PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
新人さん
4月に入り、研修医2人があたしの部署に一ヶ月のローテーターとしてやってきている。
2年目の男子。
うちに研修医が回ってくることは一年の間にそんなにあることではないので、一度に2人はちょっとびっくりですが、やっぱり若い子はいい!!(笑)

一人は、ものっそいやる気が前面に出るタイプで、もう一人はマイペースに仕事を楽しむタイプ。
両方ともすごいよい子。25歳を捕まえて良い子は申し訳ないが、どうやったらこんなに良い子に育つのか?と尋ねた。

一人は”スパルタ教育” 一人は、”放任でした。基本的に。”

ま、結局親の関与はあれど、その後本人がどう考えるかなんだろうねえ。

でも、新人さんが来るのは良いが、仕事を教えて、ゆっくりやらせてで、いつもの倍は時間がかかる。
今週は、ほんまに連日遅いよお(T_T)
ってことで・・・ANNのレポ、今週はお休みです。
また、気が向いたら書きますねえ。
今週は土日も出張ですが、その後にやってくるGWが希望の星です・・・
[PR]
by minamipatho | 2008-04-23 22:06 | 仕事
社会の解答
全然下記とテンション違う話ですが・・・
今びっくりしたから。
中3の長男、新学期早々あった社会のテストの答案がお知らせの間にはさまっていた。
点数も点数であるが・・・解答用紙の一語に釘付けになった。

”風俗店”  

もちろん、不正解。バツであるが、これは何の問題か?と訪ねたら・・・

”少子高齢化で減少すると考えられる産業やお店を考えて書け。”

叱るべきところであろうが、爆笑してしまった。
おもちゃ屋と書いて、最近ガンプラなど大人もおもちゃ買いまくっているし、とわからなくなり、高齢化にスポットを当てた結果、上記の答えが浮かび、頭から離れなくなって書いたらしい。

教育しなおさないといけないかしら・・・
ライブなんて行っている場合ではないかしら・・・
中3の4月(-_-;)
[PR]
by minamipatho | 2008-04-14 22:03 | 子供
スーパーライブ&ANN ちょっぴり。
先月、番組観覧に行ってからもう一ヶ月。
あの時の感動は忘れもしませんが、帰りがあんまりも大変だったので、直後は放心状態になり、地上波の30分バージョンはライブ映像が少なくて、わがままにもテンションが下がり、途中でスガさんやウルフルズに浮気したせいで、実は、実は・・・
この放送・・・テンションがちょい下降した状態で、録画を見る、というファンとしては風上にも置けない人で見ました(^^ゞ

しかし、しかし・・・

彼らが登場、収録時と違い、めっちゃ近くで撮影された映像とプリセイが始まり、観客のクラップ、2人の麗しい姿を見たら、”あたしが悪かったよ~(T_T) 大好き~~。かっこよすぎ~~”

ええ、本宅に土下座して、謝罪&溶けました。ここが、マイホーム(笑)
いや、ウルフルズにも感動したし、今も残ってますが、違うとこが、違うとこがやっぱりキュンとなります(←どこやねん。)
こう・・・好きな人と目が合って嬉しかったり、見ているだけで嬉しいのんが、一緒に遊んだり話したりはするけど、単に仲が良いだけの男子とは違う感じ?うまく言えませんが、やっぱり好き~~!!(絶叫)

ぜい、ぜい(^^ゞ

表情、あんなんやったんや~。ハネウマはタオルで全然見えへんかったんが、昭仁の嬉しそうな顔が見え、Light and Shadowの晴一のかっこいい、あのギターのテロテロがもう一度聴け、いや何度も聞け、ねぎさんも松永さんも本間さんもライブの時、殆ど見てませんでしたが(笑)、ところどころで愛らしいのもわかり(本間さんのMy 80's始まった途端のにやけと笛、準備具合やねぎさんの、L-Sでの踵落とし?、ウオーカーのカーテンみたいなドラム(笑))、すごくよかったです。永久保存版やね。
自分が先月書いたブログをもう一度読み直して、実体験と録画を癒合させて、昨日は夕方から違うところに意識は飛んでおりました(^^ゞ (もしよければ、こちらへ。MCとかはカットだったね。ジレンマも収録時はあったんですよん(^u^))
色々しようと思った仕事は今週からがんばるわ~~です。

DVDが出たら、鉄槌のアレンジがどんだけ違うか比べてみたり、多分、相当オタクな見方をしてしまいそうです。
九州のライブの間に挟まれた映像も、ほぼ同じとはいえ、かなりコンパクトになっており、よい感じ。NHKさん、ありがとう。ぐっじょぶ。

ちなみにあたしたちが映っていたか・・・
何回か、観客が映っているとこは一時停止をして(笑)、あの辺にいたはず!と凝視しましたが、確認は困難でした。でも、一箇所だけ、観客の後方からの撮影アングルで、あたし達の隣にいた背の高い男子2名の横並び頭部を発見し、その左隣の辺の黒い丸い後頭部のどれかはあたし、と信じ込んでおります(笑)
ま、放送に耐える自信はないので、ちょうどよかった(^^ゞ

ま、なんにせよ、貴重な体験でした。
応募してよかった。応募せんとあたらん、ということがわかりました(*^_^*)


ANNは途中までしか録音できてなかったのですが、かいつまむと・・・
昭仁氏、お休みで、急遽一日だけ因島に帰ったらしい。
あたしは、嫁・子供を親戚に披露しに帰ったのではないか、と勝手に推測していますが(笑)
で、親戚は、急に帰ったにも関わらず、親戚パワーで横断幕まで作り、手作りの折り紙で作ったわっかで、部屋を装飾して歓迎してくれたそうです。
あったかいね~。そんな親戚、今時おらんよ。昭仁のいい人ぶりは、きっとこういうあったかい環境ですくすく大きくなったからやろね。なんか良い話やな~とちょっと感激した。
うちの親戚で、そんなイベント・・・ありえない。みんながちりじりばらばらだし、それぞれにシアワセな家庭もあれば、大変な状況にあるとこもある。仕事が忙しかったり、あんまり仲良くなかったりするとこもないわけではない。
そんなことを考えると、因島っていうとこで、親戚一同仲良く歓迎会ができる一族。
ほんま素晴らしいわ(*^_^*)
その後は、琵琶湖で二日間、またバス釣りして、50cmオーバーを釣り上げなさったとか。
なんか春で、バスもまた活動を始めるらしい。ご近所にいらっしゃったのね。
なんかそれだけで、嬉しいわ、うん。
そいから、今は曲作り。で、昭仁も仕事場をマンションの一室?を借りているけど、ツアーで長らく留守にしていたせいで、ホコリだらけ。んで、大掃除して、なんかホコリのせい?ひのきの花粉のせいか鼻声でした。
そして、SEのサカタ君。たしか、以前にも昭仁の話に出てきたことのあるお方が配線もぐちゃぐちゃなんを直してくれた、とかなんかややぐだぐだとお話になってました。
あ、それから山ちゃんのおうちにも遊びに行ったらしい。
友達と・・らしいがそれは”嫁”ではないのか?と、また思っていました(笑)
山ちゃんちの得意料理は鍋、らしく、以前番組でもそう答えていたので、行ってみたらやっぱり鍋だったそうです(^u^) 山ちゃんは赤いパジャマでズボンのすそを靴下に入れた状態で出迎えてくれたらしい(笑) その姿だけで、玄関で爆笑・大喜びしていたに違いない。
どんな会話しているんやろ?会話になってるんかな?
ま、充実した休日のようでなによりですな。

新コーナー、ポルノカーペット。
詳細は省きます(笑) う~ん。ポルノ川柳の方がいいけどね。
べつにエロくな~い。30代2児出産のあたしには、その程度、まったくセンサーに触れないわ。
昭仁の親戚にANNのヘビーリスナーがいて、マチュピチュを絶賛していたらしいが、
今週はレベル、低かった(笑) あれでは、昭仁が広げられなくても無理はない。
昔の鶴光のラジオを親に隠れて聞いていたあたしにはもの足りないことこの上ありません。(←何をいばっているんだか) ま、あそこまで行く必要はないけどね、ミュージシャンだし(笑)
というか、この路線は・・・継続すべきなのかなあ~。
ただ、”ドビッシー(ドビュッシーっていってたけど)”のとこは、昭仁氏、絶対このお方を知らん(笑) だって、”多分すごい偉い人です。”って連呼してましたから(笑)
来週は、妄想族のチュートリアルの2人がこのコーナーにゲストで来るらしい。
徳井さんは、すごいエロ妄想の達人なので、昭仁みたいに、ほーはーへーではなく、広げてくれるでしょう。チュートリアルは京都出身で、2人の高校も近所といえば近所なんで親近感ありです。来週はちょっとレポに値する内容になるかなあ・・・

嘘をついてた人がなんか告白していたね。
なんでそんな嘘つくの?ってやつ。
若い中学生や高校生のメールが多くて、ほぼ母心で聞いてしまいました(^^ゞ
最近ちょっと、アダルトチームがおいてけぼりなのは気のせい?

ま、そんなとこです。録音一時間くらいで切れちゃいました。
来週は新しい電池にして徳井氏のはじけぶりを聞きます(←誰目当て?)
[PR]
by minamipatho | 2008-04-14 21:06 | ポルノグラフィティ
ウルフルズ希望、無謀@武道館 トータスさん男前(*^_^*)
昨日、ウルフルズ@武道館、スペシャルライブ、希望、無謀!に行ってまいりました。
この前ツアーが終わった、最新アルバム、"Keep on, Move on"をもじってあるわけですが、
趣旨は、ウルフルズ結成20周年記念で、シングル曲を”だいたいやる!”というもの。
最初このイベントがあると知った時、行きたいけど、一人で、ウルフルズ遠征するんも寂しいなあ、と思って参戦する予定ではなかったのだけれど、ポルノの福岡ライブで、ポル友えり子ちゃんをナンパし、その流れで、えむちゃんに突然お誘いメールを送りつけ快諾してもらい、行くことに。
ポル友さんとしてのお付き合いは長いけど、実は隣同士で参戦するのは今回が初めて(^O^)/
ポルノは、それぞれがチケットを取るから、いつも会場やライブ前後では話するけど、なかなかご一緒できなかったりする。
で、浮気宅で、ご一緒(笑)

でもウルフルズのファンクラブに入って思うことは、ファンクラブに入っているとお得。まあ間違いなくチケットは取れるし、チケット自体もコンビニで発券のあの見慣れたやつではなく、配送されてくるので、綺麗な写真や凝ったデザインのチケット。映画の前売り券みたいな感じね。今回も金のたまねぎ、桜、富士山、とザ・ニッポンみたいな背景に墨で大きく書かれた、”希望、無謀”。男らしい(*^_^*) 
会報も手作り感溢れるのが結構毎月くるので、楽しい。
あたしがファンクラブに入りたいと思ったのは、こういう、非会員との差別加減を会場で目の当たりにし、”い~な~”と思ったからなのでした(^^ゞ

東京駅で合流して(御免ね~改札、わかんなくてややこしいこと申し上げて(私信))、武道館近くのファミレスでまずは会合。
しかし、会話はこれから本当にウルフルズのライブに行くのか?と思われるくらい、いや、半ば想定された通り、”オレンジ通信カタログ”の中身について話し続ける(笑)
”あのこと”や、この間のツアーの写真を見て、あの昭仁がかっこよかったたら、それぞれのライブハウスツアーやツアー最終日の思い出などをまた蒸し返し(笑)、まずはご本家をたてる。

そして、ちょっぴりウルフルズの私のあさ~い豆知識を披露(^^ゞ トータスさんが愛妻家で、毎日”好き好き”言いまくっているらしいことや、シングル”明日がある”を封印していること、アルバムの”四人”という曲は、ウルフルズの20年をさかのぼった思い出が描かれ、ジョンBの脱退、復帰なども交えた寸劇がこの間のツアーであったことなんかを世間話で話していたのが、ちょっとライブで役立つ感もあり、よかった~(*^_^*)

さて、ライブ。 お2人は、ウルフルズワンマンは初めてだけど、あたしも4回目、ファンクラブに入ってまだ半年です。ほぼ同じ。殆ど昔の曲は有名どころしか知らないもの(^^ゞ
ふりもうろ覚えですから、体験入学な3人でした。お席は2階南の3列目、ややジョンBより。
でも、いつもなら晴一寄り、たら昭仁寄りたら、アリーナか?前から何列目?と席にもこだわるしそわそわするのに、今回の心に余裕があるのはなぜ?(笑)
今までの参加ライブでは衣装で、お尻出したり、なんどかお色直しもあったのですが、今回はシングル28曲歌ったらしく時間がなかったのか、衣装変えはアンコールで、ツアーTシャツに着替えただけで、サポートのミッキーさんも合わせて5人で青いスーツにピンクのシャツとネクタイ、といういでたち。ケイスケさんは、首に羽かざりみたいなマフラーつけて登場。昭仁もインディーズ時代にやっていたやつ(笑)。
で、トータスさんは、なんとアフロになりかかりな、パ~ミ~なお姿で登場!!
写真その他はこちら
セトリはこちら(よそさんから)

セットリスト
1.ガッツだぜ!!
2.トコトンで行こう!
3.ツギハギブギウギ
4.たしかなこと
5.かわいいひと
6.借金大王
7.ヤングソウルダイナマイト
8.夢
9.それが答えだ!
10.明日があるさ
11.メドレー サンキュー・フォー・ザ・ミュージック~あそぼう~マカマカBUNBUN~まかせなさい~世の中ワンダフル~がむしゃら~両方For You~サンキュー・フォー・ザ・ミュージック
12.サムライソウル
13.暴れだす
14.ワンダフル・ワールド
15.そら
16.やぶれかぶれ
17.しあわせですか
18.泣けてくる
19.すっとばす
20.SUN SUN SUN’95
21.大阪ストラット PART2
22.バカサバイバー
23.ええねん

――アンコール1――
24.四人
25.情熱 A Go-Go
26.事件だッ!
27.笑えれば

――アンコール2――
28.バンザイ~好きでよかった~

なんと一曲目から”ガッツだぜ”なので、ひえ~!
実は、最後の方で盛り上がりたかった気もするのですが、これで会場はほんまに一曲目?って思うくらい盛り上がる。
この”ガッツだぜ!”は、ウルフルズを有名にした曲ですが、ご本人のインタビュー記事や出演された番組でこの曲を振り返る時、ヒット曲であることをちょっと複雑に感じているらしいことを知った。
出来上がったのは、たまたま鼻歌のようにして作って、言葉遊びで考えた曲で、シングルにする気もなく、むしろ、もっと力を入れたシングル曲を書こうと試行錯誤をしているときに、この曲をなんの気なしに、弾いて歌っていたら、”それええやん!”と周囲や偉い人?に言われ、出したらヒットしてしまったらしい。だから、彼が本当に歌いたいことが詰まっている歌詞とかではなく、今までも歌っていて、気持ち良いと思って歌ったことがない、と語っていたのを読んだことがある。
彼がライブのMC中に言っていた、”ボールを投げたらストライクになってしまった曲”なのであろう。以前はそれを知って、大好きな曲だけど、ちょっと寂しいと感じたことがある。でもあんなに人を元気づける曲ばかり作っている彼にとって、毎回ストライクを取りに行って取れないとき、逆にボールを投げてストライクになってしまった時にそれぞれ苦悩を感じでやってきたのだろうな~とあのMCを聞いてすごく思った。思い通りにならない中をがんばってきた20年。ガッツだぜ!はその象徴なのかな?、等と思いながら帰りに一曲目になった理由を考えたりしたのでした。
28曲全ての曲についてかけないけど、シングル曲を聴いて、”暴れ出す”や”サムライソウル”、”泣けてくる””笑えれば”などのちょっとバラードからミドルテンポの曲があたしは大好き!と思った。 歌詞がドストレート!悩む姿、悲しみ、笑い、好きという気持ちを、彼は殆ど回りくどい言い方はしない。”好きな人に好きと言いたい。好きな人に好きと言われたい。”など、深くてシンプルな歌詞は、普通にさらっと歌うと、かえって軽くなってしまう。例えば、アイドル歌手若年女子のこの手の歌詞には何も感じない。しかし、トータスさんが、あのどストレートな強い、ちょっと泣きの入った声と濃い顔の、40過ぎの男が恥ずかしげもなく、大声で歌うと、ものすごく来る!!
そして、一つ一つの歌詞が初めて聞いても何を言っているかわかる。これはトータスさんと昭仁の私にとっての共通項。声が魅力的で、歌詞がはっきりわかり、何かを届けたいって意思がすごい伝わる。
曲も、ソウルミュージック輸入版やファンクであり、60年代とかの古い音楽がベースにある感じなのに、古くて新しくてかっこいい。
ふざけても、本気でやっても、怒っても、何をしてもかっこいい。
くしゃみしている観客を見逃さず、”くしゃみしてる場合ちゃうで!”とツッコミ、
メンバー脱退、復帰も明るくネタにしてしまい、
曲の途中で、ブレイクして突然MCしたり、もう自由。
バカサバイバーでは、急に途中でメンバー紹介になり、ソロ回しの後、トータスさんは何をするのか?と思いきや、”ババババ、バッバババ バカバカ”と、バカサバイバーの人間レコード?と化し、大真面目で熱唱シャウトする姿には爆笑するとともに感動さえ覚えた。
全く動じるとこなし。噛むとか歌詞間違えるとかもないし、あったとしても、”計算してやった?”って思うくらいの余裕を感じる。
もう手放し、褒めるとこばっかです。
”ええねん”という、懐の深い、他人にはすごい優しい曲がある一方で、カバー曲であり、3人時代のヒット曲”明日がある”をずっと封印されていた姿は、彼らなりの筋が通っていらっしゃる。今回、聞けて嬉しかったけど、多分今後は封印する、とおっしゃっていた。でも、今聞いても、すごくいい歌詞。ちょっとユーモラスなのに、泣ける歌詞。仕事をしてあの歌詞の主人公真っ只中な年齢になって新たに共感・感動した。そうそう、ケイスケさんの木琴演奏。こんなんしてはったんや~って。終わってから、”結構ええ感じなやあ。”と封印すると言っておきながら、つぶやくトータスさん。封印するけど、大切な曲とその頃の思い出があるんでしょうね。

力を入れた割にはあまり売れなかったと思われる知らない曲たち(笑)は、メドレーにまとめられていて、それはそれで楽しい。ドラマ”お仕事です。”のテーマー曲とか、両方 For Youがここにまとめられていてやや寂しかったけど、サンキューフォーザミュージックでまとめているあたりはさすが。曲たちへのリスペクトですね。

大阪ストラット、は、ヤッサで去年初めて生で聞いて、大阪で、”おおさかっ!!おおさかっ!!”と叫ぶ快感を味わいましたが、今回は武道館で!ええねん、もそうですけど、遠征ということを忘れそうになる関西弁歌詞と、ファンも間髪いれない、ツッコミのような、”アベックだらけ~””おお、さか、ストラット!”の合いの手コール。めっちゃ楽しかった。相方も嬉しそうにやってはりました。あのPVの大きい頭のアフロなトータスさんをちょっと思い出す。このPVだけ、高校ぐらいかな?大学一年くらいかな?めっちゃ覚えてるけど、その時、20年近くあとでライブに行くことに、しかも武道館まで、なんて微塵も思っていなかったな~(笑)

かわいい人、それが答えだ、バンザイ(2回目アンコール)、幸せですか、Sun Sun Sun、事件だっ! なども聞けて嬉しい。ライブで聴いたことあったり、初めて聞いたのもありましたが、さすがシングル曲。あまり知らなくても聞いたことがあり、のれていまうとこがすごい。
観客も、ヤッサもすごかったけど、武道館のすり鉢状の中でノリノリのお祭り気分の観客の中にあり、ウルフルズの今まで参戦した3回の中では一番お客さんが元気。ポルノみたいで、いつもそれ程汗はかかなかったのに、熱いライブで、汗もいっぱいかいてしまいました(^^ゞ

四人の寸劇も一回目のアンコールで、ツアーと同じ色違いコートの四人が小芝居売ってくれました。横で相方2人は爆笑。話していてよかった、お見せできてよかった(^u^)

ま、とにかくトータスさんの大人の魅力、ドストレートな表現と暖かい歌詞に元気をもらいました。これからも、こちらもファンとしてライブに足を運びたい。
8月30日は、大阪でヤッサがあるらしい。8月、9月・・・色々と忙しくなりそうです。嬉しい悲鳴をカレンダーをチェックしながら先ほど上げました。仕事はどうなる!?家庭はどうなる!?一応受験生よね、2人とも(@_@)

さて、これから、昨日録画したポルノスーパーライブとANNです。
まったり休日、でも忙しくてシアワセ(*^_^*)
[PR]
by minamipatho | 2008-04-13 13:34 | 音楽
ANN アゲハ蝶のいいわけ(^^ゞ
春まっさかり。桜満開。
京都は、今日は自家用車で出かけちゃ危険!なぐらい人と車で溢れかえってました!
珍しくうちにいるあたしと夫も、平野神社や、哲学の道、鴨川べり行ったり来たりなど、タクシーと徒歩を駆使して、お花見してきました(^O^)/
天気も良く、すばらしい!
子供はもうついてこなくなり、なんかベビーカー押したり、子供の手を引いている家族なんか見ると、ちょっと懐かしく、羨ましくなったりしたのでした。

さて、昨日のANNのレポを少々。

まずは今週の生放送、Heyx3 とMステについて。
昭仁氏、なんなら友達までも説明して欲しい一件がある、とやや遠慮がちに。
あのHeyx3で、カラオケのオハコに自分達の歌”アゲハ蝶”を出した、さぶいことになった理由をめっちゃ熱く説明(笑)
昭仁は、番組始まる前のアンケートで、頼まれたりして結局よく歌うので、”アゲハ蝶”を書いたらしいが、きっと”言い訳”というか、理由を説明する時間があるかな?となんとなく思って書いたらしい。しかし、その時間はなく、ただVを流すのみになり、”しまった~、自分の曲なんて書いちゃって、さぶいことになってしまった~(T_T)”と。
で、ちょっとしかめっ面していたら浜田さんに、”なんでお前そんな顔してるん?”と聞かれ、なんかぐだっと説明したらしいが、ま、あんまり意味もなく(笑)だったらしい。
ま、結局、自分の曲を書いてしまったけど、ほんとはそんなつもりじゃなかったんです!と言いたい、らしい。そんなん・・・・どっちでもイイよ~(^O^)/
あ、山ちゃん登場(僕の愛する山ちゃん、と言っていた)は全く知らなかったらしい。
で、会えて嬉しかったわけだが、また誘われたのに、都合が会わず延期(笑)。

それからMステ。Mステはめっちゃ緊張するらしい。なんでももう少し前の方が、まだ思い切って話せていたが、今は年齢を意識してか、ちょっと大人でいなかればならないし、でも話をひろげなきゃいけないし、んで、できることなら面白い話がしたい、、と色々考えまくって結局ガチンガチンになる、と。Mステは、前もって打ち合わせして、放送作家さんがそれを元に台本のようなもんまで作っているけど、未だにその台本の枠を出るような広げ方はできず、タモリさんも広げようがない・・・て。どうしたん?え~らい弱気で。こないだのMステは、ま、MCとしては上々だったわけですが、それでも舞い上がってしまい、後でVTRを見て、横の晴一がマイクを持って何か話そうとしているのに、それをもさえぎって話してしまったテンパリぶりを大反省しておられました。確かに、あたしも、あのマイクの位置エネルギーの増加、晴一のやる気の芽を昭仁が摘み取った瞬間、しかと目に致しました(笑) ま、あんまりスムーズでも漫才コンビみたいだし、ご愛嬌で(^^ゞ 次回は晴一にちゃんと話させてくださいm(__)m その方が面白い気がするから(^^ゞ(注:あたしは昭仁ラバー)

あとは、元イエモンの吉井さんと根岸さんと3人で、Heyx3の後に飲みに行ったらしい。
めちゃ楽しかったと。上記のMCの悩みなど語ると、”30代はがんばってTVに出ないといけないよ”と励まされたとか。また、吉井さんは、とっても素敵で、しかもつっこむ余地を持っている、なかなか天然というか、非常に話しやすい人、と。なんか、自分をさらけ出すらしい。
あ、、、やっぱ吉井さん、大人やね。多分、もう隠す必要もないんだろうね~。
そして、昭仁が話しやすいように本能的にしてくれているだと思います。
すごいスリーショットだね。出くわしたら、”アワワ”となりそうな。
昭仁氏に芸能人のお友達が増えて嬉しい(母心)。

新コーナーが三つ立ち上がってました。
”ポルノカーペット”
”そうなん?”
”大丈夫、しにゃーせん。”

ポルノカーペットは、ポルノ川柳の親戚みたいなコーナーで、10文字以内でエロスを表現せよ!と。
早速リスナーからメールは一杯来ていましたが、覚えているのは・・・
”マチュピチュ” ”やリイカ(りは巻き舌)” ”栗おこわ””フェラガモ大好き””ちょーきもちいい!(北島選手のまねを昭仁熱演) ”巨万の富”
ま、だいたい趣旨はお分かりであろう。
これに関して長く解説する気はない。昭仁氏は、”マチュピチュ”を絶賛しておられた。
直接的でないけど、なんかエロスを感じるサウンド、ってことで。
あたしは、昭仁がちょっと弾けてくれた ヤリイカ と ちょーきもちいい。 (←結局語っているか?)

”そうなん?”は、なんでも雑学っぽい感じで、昭仁が、”そうなん?”ってリアクションしそうな話を送るらしい。ま、トリビアの泉のパクり、ただしタモリさんの役が昭仁、って感じのコーナーのようである。これは、まだ、リスナーからのメールは読まれませんでしたが、例えば、峰不二子のスリーサイズは全部、ゾロ目。なんでも、上から、99.9 55.5 88.8 らしい。すげ~。
ひょうたんみたいなボディですな(^^ゞ あたしもそうなん!?って思いました。覚えやすいように、ってことらしい。 覚える必要・・・・なぜに・・・
別に知っても役には立たないかもしれないし、立つかもしれないが、昭仁目線で、ってことね。
これはおばちゃんの知恵袋でなんか、出せそうかな?考えてみよう。
ちなみに、昭仁はめっさスルーしていましたが、ガンダムのシャア・アズナブルがシャンソン歌手のシャルル・アズナヴールさんに由来する、ってのは、そうじゃないか?と思っていたので、あたし的にはすっきり!めっちゃすごいシャンソン歌手でっせ!大人になってから知ったが、私にとっても、ガンダムのシャアの方が先だから、あまりの名前のほぼ一緒ぶりに知った時、失礼ながら当時笑ってしまったのです。が当然の如く、シャルルさんが先。もう80歳超えてらっしゃる重鎮さん。この方のチケット、2万円以上します、普通に。 でも、なんで作者は、その方の名前をシャアに・・・・


大丈夫、死にゃーせん、のコーナーは、女人禁制。男子が昭仁氏に悩みを相談し、最後に昭仁が、上記の言葉で締めるというもの。相談ごとは、ライトなもん限定。
体は頭から洗うか、体から洗うか?とか思春期な悩みとか、だそうです・・・
多分、アダルト女子チームから不満がでるかもしれないコーナーだなあ・・・
ほぼ息子のような年齢男子のアホな悩みをどうして深夜に録音して聞かなければならないのであろう(悩) ま、思春期男子の生態調査と割り切ろうか・・・うむ。

この日のメインテーマはスタートダッシュに失敗した人。
新学期で教室間違えた(うちの長男は毎年よくやっているようです。月曜日、またやらかすでしょう。)、デートでミニスカートに下着はいていなかった(意味がわからない。なんでそういうことになるのか?トイレに行かないの?ちなみに昭仁は、もうおじさんなので、ちょと嬉しいかも。と(^^ゞアホである)、挨拶の言葉を言うのに、原稿が白紙を渡され、適当に作って、なぜか会場全員に万歳三唱させて人など圧倒的に10代の子のメールであり、また聞きつつ、あたしはいいの?これ聞いていて。と思いつつ、その内容には、ま、呆れたり、ちょいと笑ったり和んだ。
しかし、そのメールを読む昭仁の冷たい、”あ~つまづいてるね。””つまづいてますね。”などの一切慰め、今後の改善索みたいなアドバイスは一切なく、その失敗を、めっちゃ流している心無い流し具合に思わず笑ってしまいました。
万歳三唱の子だけには、”でも偉いね。こんなん大好きになってしまう。”と言っていた。
あたしもすごい機転の聞く子だと思ったわ~。これは、スタートダッシュ、特に失敗してないと思うけど。

昭仁グラフィティは、ベイビーフェイス。
敏腕ぷろでゅーさあですね。クラプトンのchange the world とマライア・キャリーをプロデュースできるってのがすごい。あんなに個性も音楽も違うのに、そのよさを引き出して名曲作るのですから。そして、自身も歌がうまい!!あたしもこの方はすごい人なんだろうな~と思います。 ただ・・・名前は”Babyface; 赤ちゃん顔?” めちゃごつい、黒人の人ですよねえ?なんでそんな芸名・・・(笑)


とざっくりこんな感じです。
そういえばカミカミでした。のっけから”二年目”を”二周年”と言い間違え、多分二回は言ってました。先週一周年になったばかりなのに、いつから数え年になったんでしょうか?(爆)
鶏が先か、卵が先か?と言おうとして、”コロンブスの卵”とのたまい、あたしは頭ん中にはてなが10個くらい点灯したが、CM後には訂正された。よかった・・・ずっと違う使い方、意味を知っていたのかと思った(^^ゞ

何気に、間に流されるあきぽっどしゃっふるの曲が好き(*^_^*)
知らん曲もあるが、良い(*^_^*)
洋楽ブームが戻ってきそうな勢いである。
[PR]
by minamipatho | 2008-04-06 18:06 | ポルノグラフィティ

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧