PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ギフト がやってきた♪
Amazonにしては珍しく、本日到着。
まだDVDは見ていませんが、ギフト、ポストマン ダイアリー2008/06/09、聞きました!
ギフトは、ぽるきたツアーのホールツアーで2回聞きましたが、あの時、”ギフト~ギフト~ギフト~”と連呼していた、残念な歌詞はなくなり(笑)、あたしの中で、ポルノシングルの歌詞としては、”捨て歌詞”がなく、どこを切り取っても勇気をくれるメッセージ性の高い歌詞。
そして、末広がり?高い空、青い空に飛んでいきそうな広がりのある曲調。
最初の、ドラム、ベースでカツカツカツカツって心臓の早い鼓動のようなイントロは、ポリスみたいでかっこいい。
昭仁歌詞にある、悩んでいる僕、でも救い、前向きに方式、が晴一の手にかかるとあの手、この手、色々表現を変えて、わかりやすいけど、想像する余地を与えてくれる。
そうやね、初めて飛んだ鳥は、めっちゃ勇気だして飛んだはず。
僕を悪く言う声~なんだ自分の声じゃないか、のくだりは泣きそうになる。
そう、そんないじらしい自分はきっと誰にもある。
明日に架かる橋、今いかなくちゃ~から最後の心さえ軽やかに行けたら、で終わるとこで、
”行けるって、がんばれ~~!”て言いたくなる。
想像よりもやれるかも、っていうのは、ダイアリーの”まさかこんなにやれると思ってなかった”けど頑張って、多くの人の心をとらえた、また、その先も頑張ろうとしている彼らだからいえるのかも。
甘いかどうかなんてさ 自分の舌で舐めてみなけりゃ、がっつり噛み付かなきゃ分かんない、の表現には脱帽しました。なんか、年上の兄ちゃんに諭されたみたいな、優しくて、ちょっとおどけて、励まされているよう。
弱った時には、かなりきてしまいそうです。
いや、元気な時でも。
なんか自分の殻を破りたかったりしたら、ものすごく背中を押してくれそうです。

大好きな曲になりました。買うまで、あまり聞かないようにしていたせいか、CDで初聞きでうるると来ました。あたし、ポルノの曲でほろりと来たのは初めてだと思います。
明日から、アムロちゃんのベストはちょっとお休みしてもらって、しばらく、ギフトたちが鳴り続けます、はい。
ポルノのファンでよかった(^O^)/、
[PR]
by minamipatho | 2008-08-20 23:13 | ポルノグラフィティ
五右衛門ロック@大阪厚生年金会館
昨日、厚生年金会館で劇団新☆感線のお芝居、五右衛門ロック見てきました♪
ネタバレ含みますm(__)m



相方は、ポルノ友のこあ。
新☆感線好きというのもかぶりまして、前回のIzoから2回目のご一緒参戦です(^u^)
この作品自体は私は4作目。
2年前に見た"メタルマクベス”同様の音もの。
ヘビメタ生バンドを両サイドに、豪華キャストでした。
主役の五右衛門は、古田新太さん、ゲストにクガイって王様役の北大路欣也さん、ルパンの銭形警部みたいに五右衛門を追う岩倉左門字って武士を江口洋介さん、峰不二子みたいな女盗賊を松雪泰子さん、クガイの敵の親分を橋本じゅんさん、その妻をモダンチョキチョキズの濱田マリさん、曰くありのくのいちを高田聖子さん、クガイの息子&敵役を森山未来さん、怪しいイスパニアの承商人を川平慈英さんなど、豪華キャストでした。
多分、こんなに有名人がゲストに出まくるのは初めてではないか?と思うくらいの濃いメンバー。
そしていつもの劇団の方々も、いつものキャラを生かす個性的な脇役を。

なんか宣伝みたいになっていますが(^^ゞ、今回は席が前から4列目の中央ブロック左通路側だったので、隣の通路を俳優さんが走る、歩く、歌う、座る(笑)。
江口さんをあんな間近で見て、男前に感動したり、”あんちゃんだ~”と思ったり、松雪さんの色っぽく出し惜しみしない美しいおみ足によだれをたらしそうになったり、いつもながらの大音響のヘビメタに沿って、進行する夢のようなミュージカル、踊り、こねた満載のやり取りに何度も爆笑しました♪
時代劇か?と思いきや、それっぽいのは最初の20分くらいで、あとは南のどこかわからん島での物語りで、いきなり肩透かし(笑) もちろん良い意味ですが、すっかり時代劇かと思ったら、全然違うはちゃめちゃぶりでびっくりでした。
新☆感線の演劇を見たことない方にはわかりにくいかもしれんが、この方々の演劇は、ミュージカルとヘビメタとお笑いとメッセージがごちゃまぜになって、怒涛のように溢れ続けます。
CG満載の映画ばかりになった昨今に、演劇では生で早変わり、変身、殺陣や特殊効果が一発勝負でなされます。その速さ、正確さをおおげさでなく、さらりとやってのける出演者や裏方さんには、もう脱帽。そして、セリフやダンスは、ギャグもぱくり(パロディー)満載でわかると嬉しい。
中休みもあわせると4時間の長丁場ですが、ただ座ってみているだけなのに、笑っていただけなのに、”このやりきった感は何?”ってくらい、満足しました。
こあがいてよかった~。一人でこの感動を噛み締めるより、なんか”よかったね~”と話せる相方がいる方が、楽しさ倍層ですもん。

ま、ツボは・・・
1.かまゆでから棺おけに入って帰ってきた五右衛門の身代わり黒こげ人形
めっちゃわらける。何あれ?古田さんにも多少似ているが・・・
2.商人川平さん演じるペドロと右近さんのダンス
爆笑。あんなに軽やかに踊れる人だったのね。カビラさん。スポーツでサッカーの実況やっているイメージが強いのでびっくり。しかも踊りが小刻みにウエストサイドストーリーのパクリと思う、セリフ、歌と全く合っていないウエストサイドな振り付けを3倍速みたいな振り付けに爆笑。帰ってパンフレットみたら、やっぱりその無理くりウエストサイドなテイストがあったらしく、大笑いしました。
3.ギター侍 江口さん
いきなり、ギター渡されて、ポロンと弾いて、お~!でいきなり弾き語りライブ。しかも、だんだんヘビメタバンドをバックに、めちゃさわやかなポップスで、確か10年位前、Mステとか出ていらしたな~と懐かしく、またその背後で森山君が、全く必要のないヘッドバンキングや、ブレイクダンスをフォオークソングでヤル斬新な振り付けに脱帽しました。
4.橋本さん
全て好き(^u^)何をやってもおもろい。セリフもアドリブも。黒い役でも正義の味方でも、多分あの客全員が釘付けになるほどの面白さです。
5.隣の隣の濱田さん
なぜか通路を挟んで2つの客席が空いていて、舞台から演出の中で、降りて通るその通路で、濱田さんが突然、そこに座る!!俳優さんがすぐ傍を通るだけで、興奮していたのに、隣の隣で、舞台を手拍子しながら見ている濱田さんに目は釘付けでした。いやーかわいかったし、時々出る大阪弁がよかった~。
6.タップダンス。
カビラさんと森山君のタップ仕合っ子。めちゃめちゃすごい。アレ見られただけでもおなかいっぱいです。
7.古田さん変身
なんか、変身の術で、煙幕の中から出てくる時に、めちゃブサイクなお面をしてから、それをビリと剥がす演出に爆笑。古田さんもきっとアドリブもセリフも含めて全員を虜にしていたと思う。そこらのお笑い芸人の100倍おもろい。

ま、なんのことかさっぱりわからんと思いますが、これは、DVDでたら絶対買います!!
最近参加したライブ、ミュージカル、全て含めて、今年の今のところ、一位です。
御免、ポルノ最終日は4位、ポルノ京都会館4列目は3位に、ポルノ@NHK公開録音は2位に、後退です(笑)
愛がなくなったわけではないですが、出演者の濃さ、すごさが足し算で・・・(笑)

是非、新☆感線、機会があったら経験してください。絶対はまれると思うよ~~。
[PR]
by minamipatho | 2008-08-18 22:28 | マイライフ
久々のネット放送(^u^)
久々にポルノの話題。
今更ですが、Funclubのページにこの間の会報にあった10周年記念、ファン30人との交流で、会報に載せ切れなかった質問をネット放送している。
結構長いのでびっくり&嬉しい感じでございました。
ツボは、晴一の”バンカーに入れてしょげている姿”
サングラスと体型がさらにスガさんとかぶる気がするのはあたしだけ?
いや、いい意味でですよ。最近、晴一愛が上昇してきている気がする。
やはり独身、って大事?(笑)
そして、映像の昭仁の全て(笑) 森ハヤシさんが相手ということで、リラックスしてお話してはるな~と思う。やっぱり好きだわ~。
結構、ツッコミを昭仁が森さんにしていたりして、グダグダなんですが、楽しめて見られました。
今までで一番長かったんじゃない?スペシャルですなあ。

PATi PATi表紙は、みなさんご覧になったであろうか?なんか昭仁の顔が丸いのは気のせい?横顔のショットはすごい好きなんですけどね。椅子に座ってこっち見ている写真も良い。
手のちょっと血管浮き出ているところも良い(笑)
週末のひとときをよだれ垂らして、見て読んでしまいました。記事も読み応えがありました。
”ギフト”は時々FMで聞く。最近、ちょっと自分的に大好き!!な曲がなかった中で、ギフトは、かなり好きになる予感。あまり聞きすぎないようにして、リリースまで待ちます。
CDを車で聞くのが好きなので、カップリングも重要。
CWがいまいちだと、早々に撤収してしまう、冷たいファンなのですが、ダイアリー08/06/09が個人的には非常に楽しみかな~。
最近彼らの心情が歌に直接的にこめられることがなかった気がするので、歌詞を噛み締めたいと思います♪

なんやかんやとしているうちに、着実にハマスタが近づいていますが、グッズって届いた?
あたし、結構前にネットで申しこんだんだけどねえ・・・まだ来ない。
ま、ライブまでに届いたらいいんですけれど。

それから、オレンジのエントリーは済ませました?
今回は、自分の分、しかも一回しか参戦できない。迷いに迷ったあげく・・・大阪、昼の部エントリーです。だって夜の部にしても、開始時間に間に合わないので、下手に仕事してから行くより、潔く、午前働き、午後早退、ほんで、仕事が残っていたら、夜にちょいと顔出す方が、多分相方には喜ばれるであろうし、貯まりに貯まった年休を取るのも、必要だもの。
しかし、昼の部は年齢層が高そう(笑) だって、普通の中高生は学校あるし、自然と、学校がない、或いはさぼった大学生、フリーなフリーター、主婦、そして、有給休暇・代休を取る社会人がエントリーしそうですな(笑)
これで落ちたら、まあ仕方ないです。それ以外は絶対無理ですから・・・
ラバップに入って5年目ですが、前回のFCUWは参加できなかったし、それ以外も(武道館の舞台裏とか)参加していないので、初めての、FCの集い。
ああ、是非とも行きたい!!
[PR]
by minamipatho | 2008-08-16 14:16 | ポルノグラフィティ
オーキャン@関西
昨日行ってきました、Augasta Camp 2008@泉大津フェニックス。
今、甲子園の高校野球を見ながら、テーマソングの”夏はこれからだ!”が流れるので、昨日を思い出したりしています。
2ヶ月半ぶりのライブ。
前日にあたふたと準備し、予習をちょいとして、若干体力に不安を感じつつ、カレーライスfor家族を作りまくり、ご飯をたくさん炊いて、明日はこれで生きてください!と言い放ち、ばたばたと自宅を後にする。しかし、腕時計が3分遅れていて、気がつかず余裕をかましてのらりくらりと歩いていたら、地下鉄、JRと2回も電車を逃し(ぎりぎり行くなちゅう話ですが)、茨木駅9時半の集合に10分ほど遅れる。
お待たせして、ごめんね~かく&にーさん&まきほちゃん。
四人でにーさんの運転する車で、会場へ!
なんとまきほちゃんのおかげでA1ブロックの120番前後4連番。これは開場前にいかねば、というすばらし~チケットなので、11時半の開場までに着く必要がございました。
ちょいと混雑していたけど、11時前には会場到着。予想に反して、駐車場は会場に隣接しており、殆ど歩くことなく、到着。んで、殆ど待つことなく、順番に呼ばれて、会場入り。A1ブロック素晴らしい。にーさんが中央よりのみやすい通路側を確保してくださり、殆ど時間ロスなしの場所確保にほくほく。あたしは、皆様におんぶに抱っこでしたが、本当にありがとうございました。

11時45分には入っていたから、始まる1時半までがまず地獄。
炎天下で雲もなく、最初は風もあんまりなかったから、暑いのなんの。
ここですでに1リットル近く水分消費。食欲もなく、マンゴーカキ氷で涼をとるも限界!と死にそうでした。去年のサンマリはまだ影があったけど、ほんまに炎天下。
帽子、日焼け止め(50SPF), 腕にするあの靴下みたいなん、タオルは必需品と思いました。
でもおかげで、今日、殆ど日焼けしてない(^O^)/ よかった、暑さに耐えて。

さて、セトリは殆ど覚えておりません(^^ゞ
しかし、オフィスオーガスタのアーティストは殆ど出場、スガシカオさん(ほぼこの方目当て)、山崎まさよしさん、スキマスイチ、杏子さん、元 ちとせさん、秦基博さん、Coil, Micron's Stuffさんなどが出演。で、今年は、オーキャン10周年&福耳10周年&COILって昨日初聞きのアーティストの10周年で、トリビュートでございました。
心に残った分を書きます♪

オープニング前
Micron's stuffってレゲエ?ラップ?グループ。ツインボーカルで、暑い最中に元気に歌ってくれはりました。ラジオでPreciousって曲は結構よく聞いたので、”あ、知ってる”とその時思いました。髪の長い方の人がだれか知り合いに似ている・・・と個人的にガンミ。

オープニング
MCの中島ヒロトさんがこの前にモニターに出てくるが社長まで出演で、やや外し気味のトークで紹介。北京オリンピックを意識して、出演アーティストが聖火のトーチを持って入場。
スガさんが登場で、”きゃ~”かっこいい(笑)この後も出てくるたびにほくそえんでいました。
杏子さんはさすがにオーラがあり、それまであんまり統一感のなかった客席も一緒に聖火に点火する共同作業をして、盛り上がる。

秦基博さん
始めて生で聞いた秦君。彼のファンのポル友さんが結構いらっしゃるし、ラジオでもヘビーローテーションされたりしたので、聞いたことがあったが、暑い中で、すごく清涼感のある癒し系の声に癒されました。見た目はやや小太り(笑)で、大人しそうな印象ですが、落ち着いて、ギターを爪弾きながら、朗々と歌い上げる姿に”なるほど~”でした。なんか、MCで噛んでいたな~。噛みキャラには基本弱いので、好感度上昇したわ。ここは涼しくなった。まだ、堕ちるほどではないが(ビジュアルもあたしゃ重視なので(爆) だって少年なんだもん。)初々しい、そして歌声の清らかさにこの人の誠実さとか人柄を感じとりました。

スキマスイッチ
今年はソロ活動の二人なので、スキマスイッチとしての活動はここだけ!との触れ込み。
ap bankにも出演していたらしいが、あたしは、去年のサンマリでバラード二曲のちっと寂しい内容に残念だったので、ここで全力少年とか、アップテンポが聞けてよかった。奏も聞けて嬉しかったよ。ベースが根岸さんで、なんか久しぶりに会えて嬉しい♪せっかく良席だったのに、通路に後から来てブロックに入れなかったAブロックの人々がなだれ込んできて、背の高い男の人でやや見えなかったこともあり、あたしは根岸さんばっかし見ていました(笑) 大橋君の伸びやかで力のある歌声はライブで聞くほうがずっと良い。アフロでなくなった小さい頭の常田さんは、ちょっと常田さんでない感じ(笑)でも、きれいなピアノの音色と力のある曲に、売れているアーティストの力を感じました。大橋君が走り出てきて両サイドに走る姿は体育教師みたいであった。だって青のジャージみたいな衣装と白いTシャツなんですもの(笑) のちに秦君とCOILのトリビュートの時には2人で”コブトリ”なんてユニット名を付けられる始末のぽっちゃり気味な姿もなんか好感がもてました♪

元ちとせさん
かわいい。色々衣装替えもあるが、この方の沖縄なお顔は何を着ても、ちょっとエキゾチックになっていいな~と。あのこぶしの効いた歌声もすばらしい。COILトリビュートでは常田さんとやってましたね。本番は、サザエさんのような髪型で出演。前で熱唱されるも、”サザエさん”と思ってしまってから離れられず(笑) 実はこの時暑さでめちゃへばっており、下向いて歌声聴きつつ、半分うとうと。ごめんね~。上田さんって方?元さんのあの有名な曲(名前忘却)を書いた方の写真を後ろにおいての熱唱。なくなったのか・・・でも独特のパフォーマンスをしながら自由に歌うちとせさんは素敵でした。

杏子さん
いや~すごい。アマゾネスという言葉がよく似合う(笑) この方が前半のトリでしたが、ダンサーを引き連れ出てくるなり、会場がノリノリになる。なんかフリフリつけてます、赤い。すごいオーラがあるな~と思った。若いダンサーにまけず(笑)、振りも完璧にセクシーに乱舞され、恒例のくるくる回りもなさり、セクシーな声で歌う姿は素晴らしい。
スタイルええし、色っぽいで、元気やし言うことありません。新曲ばかりでしたが、歌詞もよく聞き取れるし、富士山の歌(?)では観客に振り付けして、一体感はでるし、各曲で、生着替えもなさり、そのつどセクシー炸裂。やりたい放題、という言葉がまさに似合う姉さんでした。”姫”って言葉がよく似合うわ、ほんま。杏子さんもライブは初めてでしたが、バービー世代の私には時が止まったようにあの頃のセクシーな大人な女がいた。昔、流行ったころに高校生のあたしは、”すごい色気やな~。大人になったらアレが出せるのか?”と思っていたら出ぬまま終わり、今回、”まだ出し続ける杏子さん”を目の当たりにして、あの人はきっと3歳から色っぽく、80歳になっても周囲のじいさんをたぶらかせることができる色気を持っているに違いない、と人類としての”杏子枠”を感じずにはいられませんでした。

スガシカオさん
いや~かっこよかった。まず、COILのトリビュートで、パソコン(Mac)を二台とキーボード、ほんでヘッドフォンして、ピコピコやる姿はまさに小室哲哉さん。これを言うと、TMファンのかくには失礼でござったかもしれませんが、なんか”できる男”みたいで、中央の花道でパフォーマンスする姿の釘付けでした。ほんで、ライブもわりとメジャーな曲、プログレス、19才、このゆびとまれ、Nobody knows、りんごジュース、奇跡、午後のパレード?やってくれましたが、どれもかっこええ、かっこよすぎ。このゆび止まれは、新曲らしいですが、応援歌的な曲で、最近もスガさん、曲がとってもpositiveでアップテンポです。あの方も私生活や心情がすぐに曲に反映されるお方らしいので、きっと今、気力が充実しているのだろうな~。あのプチ鬱も好きなんだけどね。いや~でもスリムで、ギターを弾く姿は晴一とシルエットがそっくり。最後のときに10年前の福耳の映像が流れた時には、千原Jr.みたいで垢抜けない感じだったのが、10年経って、男前すぎるで~。顔の作りが、ということではなく、たたずまい、ギターを弾く姿、セクシーボイス、そしてちょっととぼけたMC.”男の余裕”っちゅうもんを感じます。去年のトリビュートされた姿を見たかった・・とCOILって知らないバンドの曲を色んな人がやる度に思いました(^^ゞ
午後パレでは、杏子さん、元さん以下アマゾネスダンサーが本当は次の出演だったのに、あまりの曲のかっこよさに我慢できずに乱入。半裸状態のええ女に囲まれ、ギターを弾くシカオちゃんは明らかににやけ、嬉しそう。あとで、”あれは嬉しかった~!”と。わかりやすくスケベなお方なので、大喜びしているのは手に取るようにわかりました(笑)
いや~10月のツアーが楽しみ。もうすぐアルバムでます。9月かな?このあとアルバム出さなくてもいいかな?って思うくらいの自信作らしいです。よければ買ってあげてください。
しかし・・・午後パレのふり、見事に忘却してたわ(-_-;)また、復習しよ。
とにかく、思い出すだけで、悶絶できるシカオちゃんのかっこよさでした(^O^)/

山崎まさよしさん
この方も生は初めて。圧倒された。声の強さ、太さ、そしてギターのすごさ。
淡々と、でも熱く熱唱&演奏する姿に、浮気相手降臨の予感です。
アルバムはベストは持っているが、そんなにじっくり聞いたことがないんだけど、ちょっとヘビロテしてみようか、と。声フェチのあたしは、彼のちょっとブルース的な音楽と歌声に感動してしまた。タオル頭に巻いて、オープニングでは長男、と書いてありましたが、ライブでは白いタオル頭に巻いて工事現場のおっさんみたいなんですが、パワフル~。あんまりオーキャンの歴史を知らなかったのですが、始まりは彼一人の野外ライブから始まったらしい、このイベント。
まさに、長男、大黒柱。年齢的には上のスガさんがなんか自由にやっている一方、山崎さんは自由やけど、屋台骨を支える棟梁の風格すら感じます。COILのお一人が体調不良で出られなくて、助っ人で出てきても、淡々と、しかし、熱く歌う姿。ハーモニカもね、どっかの噛み噛み王子のやや危なげな母性本能をくすぐる音色と違って、山崎さんのは強い!!!ストリートからたたき上げでハーモニカやってます、自由自在です、オラオラ!!みたいな力強い音色。
いや~、やられた。わりと無表情なんですが、そこがまたいい。慌てない人。
アカペラで、小坂明子の”あなた”をモニター一杯の紙芝居付きでやったけど、その幼稚なかわいい絵にセンスを感じ(既出の杏子さんの富士山の歌で、スガさんの書いた、4歳児作の富士山&字みたいな作品にも心を奪われたが)、ハーモニーにもやられた。そして落ち着いているふりして、メンバー紹介を忘却する姿もいい。いや~すごかったよ。

福耳
女子は浴衣姿で登場。予習した、Dance baby Dance, 夏はこれからだ、とあの”ほっしのかけらをさがしにゆこ~”が聞けてよかった。あたしは、夏は~の方が曲としては好きやな~。COILは知らなかったけど、曲が良いのはわかる気がする。スガさん、ほぼガンミでしたが、山崎さんとのツインギターはすごいね~。耳と目の保養になりました。この頃にはすっかり風も涼しく。、途中、雷と小雨もあったけど、持ち直して、最後には花火がどっかんどっかん。淀川でも花火大会があったらしいが、夏フェス&花火という正しい夏休みを過ごしている実感。
これがあるから、あの昼の炎天下も我慢して、また行きたくなるな~野外。と思ってしまいました。

上記、あまり感想がないアーティストは省いていますので、冷酷にも書いていない方もいらっしゃいますが、ご容赦を(^^ゞ

帰りは規制退場としては非常にゆるい感じで人でごった返し、駐車場からもなかなか出られませんでしたが、お疲れなのに、高槻駅までにーさんが送ってくださり、かく夫妻には感謝、感謝でございます。また、電車が遅れるという、JRに見放された一日でしたが、なんとか12時にはおうちに帰れました(^u^)ライブ中もちびっ子のあたしとまきほちゃんに見える場所を譲ってくれはったりありがとう!!かくのくれた冷えピタで生き返りました(^O^)/
ポルノでは暑さ対策、もっとちゃんとしよう!と心に近いましたわ。でも、色々ぺちゃくちゃ話ながらの行き帰りは、すごい楽しかった!!
これがあるから、ライブは辞められない!と思いました。
オーキャン、気に入りました。毎年違うとこでやるので、来年はまた行けるかどうかわからんけど、関西から日帰りで行けそうなら、また参加したいと思うイベントでした(*^_^*)
[PR]
by minamipatho | 2008-08-10 12:43 | 音楽
ハリーポッター
今、ハリーポッターの最終章をおとつい読み終えて感動しまくり、忘れているところも多くて、また最初から読んでいます。
思えば、まだ長男が小学校一年生の時くらいかな?
面白いと言われて、買って読み、はまりまくる。
小学校一年生ではまだ早かったけど、二年生くらいになって、読むようになり息子もどはまり。
そして、映画に行き、下の保育園児も夫もはまる。

アメリカでも、言葉は通じないが、ハリーポッターは大人気だったので、子供同士のコミュニケーションの一つだった。日本語のハリーポッターの本は珍しがられたし、言葉が違うけど、同じ話を知っている不思議さ。一緒にブロックでホグワーツを作ったなあ。と感慨深かったっけ。

そして、その後もずっと読んでは、頭ん中で映画を作っておりましたが、今回は、またすごかった~。そして全部繋がり、ある登場人物の本当の姿を知って、ちょいと泣きそうになったわ。

ってことで、来週オーキャンなのに、心の準備ができていませんが、今日、某お友達のメールで、予習範囲を教えてもらい、一緒に行くかくやまきほちゃんとのメールでテンションも上ってきました。
ハリーにも心はまだしばらく奪われるけど、来週に向けて、楽しみます♪
[PR]
by minamipatho | 2008-08-03 22:31 | マイライフ

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧