっちゃおいしかったらしい。もちろん楽屋にはお土産として購入されなかった(笑)
それから漬物屋に。で、お店が二軒並んでおり、また試食(ここで会場笑)。 で、最初に入った店のを食べて、隣の店でまた食べて、こっちの方がみずみずしいな~、すみませ~ん、これくださ~い!と言ったら、さっきの店のおばちゃんがやってきて、”同じ店なんですけど・・・”と(爆)
これはさすがに恥ずかしかったらしく、根岸さんと2人で赤面したらしい。
昭仁は、大阪に住んでいたとき(10年前、と言ってから、ちがうわ、13年前じゃ。わし、勝手に自分のこと、若いとおもうとった、などと小ボケ)に京都には何度が遊びに来たことがあるらしい。三条や四条で服を買ったり、寺社仏閣めぐり(べたに金閣寺らしい)もしたことがある!と。
晴一は、苦笑。まさに、ロッカーなのに・・・なトークでしたが、かなり良かったです。
笑いもそれなりに取れていたし、gdgdはいつものことですが、話すことあってよかったね~と母目線。
主なMCはこんなとこです。

ハプニングは、鉄鎚で、スモークが出すぎなくらい出て、臭かったこと(笑)、最前列の小学生男子(8、9歳ぐらい)がハネウマの時にタオルがなくて、それを見て昭仁がその子になんと、自分がブルンブルン回していたタオルを放り投げて、あげたんです!羨ましい!
いや、最前列の子供って絶対いじりますからね、昭仁。横の母は、即座にそのタオルを奪い、自分のタオルを渡していました(笑) そしてライブ後、歩いていたら、ちょうどその親子が前におり、何人かの人にタオルを触らせていたので、あたしたちも(爆) においまで嗅ぐ、あほ炸裂ぶりでしたが、すごいいいにおいでした!!柔軟材?香水?いや~、いいにおいでした(←少し変態?でもわらわら人がやってきて、さわりまくり。変態もみんなでやれば怖くない(笑)

さて、遅ればせながら曲。

ホール:ライブ向きです!もう、すごい良かった~。あの、脳内細胞 ごーいん、の コーラスは全て晴一の裏声コーラス入ります。歌いまくりでした。そこに萌えるくらい、実は今日の晴一はかっこよかった。昭仁ラバーのポル友さんも晴一に堕ちていましたが、わかる~~! 昭仁もジェロニモほどは踊りませんが、壊れ昭仁、降臨してました♪

ギフト: 売れ線(笑)でしょう。でも、リンクと似ているかな?雰囲気は。バンドサウンドで、ノリの良い曲です。会場は歌詞を聞こう!曲を聞こう、と結構聞き入る感じでしたね。昭仁は、ものすごい必死でギター弾いてました。顔がいっぱい、いっぱいのときの顔でした(笑)歌詞は、あたしは昭仁、と踏んでいますが・・・あんまり詳細は書かないでおきましょう。
もう一回、大分で聞けると思うので、その時しっかり聴いてみます。ちなみにまだ、リリースの予定は決まっていないらしいです。

そして、あたしにとて、このツアー初めてのMy 80's, ネオメロ。
My 80's は苦笑してしまいましたが、歌っている昭仁は、確かに歌詞にそったフリ(胸に7つ星)とかして、楽しそうですね。本間さん、根岸さん、昭仁で中央で、ぐるぐるニセえくざいる降臨していました(笑)
ネオメロは、かっこええわ~~!なんか久しぶりで跳んで、しんどかったけど、盛り上がりました!

それとアンコールにセンラバも嬉しかった~!やっぱり、l楽しい。股間ダンスも間近で見てしまった(笑)

Mアワは、サンキュ フォ きょうとお~、らびんぐら~びっ!って言ってくれて、ムショウに嬉しかった(笑)

鉄鎚は、アレンジは、名古屋で聞いたのと大体同じですが、今日もよかった~。すごい、グルーブ?専門用語はわからんが、世界が完成していました。結構ノリノリなんで、初期のお色気昭仁は姿を隠し、晴一、根岸さん、松永さんの奏でるすごい世界が出来上がっている感じ。ただ、ちょっと笑えたのが、根岸さんと晴一が向かい合って、ドラムの前で演奏するのはいいですが、昭仁まで、後ろ向いて、ノリノリに。晴一も演奏が楽しいのか、松永さんのドラムに向かって演奏し始め、メンバー2人ともこちらにお尻(笑)
あの鉄鎚は、もちろんこちらも楽しいが、やつらもめっちゃ楽しんでいるに違いない(笑)

農夫は、また熱唱、青筋、血管浮きでまくりバージョンでした。すごいわ、やっぱ。ライブで化け化け(*^_^*)

ROLLは、観客席の手拍子がめっちゃ多いのですが、それもいたしかたなし、と感じるくらい、なんかテンポ早く、昭仁も晴一もノリノリに見えた。熱の入ったROLLでした。しかし、この曲で、終始飛びはね続ける人、発見。 ま、自由ですが・・・それ・・あんまり自分はなんか違うなあ。

プリセイから始まって、”もうライブ最終曲?”と感じ、”ベアーズ”本編最後は、逆に、”こっから~!”と思っていました。Bセトリ(モンスターセトリ)しか知らないのでね(^^ゞでも、マシンガントークのコールアンドレスポは、楽しかった~~!
どっちのセトリもかろうじて経験できて、非常にシアワセもんでした(*^_^*)


最後はしっかりジレンマで跳びまくり。京都は、ちょっと大人しいノリ、特に4列目より前の1-3列目の方々が結構大人しく、あんまりフリもされなかったので、やや不安になるくらいでしたが、最後は盛り上がりました!センラバから一気の上昇、駆け上がった感じに思えたかな?

最後の生声は、晴一は”また来てもいいですか?”に観客は”イエ~!”と拍手だったのですが、後でごにょりと”おいでやす~”と晴一、自分で言ってました。どうもそう返して欲しかったのかな?すんませ~ん。でも現地人、そんなん、おいでやす~なんで使いませんけど(笑) かんなに、いわな~ってつっこまれました(笑)
昭仁は、このツアーではいつもの、”わしらもがんばるけ、お前らも頑張れ!”でした。

今も残像が脳内に一杯。 また、ライブ後宴はあとで加筆します。
だらだらと書きましたが、お付き合いありがとうございました。
そして、一緒に参戦、ポルノトークしてくれた、かんな、かく、こあ、ありがとう!!
めちゃめちゃ楽しかったです。
地元ライブ・・いいっ!!嬉しい!!アンケートも一杯書いてしまいました(*^_^*)
[PR]
by minamipatho | 2008-02-23 02:23 | ポルノグラフィティ
いよいよ明日♪
あ~~、ライブの前日、いや数日前から、ドキドキ、そわそわするのはいつものことですが・・・
今回は、また遠足の前日感、格別です♪
だって、あしたは、地元、”京都”のポルノ初ライブ(^O^)/

今まで大阪では大阪人になりすまし、福岡では福岡人になりすまし、名古屋では名古屋人に成りすましてまいりました。横浜も、石川でもそう、滋賀でも、和歌山でもそうでした。
別に成りすますの、全く問題ありません。

けど、けど、、やっぱり”京都~!”ってライブで言ってもらえたら、ニセ住人ではなく、”いらっしゃ~い!来てくれてありがとう!”って思えます。心の底から思えます。
あ~なんてシアワセ・・・て考えるだけでにやけています。

もう、おとついくらいから、財布にチケット忍ばせるも、この財布、今落としたら、現金よりも、カードよりもこのチケットを落とした痛恨ぶりに凹むやろな~と思ったり、
同僚には、明日のライブについて、お願いしてあるが、もし彼が風邪でもひいて仕事休んだりしたところへ、急なお呼び出しがかかったら!!!と思い、突然、今日は、”ねえ?風邪ひいてへん?健康?”と聞いて、あまりの突然の気持ち悪い優しい声に、やつをびびらしたり、息子たちには、お母さん、あしたは帰るの遅いからね!と家族には、6時以降の母完全フリー宣言をしたり根回し、心配、唐突な言動に周り多少の迷惑をかけています。(あ~文章を切らずにだらだら書いている、このテンションがもう変(^^ゞ)

ライブハウスは、順番待ち、ロッカーのこと、ドリンクいつもらうか?荷物は最小限にせな!とかいつポルノTに着替えよう?とかどの変に陣取ろう?とか厚底靴のこととか考えること、い~っぱいあった。それはそれで、ライブハウスの醍醐味ですが、こないだの名古屋はなかなかしんどかった(-_-;)ので、もう若くないな~とか当たり前のこと悟ったわけですが、
ホールは、ホールは、、

席が決まっている!

ええ、当たり前のことです。(笑)
でも、でも、あのライブハウスでまったりと座る特権階級2階席の方々を羨ましいと羨望のまなざしで見ていた私には、久しぶりな、なんか席が決まっている有難さを感じるのさ~。
地元ってことで、金曜日ってことで、普通に仕事をまっとうしてライブ会場に行ける有難さ、そんでもって、あんまりごちゃごちゃ考えなくとも、チケットとこの身と適当にかばんにタオル詰め込んで、ポルノT着ても、上に一杯着ても、ライブ前に座席の上にぽいっつと置けばいいから、あったかいとこで、脱ぎ放題なシアワセとか感じて、ああ~もう極楽(*^_^*)
そんで、仲良しのポル友さんたちともご一緒できるし、ああ、もう幸せすぎです。

あ、すんませんね、変なテンションで。

あしたが来て欲しいけど、あしたが早く過ぎ去らないで欲しい。

と、遠足前日、変なテンションのオバウサなのでした。
嬉しくて、眠れそうにもない・・・(*^_^*)
[PR]
by minamipatho | 2008-02-21 21:19 | ポルノグラフィティ
TV出演♪&あなたがここにいたらシングルCD感想
昨日、遅ればせながらあなここのCDを購入し、TV出演録画も夜に色々と見ました♪

なんと録画予約のHDのタイマーが10分も遅れているせいで、Mステは、バックストリートボーイズがなんかしゃべっていることからで、オープニングは見そびれた。
歌は、さすがにフル尺で、さすがMステ!!ずっと付いていくよ!っ感じ。
文字と一緒に歌詞を再認識して、あたし、とうとう、フラッグ3本立ちました♪
あなここは、するめでした。ほんまに。
トークは、嵐の大野君釣り話の間、後ろで、頭ブンブンふってうなずいている昭仁に爆笑した。”話、ふってふって光線”も出ている感じ(笑) ANN聞いたら、実はからみが大野君とあるはずだったけど、時間の関係でなしになってしまった~ってことですが、あの後ろの表情が笑えました。
それにしても、前回した”ジャニーズふるいにかけられた話”をなぜ?またしたのかしら?ネタがないのかしら?あるであろう!色々!ラジオで鍛えたMC力を見せていただきたいもんであるが・・・あと、衣装ですが・・・なんかサボテンのときの昭仁?これから牧場で働けそうなカントリーカジュアルスタイルなんですけど(笑) 脱力してしまった。衣装は、Music Japanの黒がよかった。でも、Music Japanは、何がおこったかわからんかった(T_T) いきなり、”町 花 空 人~”ってもう終わりやん!!っていう。なんかカットされてたの?
ほいで、Music Fairは”リンク”は聞けず(T_T)途中のトークから録画されていて、ま、トークはだいたい聞けましたが(-_-;) 
CDTVの時に気がついて直して、来週からは安心かな?
ったく、気を抜けないぜ、機械ってやつわ!!(^^ゞ
CDTVの恋人にしたいアーティストは晴一20位、昭仁は14位。
殆どがジャニーズがランクインする中、30代はラルクのhydeとこのお2人のみではなかったかしら。チームとしては、嵐もKATUNも関ジャニも全員入ってないし、SMAPやV6に至っては、誰一人入っていないというのに、ポルノは、20位以内に100%ランクイン。
いつぞやの5位からは大きく落ちましたが、健闘してますよ♪(←母目線)
でも、晴一の紹介Vが、Winding Roadの着ぐるみ取る場面で、”なぜそこを使う??”とつっこんでしまいました(笑) ギター弾いているとこはかっこいいけど、他にもあろう・・・
昭仁はハネウマのPVでしたが、これも・・・シスターPVがええな。あなここのPVも何気にかっこいいけどね(←勝手にプロデュース)

さて、New singleについてですが、What's In?と共に購入。なかなか我ながら正しい購入方法?(笑) 曲の作成時のエピソードなどを読みつつ、曲を拝聴。
あなここは、いい音で、歌詞もじっくり噛み締めて聞いたのは初めて。
ライブではね、窮屈だったり、昭仁の表情に心を奪われたりで一曲まるごと集中できなかったからね~なかなか。
で、歌詞の”横浜、たそがれ”方式、という晴一の解説に納得。なんが卒業式でも合いそうな、歌詞としては、Over 30'sには実は蒼い内容な感じがしてた。
冬の公園、夜のバス停、校庭、残った花火、海岸、大人びた友 などの歌詞は、あたしにはどうも若すぎる。
でもね、旅立ちの朝、新たな暮らし、電車のホーム 変わる 変わらない  なんかの歌詞は個人的に あなたがここにいたら・・・って思う人になんか当てはまる。友人とかね。
聞いた人にゆだねる横浜、たそがれ方式に偉く納得してしまった(笑)
”町の景色も移る季節も あなたの背景だったのに” の一文は秀逸。
晴一うまい。いつも”あなた”が絶えず傍にいてくれたことをこういう風にかけるのってすごいね。
さよならばかりが人生  強い弱い思い一人揺れる は、ある程度身内、友人、好きだった人との別れをそれなりに経験したら、とってもよくわかる。
negativeでもなく、positiveでもない。
諦めのようだけど、諦めでもない。
するめだ~とこの曲の深さに感心しているあたしでした。

さて、カップリング。
あんまり、このCDに関して、実は情報を仕入れておらず、お店で買ってすぐ、車で聞いたが初聞きで、どっちの作った曲か、すぐわかってしまった(笑)
ホールは、”脳内細胞”のくだりで、昭仁に決定。
オニオンスープは、題名からして晴一ですが、”リストランテ”で完璧に晴一。
曲もホールは、もう、ジェロニモの弟分みたいで、”昭仁作曲です!!”ってゆーて回っている曲ですね♪ リフが、ディープパープルしてる!と思ったら、What's IN?にも記事で、聞いた人がみんな、”Smoke on the water"や マイ シャローナを思い出したらしい(笑)
多分聞いた人、3万人くらいは思ってるで(爆) でも、昭仁の中から自然に出てきたらしい。
ま、内容は全然違うもんね。
オニオンスープは、あまりにもポップで、80年代の女性アイドル歌手の曲?若しくはポリスやCarsといった80年代前半の外国ロックグループのちょいとポップな曲に似ていて、本間さん?かと思ったら晴一作曲だったのね。こんな曲も書くのだ~と驚いた。

ホール、、はXX大ホールではなく、”穴”の方だったのね。
何ゆってるかわからん具合は、”リビドー”や”Report21”のこ難しい言葉を使っているのんや、ジェロニモの名詞置きっぱなし具合がいろいろミックスされて、途方にくれましたが(笑)、ここまで壊れると大好きです♪ 昭仁ラバーやからね。
ライブで壊れる様がもう、ありありとわかります。
多くの人がそうであろうと思いますが、”穴倉 ダンシン”のくだりでは、この気の抜けた、やる気のない、ちょっと壊れた感が、笑えて悶えて、もうっ・・・・好き。
韻も笑える。ライライアー、パラサイト サイト パラダイスって何?
訳すと(訳さなくて良い)、嘘うそつき~、と”寄生虫の楽園” がはは~!
脳内妄想、脳内細胞に関しても、脳内妄想、って妄想は脳内でするに決まっている!頭痛が痛いみたいな歌詞。脳内細胞っていう言い方、医学用語ではない。脳細胞なん!と思うが、もうこれもどおでもいいんやもんね(笑)
相対感情、抗体感情 もはあ~~?やけど、抗体は、レセプターの穴にはまるもんが抗体やから、この穴を埋めてくれ~なんでもいいし、そんな感情で!ということか?と思うと何気に、かしこいやん!と上から目線で思ったり(笑)
ま、ライブでいつか聴けると思われ、楽しみ~~(^O^)/
最初の一行目・・・覚醒の邪魔にライトはなるのか?(笑)

オニオンスープは、間のギターとAメロが好きです。
2回目で、ほ~!と思った。軽くてポップ路線ですが、あなここのCWとして、ハッピーエンドじゃなくて、ふられて、あなたがここにいたら~と思っていた僕がリストランテでおいしいオニオンスープを飲んで、立ち直る曲(笑) 
きっとふられて、心に穴が空いて、ふてくされて寝過ごして、春になっておいしいもん食べて元気になったんやね♪
3曲で前向きな”僕”になったということと、勝手に理解したのでした(笑)

初回特典・・・かわいいけど、もう紙ものは良い・・・もうちょっと太っ腹でいこうよ、Sony様、Amuse様、とちょっと思った。
[PR]
by minamipatho | 2008-02-17 23:56 | ポルノグラフィティ
IZO@シアターBRAVA! 大阪
昨日、劇団新☆感線のいわゆる、いのうえ歌舞伎、”IZO"を見てきました。
IZOは、”人斬り以蔵”と言われた、幕末の土佐の下級武士、岡田以蔵って実在の人をモデルにした演劇です。あたしは、今まで無知で知らんかったが、夫や息子は知っていた、名前くらいは。
今までも幕末を題材にしたドラマでは、登場人物として過去には、勝新太郎、哀川翔、長瀬智也なんかも演じていたらしい!!おお、ちょっとアウトローであくの強い人々ね。
で、今回の主演はV6の森田剛氏が以蔵役で主演。
他は、相手役は、DEATH NOTEでみさみさ役だった戸田恵梨香ちゃんとか、西岡徳馬さん、田辺誠一さんが出演されていました。
あたしも、劇団新☆感線の観劇はまだ3作目なんで、そんなに詳しくないが、ネタものといわれる、お笑い満載なコテコテのんが4年に一回あり、それは去年の夏に”犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート”を見て爆笑したおしたのですが、今回は、ギャグは殆どなく(ま、軽く笑いはあるのですが)、シリアスな時代劇風、ですごい豪華且つくるくる回る舞台に、目まぐるしく変わるシーン、迫力のある殺陣とま、時代劇でいっぱい切られるので、ジャージャーと血が吹き出る細工など、見た目にもすごい。
しかし、今回は、ストーリーがよかった!そして、森田剛君を見直した(笑)!!というか、今まで特に気にしたことはなかったが、ジャニーズって誰が何やってもすごいわ~~!と感心した。
以蔵は、実際、たくさんの人を殺した記録はあれど、謎も多いので、司馬遼太郎の小説なんかの話が一人歩きしているらしい。
事実、尊王攘夷派の土佐藩の下級武士の親分、武市半平太の部下で、上から言われれば、ばんばん人を切っていく。天誅、という一人よがりな正義で人の命を奪う以蔵を、”剣が時代を変えると信じた男。そして、天に飼われ、天に捨てられた、一匹の犬”という風にとらえ、悲劇の結末を迎える人物としてここでは描かれている。
もう、森田剛君が、どんどん人を斬ることをなんとも思わない残虐な人になり、その一方で、先生に好かれたい、気に入られたい一心だったのに思うようには行かず、結果、誰も信じられず、落ちぶれて、どんどん汚くなっていく様。淡い恋心もつかの間、それさえも、残酷な形で亡くしてしまった時に、彼は一体何のために人を斬ってきたのか?と自問自答する。天の声に従って、今日まで人を斬ってきたが、天は変わる。夜空の星のように。そして、自分が天だと思っていた人は、またその人にとっての天に踊らされて、犬のように慕い続けるが、その天も変わる。
そのことに、最後の最後に気が付く、以蔵の最後のセリフは、うるうる来た!
このまま悲劇で終わるのか、と思ったが、彼が最後の最後でわかったことは、今でも普遍的はテーマであり、”青い鳥”的なことだった。幸せはすぐそこに見えていたのに・・・と。
でも、天に仕えて、不安と焦燥感に駆られるのは、きっと会社や上下関係なんかでは今でもあることだし、色々考えさせられました。
敵をばさばさ斬っていく姿は、DEATH NOTEにも近い感覚。正義でやっている、と。どんどん見えなくなっていく、人間の狂気。
深いテーマが色々入っていました。

そして、相変わらず、脇役の新☆感線の方々が、おもろい!弾けた演技で、笑いどころでなくでも爆笑していまいました。ああ、これでこそ新☆感線!!

相方、こあのツッコミも素晴らしく、演劇とツッコミを両方同時に楽しみました(笑)
また途中背後でものすごい号泣なさる方がいて、びっくりした。そないに泣かんでも・・・て。

今でも余韻、どっぷりです。次回の作品も行こう!!
[PR]
by minamipatho | 2008-02-16 23:26 | マイライフ
バレンタイン
下記のあたしのブログにたくさんコメント有難うございました&読んでくださった方も、お目汚し致しましたm(__)m
ま、気持ちは切り替えつつ、むちゃはしたらいかん!と反省しつつ、お上のお沙汰を待つ心の準備をし、私生活は私生活で、楽しみます。
あしたは、劇団新☆感線の演劇、”IZO"を見てきます♪
また、感想はup致しますが、めっちゃ楽しみです。

で、今日はバレンタインデー。
でも、どうも、この日が自分にインプットされていないらしい。
コンビニで気がついて、息子達と夫には昨日コンビニでチョコ購入(笑)
ものっそい義理感が漂うも、素直?おばかな息子は、かーちゃんからもらうチョコに、単に”御菓子、こーてーもーた!”のノリで大喜び。可愛いが、14歳、11歳の男子、これでいいのか!?
当然の如く、女子からもらった形跡はない(笑)
夫には、”これは、本命チョコ?”と聞かれ、返事に窮す(笑)
わかんね~!家族チョコだなあ。そのコンビニなお安い感じを本命と呼ぶには、あまりにも(笑)
でもね、コンビニチョコでもおいしかったよ♪ コルドン・ブループロデュースらしく、過剰包装な感じは否めないけどね。

職場でもチョコやお菓子がそこそこ飛び交っていました。
本命、というような初々しいもんは流通しない30代、40代の職場ですが、色々あった。
あたしは、例年の如く、用意しそびれた(笑)
しかし、職場の同僚に・・・どっか行ったり、出張に行けばおみやげはいつも購入するのですが、おそらく義理チョコでそこそこお菓子がにぎわう日に、どうも持っていく意義をあんまり感じず、いつもスルーしてしまうのです(笑)
そして、あたしは、他の部門の仲の良い20代女子数人より、チョコもらった。手作りケーキもろうた!
あんたら、全員、嫁にしたい!と思うくらい上手。おいしかったよ~(*^_^*)
ま、それは、恐らく本命へのチョコのついでに購入or作成、という推理も可能ですが(笑)

あげるのが楽しかった時期はいつまでであろう?
記憶をたどると、多分小学校の3,4年生の頃にクラス全員の男子にチロルチョコを友達と家まで訪ねて、渡しにいったことがある。学校に持ってきてはいけない!しかし、あげたい、好きな子に。そして、先生はなぜか、”もらえない人がかわいそうだから、あげたい女の子は、クラス全員にあげなさい!それでなければ、没収!”という、わけわからん平等主義を女子に言い渡したので、そうせざるおえなかった。
でも、好きな男の子は、お小遣いの中で、ちょっと上等にした。
しかも、上等にした男子は3人であった。ランクもつけた(笑)
友達もそうしたら、3人中1人かぶっていたな~。
あの、相方がチロルで、あたしが100円くらいのチョコを渡す時は明らかに、”すきやねん”オーラを感じ取られてしまうし、本人じゃなくて、お母さん出てきたりするし、恥ずかしい限りであった(笑)
かえって、2人ともそこそこチョコをあげる方が、あんまり思いが伝わっていない感じがしたけど、気は楽であった。
そして、どうでもいい男子へのチロルチョコは、気が楽だし、持っていっていなかったら、自分達で食べたりして(笑)、それはそれで楽しかったし、何より、チロルチョコでも喜んでくれるのにはちょっと嬉しかったりした。 好きな子がいないと落ち込むのに、どうでも良い男子は、どうして残念ではないのだろうか?と思ったりしてね(笑) 

今でもあのバレンタインが一番思い出に残っているかもしれない。
[PR]
by minamipatho | 2008-02-14 23:32 | マイライフ
自分が悪いのですが・・・(T_T)
昨日、お天気も良く、雪からうって変わって快晴!
もう一日休みもあるしってことで、子供達も塾だの、試験勉強だのは余裕がある。
あたしも、仕事、ある程度がんばって明日がんばったらいいや~と、
いきなり、かねてより行きたかった、香川県に”うどん”を食べに行こう!と。
子供達2人を乗せ、夫は当直明けで、雪で帰れないらしいので、3人で昼すぎに出かけた。
名神、中国道、明石海峡大橋、淡路島、鳴門大橋、高松道を経て、香川に到着。
初めて走る道、美しい瀬戸内海、きれいな橋、渦潮なんかにも子供達とはしゃぎまくって、楽しい小旅行気分♪
3時間ちょっと。四国村、というとこにある、”わらや”ってとこでおいしいおうどん頂き、4時半ごろに、じゃあ帰ろう!と帰宅の途に。

ここで事件発生。
高松道は、まあ調子よく行きました。
しかし、淡路島に入ったとこで、今まで一車線の道が二車線になり、ついつい制限速度80km
のとこを飛ばしてしまいました・・・
言い訳などできるもんではありません。早く帰りたかった、それしかない。
あんなとこにオービスがあるとは(T_T)。
”光る”とは聞いていましたが、大きな”ボッツ”という音と共に赤い光が・・・
恐らく免停です。オービスが光る=免停らしいです。
多分50kmオーバーになるかどうかぎりぎりのとこです・・・
罰金は7-10万円、50kmオーバーなら90日免停。講習受けても45日。
警察に出頭、簡易裁判所にもいかないといけないみたいです(T_T)
ああ、ばかなことしたもんです。
しかも講習も2-3万円かかるし、何より仕事を休んで出頭ですよ、講習ですよ。
はあ・・・周りにも迷惑かけちゃうなあ。
代償は大きい。社会勉強しました。

あ~・・・しばらく私、落ち込みモードに突入します・・・
いつ、あの恐怖のハガキは来るのでしょうか・・・
もう、四国に車では二度と行きません。
因島に今年は車で行こうと思っていましたら、ああ・・・5月ごろ、あたしはもしかしたら、免停の真っ最中かもしれません(T_T) 
車の運転もやめようかな・・・はあ。
[PR]
by minamipatho | 2008-02-11 23:04 | マイライフ
いまのマイブーム。
朝から京都もすごい雪でした。
午前中は仕事だったのですが、車で帰れるかひやひやもんでした(^^ゞ
積もりましたよ、お昼の雪だったのに。京都はこの冬、市内に積もったのは初めてに近いかも。
午後も持って帰った仕事しつつ、時々嫌になって、ごろごろ。
で・・・今更ですが、Death Noteになんかハマって前編や昨日の後編を見直したり。
Lが最初気持ち悪いのに、だんだんかわいらしく思えてきたり、尊敬したり。
あの松山君が演技していると、途中まで気がつきませんでした!!
すごい演技力。他の映画やドラマでさりげない演技をしているのを見たことはあるが、この役でブレイクなさったのだね~。あ~びっくり。
キラ役の藤原君の演技のにも感心したり。リュークやレムもなかなか味わい深いビジュアルで、感心。子供達は、ずっと前からアニメでも知っていたようで、今更面白がっている私に、”こんな有名な漫画、知らんかったん!?”と呆れられてました。
ストーリーもつっこみどころは色々ありますが、よく練られているなあ~と感心。
なかなか深い内容だと思います。

もう一つは、職場の仲良い女子に借りた、チーム・バチスタの栄光、って推理小説を今週末は読みました。
映画館で予告編を見たけど、医療系ドラマ・・・こういうと感じ悪いかもしれないけど、実際に働いている者からすると、話題になった”医龍”や”ドクターコトー”ですら、”ありえね~~”とつっこみどころが満載。今まで医療系ドラマで、そこそこ面白かったのは、むしろ人間的なものを描いた”白い巨塔”ぐらいで、きついかもしれないが、アニメのブラックジャックのありえなさと同じくらいにすら思える時もある。それも、医学的に、はあ??とも思うし、すぐに”スーパードクター”とか”権威”とかが出てきたり、廊下をなんちゃらチームが数人徒党を組んで三角形で白衣を翻して歩く姿に爆笑したり、説明ったらしいセリフに、”そんな暇あったら、はよ手を動かせい!” ”え?もう切れたん?はやっ!早すぎ!ありえね~~!””そんなセリフいちいち言うわけね~~”と一回間違って見てしまったら、つっこみすぎて疲れて、もう二度と見ないのですが・・・この小説は面白かった!!病院が舞台だけど、ミステリーなので、推理小説として面白いし、
いつも大体こういう話って外科医のみが脚光を浴び、綺麗な看護婦とのラブロマンスが絡められて、というのがお決まりですが(笑)、そーゆーのはほぼなしで、麻酔医や病理医、臨床工学士等の裏方がすごい緻密に書かれていて、内容もありえるかも・・・という範囲でトリックや伏線もあり、一気にに楽しく、不快にもならずに読めた。で・・・よくよく調べたら、著者は、医者で、あたしと同業者の病理医でした。どうりで・・・ちゃんと書いていらっしゃるわけだ~、その辺のことを!!と感心しました。
こんな面白い小説、よく書けるな~仕事しながら!っとそっちの方で(笑)
もう、犯人を知ってしまったので、映画館には行きませんが(笑)、DVDは出たら見たい、とおもった。小説は主人公は男なので、映画で、主役は竹内結子になっているのは、自分の想像した脳内の配役とは、ちょっと違うが、阿部ちゃんがあのエキセントリックな厚生労働省のお役人に、てのははまり役に思えました。

って、こんなことにうつつを抜かしていますが、この3連休にあたしはかたづけないといけないお仕事が色々とあるのですが・・・ああ、憂鬱。
[PR]
by minamipatho | 2008-02-09 22:55 | マイライフ
あなここ、プロモーション♪
色々とテレビ出演情報が更新されていますね。
2月8日に僕音の総集編、15日、Mステ、16日、Music fair ですか!!
Mステはいつも通りとして、Music fairは、多分記憶の中ではデビュウ以来初出演ですね。
あの、落ち着いた番組にポルノも出るようになったのか~と感慨深いが大人チームですもんね、十分。
いや、非常に嬉しい限りです。楽しみ!

それとラジオ!時間変わるのですね、一回だけ。
2月23日(土)がスペシャル番組になるので、2月22日になるらしい・・・
ということは京都公演の後に、生放送な感じがあんまりしないので、また録音かなあ・・・
京都ライブの感想を聞きたかったりしたので、録音だとちょっと残念ですが、その頃は酔っ払って聞けないかもしれないので(笑)

あなここのPVはご覧になりましたかい?
あたしは、先週、CSで見ました。
最初は、え~~?って感じでしたが、途中から時々喜んだ。
ま、ネタバレしちゃえば、ご本人登場シーンとそうでないんが混在するからですが・・・
登場シーンは普通にかっこいいです。そうでないシーンは人によってすきずきでしょう。
あたしは・・・”普通”(^^ゞ
2人の出場が多いほうがいいんでね。
曲もライブでもラジオでも何回聞いたせいで、もう新曲感は殆どありませんが、結構するめです。旗もニ本くらい立った(笑)

そいからTamaちゃんの新しいアルバム、聞きました!
今回のが、お世辞でもなく一番好きかも。
インストもよかったし、歌もうまくなったというか、Tamaちゃんの声に合っているという気がしました、曲が。超Punk~のメロディは、ものすごく耳に残ります(*^_^*)
メロディラインは、ああ~ポルノに欲しい!とやっぱり思っちゃうなあ。
ギターとドラムもかっこいい。
ポルノの2人もすごいサポさんとやってますが、Tamaちゃんも、いい仲間と一緒に音楽やってらっしゃると思いました♪
[PR]
by minamipatho | 2008-02-06 22:06 | ポルノグラフィティ

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧