PG三昧

30代ポルノグラフィティファンの徒然
<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
正しい試食の仕方
うちの子供たちは、卑しい(笑)

最近はたまにしかついてこなくなったが、スーパーで土日に大量にまとめ買いをする私にとっては、猫の手よりは、役に立つ荷物持ち要員の息子達。
彼らも土日の昼前および夕方だと付いて来てくれる。

理由は・・・

”試食”

うちのよく行くスーパーは土日だとご飯時前なんかは、そこら中で、その日の売り出し商品を中心に試食コーナーが設けられるのであるが、これがもう、うちの子たちにとっては至上の楽しみらしい。

今日は、中華や秋の果物、チーズ、乳酸菌入り某有名飲料などなど色々やっていたのであるが、スーパーに行く度に、親は子に食べさせていないのか!?と思われるほどの執念を持ってわが子は参加する。

本日は次男。

エスカレーターを降りて買い物籠とカートを取りに行くと、もう臨戦態勢の息子は、
”行って来ていい?”
”またあ~?あの、恥ずかしくない程度にお願いします(汗)”
”はー(い)” 注; い、は聞こえない。もう彼方へ

彼らが小さい頃は、当然あたしもついていくのであるが、あたしは試食してしまうと買わないのが申し訳なくて、ついつい買いたくないのに買ってしまうから、昔は制止していたが、もう無理な状態に。やつらの方が身軽で早い(-_-;) で、彼の行動を草場の影ならぬ、商品の影で一応見守りつつ、恥ずかしい行動にでないか、冷や汗もので観察する。

まずは、ソーセージやベーコンのコーナー。
ここで、ソーセージのグリルやベーコンとジャガイモ?フライドポテト?のなんか一緒にいためたもんを食べる。おー、ソーセージを一つのようじに3つ刺している(-_-;) ひゃ~やめて~!

次にチーズのコーナー。今日はカマンベールチーズをなんかクラッカーに載せている。
並んでちゃっかりちゃりのすけに食べる。店員さんに一礼している。
そして、今度は、野菜コーナーへ。めっちゃ端から端へと移動。
今日は、某中華料理簡単に作れるソースブランドが、なすときのこをフイーチャー。
麻婆ナスやきのこ系の入った野菜炒め?なんかそんなものも作成され、周辺にはかぐわしい香りが・・
そこでも子供達や親が色々つついているわけであるが、ちゃっかり参加し、そこの家の子供か?と思うなじみ具合で、”おいしい~な~”とか見ず知らずのおこさんと談笑しつつ、ふた皿も食っている(-_-;) また店員さんになんかしゃべりつつ一礼。
そして、今度は、冷凍食品コーナーに立ち寄り、やきそばとピラフを食している。
あたしは、そろそろ恥ずかしくなり、偵察しながら買い物籠に色々と放り込みつつ、我慢できなくなる。
”ちょっと、そろそろ辞めなさいよお~”
”え~あと、飲み物とデザート!”と叫び、走り去る息子。
あたしはカートがあり、急な回れ右ができない(-_-;)
やっと追いつくと、ちゃっかりチーズケーキを食し、アイスクリームにも目くばせしている。
”ちょっと~!!”
”これだけ、これ食べて、ヤクルト飲んだら終わりやし!”

ってことで、前菜、おかず、炭水化物、デザート、飲み物、のフルコースを今日も完了致したようであった・・・勝手知ったる、とはいえ、昼ごはん前に、すでに昼ごはんを済ました息子は、満足気。

ところが!!その瞬間、ものすごく悔しそうなわが息子。
中華コーナーに突然現れた、某大阪有名ブランド豚まん達。
あたしが、食べたいわ~(笑)と思う蒸気の上がりぶりであるが、息子曰く、
”あかん、もうデザートまで行った。今更、肉まんには戻れへん。あ~~!知らんかったらよかった~”
思わず爆笑致しました。
あの試食コーナーで、ちょっぴりずつ出されるのって、なんかおいしいんだよね。
あたしも、時々購入して、帰って食べると、おいしいけど、あっちの方が・・・なんて思ってしまったりするのですが、家で出してもそれ程嬉しそうでない麻婆ナスを、あんなに嬉しそうに食べている息子になんで?と聞くと、

”だって、ただやで~。うち、家のローンとか借金あるんやろ?これで食費を浮かして、早く借金返して欲しいし、出来立てでおいしいし~”と、なんと言ってよいかわからぬ気遣い?いや、言い訳?を聞いてしまう。
家帰ってもがっつり食べているであろうがっ!!!

ただほど高いものはないのですが・・・試食しても商品を購入してしまう財布を持たない子供には、無邪気に”ご飯がただで、食べられる”素敵な催しなのかもしれない。

いつも、すみません、スーパーのおねいさん m(__)m
[PR]
by minamipatho | 2008-09-27 22:36 | 子供
月夜の宴で風邪をひいた(-_-;)
ひさ~~しぶりに風邪をひいた。
理由は多分、おとついの”月夜の宴”@平安神宮。
ポルノ@淡路島のライブの濃~い、濃~い後であまりにもあっさりと悲しく、あまりにも雨が半端なかった(-_-;)

いや~、舞台は平安神宮だし、夜だし、すごく綺麗なんよ。
晴れていれば、まあ、それなりに美しく、楽しかろうとは思うのですが、
今回、またまた雨。
カッパがまた役に立つ。
しかし、ライブが始まると雨は上がって、ちょいと喜んだんですよ♪
バックバンドには、ギターは、あのNAOTOさんライブでおなじみの遠山哲郎さんだし、ベースは、またまた根岸さん。 根岸さんとは、こんで3週間連続で会っています(^^ゞ

でも、ワンマンで25曲のライブ続けて見た後に、4アーティストも出ていて、オリジナル2,3曲、バトンタッチでカラオケ?みたいに”3年目の浮気”たら、”また、逢う日まで”などを各アーティストが一曲一緒に歌って14,5曲だったけ?短い(T_T)
聞けてよかったのは、トータスさんの”サムライソウル”とキマグレインの、”泣きたくて~”ってやつくらいか。クレイジーケンバンドのクレイジーケンさんは、キャラは濃かった。
あの方のキャラを理解するのには、もう5,6曲必要だ(笑)
ひととよう(漢字変換できねえ)の”はなみずき”も生で聞くのは初めてだったが・・・席が後ろで、姿も殆ど見えず、なんか綺麗な声なんだけど、世界に入る前に、次の人にバトンタッチで、ほとほと残念でした。
う~ん。オーキャンでは、色々くるくる変わっても、長丁場なんで、それなりにトイレ休憩する人も失礼ながら必要なんですが、一時間半のライブで、4アーティストは、ちょっとせわしなかった気がします。

アンコールも、もおええわ、って感じで早々にに帰ることに。夫が相方だったのですが、気に入らなかった模様。ま、わかる気がするので、あたしも同調。その途中に大雨に降られ、カッパ着ているし、傘も差しているのに、びしょぬれになりました。早めに出てきてよかったけど、散々な感じ。そして、それにも関わらず、久々の風邪ひきです。
神がおとなしくせよ、とのたまっているのでしょうか?

ま、しばらく、来月のスガさん@Zepp Nagoya までおとなしくしてます。
あ、ちなみに今回のスガさんの新しいアルバム、すごくいいです(^u^)
エロかったり、病んでいたり、勇気づけたり、毒があったり、はしゃいだり、多彩。
[PR]
by minamipatho | 2008-09-23 19:02 | マイライフ
淡路番外編 
こちらは脳天気な淡路でのライブ外の出来事。
いつも通り、期待通り、わいわいと楽しゅうございました。
この日記自体は殆どライブと関係ないので、あたしのだらだら日記ですから、興味ない方はスルーしてくださいましねm(__)m

まず、楽しみはウエスティン淡路宿泊♪
HPで見ても綺麗な建物。夢舞台たら、テラスたら、段々になった花畑?
水をフンダンに使ったホテルの外庭などすごい贅沢な作りでした。10階建てで、それ程高くないけど、見晴らしは最高。
ここはね、また来ようと思った。家族や友達と。いいとこやったわ~。
今回全然観光してないけど、温泉とくっつけて、良い感じの旅行ができそうですもん。
ま、今回はライブがあるんで、それを中心になんでも都合つけないといけないから、あんまり出歩きませんでしたが、京都からも近いし、あの橋がすばらしいし、ほんまええとこです。

ホテルに12時半ごろ着いたけど、もうチェックインできて、9階のお部屋に♪
フロントにはポルノグッズを身に着けた人だらけ。あの日の宿泊客は、殆どそうだったかもしれないが、そうでないお客さんはびっくりしたであろう(笑)
”ポルノ”と描いたTシャツを着てうろうろする、若者、だけならまだしも、アダルトチームもいるし、同じグッズのかばんを持っているのなんか見たら、どういうことか?と思っただろうな~。
実際、二日目にエレベーターに乗っていたら、小学生の女の子が、オレンジポルノTを着ている私らを見て、”変な服・・・”とつぶやいたらしい。あたしは、聞こえなかったんだけど、それを聞いて爆笑した。そらそうやろな~。小学生がポルノの意味がわかるかどうかは別として、”なんで同じ服着てるの?””なんで、そんな字が書いてあるの?”ってはてなマーク満載になりそうやもん(^u^)
あたしも例えば、あるグループのファンばかりのホテルの泊まったら、ものすごい取り残された感じがしそう(笑) そのぐっずはなに?って突っ込みそうやもん。

本当は禁煙部屋だったのが用意できなかったということで、グレードアップしてもらったらしいお部屋で、3人一室で、ベッド3つ入れても、全然狭くなかったです。海も見えて、すばらしい(^O^)/ たばこのにおいなんて一切しなかったしね♪
そこで、ポルTに着替えたり出陣の用意をして、お昼ご飯へ。

近辺にはレストラン街もあったのだけど、異常にどこも混んでいて、並んでいるので、お店に入るんは無理。そこで、テイクアウトのカレー&サラダを買うがこれまた、ばか混みで、20分くらい待つ。
その間、売店の向かいにはアロマグッズがいっぱいあり、あたしは試供品のコロンやら色々を試し嗅ぎ、試し塗り、試しフリ(笑) かんなと、”加齢臭がしたらあかんからな~”と2人で同じ動きで、コロンをシューシューやっている姿を見て、かくが爆笑していたっけ。
カレーはなかなか来ず、受付のおねいさんに近寄り無言のプレッシャー(笑)
やっと手に入れて、この日は晴れってことで、公園内にレジャーシートひいて、カレーやおにぎりをパクつき、いきなりの遠足気分♪ 楽しかった。ほんま、晴れなら、いいライブ会場です。
Cブロックやったから、この日は気持ちに余裕もあり、Aブロックのえり子ちゃん探しの旅に出て、なんとか無事に出会い、ポルノトークして、自分の番号に戻る。めちゃ、有意義なライブ前の時間でした。

ライブ後は、ホテルに戻る。ライブ会場からは徒歩20分。
すでに既述の如く、昭仁の股間タオルの話をしているうちに着いてしまう(笑)
そして、なんとホテル側もライブ参戦の客が多いってことで、この日は特別9時から開始のバイキングが1800円であって、はらぺこで迷わず、3人ともそこへ行こうと、部屋にも帰らず、着替えもせず、化粧も当然直さず、のポルノT着用で、レストランへ。まだ15分前だったけど、入れるかどうか、聞いてみたら、OKと!みなさん、予約しておられたらしく、入り口の席しかなかったけど、その20分後には長蛇の列が出来ていたので、早く行ってよかった♪
地ビール頼んだり、カクテルやジュースなど思い思いのドリンク飲んで、めっちゃ爽快。
ほんで、バイキングやし、待たずに好きなもん食べまくりでした。
淡路島は農産物が地元のものが使えるから、食事がおいしい、と感じた。たまねぎは、誇るだけあって、甘い!!ま、京都に売られているたまねぎも殆ど淡路島産ですけどね(笑)
サラダ、スープ、牛肉、チキン、魚、豚肉などの料理も一通り食べ、デザートもたらふく食べました。
おいしかったのは、チキンといかなごの釘煮のピラフ、マンゴーのムースかな?あ、ピザもうまかった!!
ライブ後にこんなに食べたん、初めてではなかろうか!いつもおにぎりとかで済まして、家帰ってからあり合わせのもん食べるか、宴会でもせいぜい居酒屋で、焼き鳥食べて、ビールやチューハイ飲んでいるのに!!ま、それもいいんですが、こういうのもアダルトチームにはありでしょうか?
いったいどんだけ、自分にご褒美するんじゃ、といわれそうですが(^^ゞ

たらふく食べて、部屋に帰り、だらだらしつつ、部屋ではポルノのPV鑑賞。
かくがDVDプレイヤー持って来てくれていたので、アポロからLove, too, Death, tooまで編集されたあるお方の有難いDVDのおかげで、わたしは、見逃していたギフトと、録画したけど、見そびれていたラブデスのPVを見られて嬉しかった♪
話は脱線するが、ラブデスのPV,あたしめちゃ好きです。あの背後のシルクドソレイユみたいな方たちと青いスーツのポルノの2人のコラボが絶妙でございます。
ギフトは、曲がいいのに、なんかフィンランドの森で歌っているだけで、途中でサンタさんと楽しそうにしているけど、もうちょっと歌の世界観を・・・と思っていたので、ラブデスの凝った感じがすごくいい。うれしいです。ご本人登場回数も多いしね。
それに、3人で、PV見ながら、あーだ、こーだとわいわい言うのは楽しかった。ヒトリノ夜の昭仁がかわいい!!という点で、かんなと一致。多分萌えるポイントは一緒なんだろう。曲はすきだけど、ご本人の登場しない、ROLLやジョバイロはすっ飛ばすなど、顔オタ丸出しのPV鑑賞でしたが、最近じっくり見ていなかったので、楽しかった。個人的には、Mアワのはtっちゃけた感じ、ラックのどこを見てもかっこいいとこ、シスターの綺麗なお顔、ネオメロのどこまでもかっこいい構成、ベアーズもMアワにも似たはっちゃけ具合の楽しいのんがスキかな~。
その後は、実は、相方さんはそれぞれ、紫ライブのDVD、ハマスタのDVDに登場しているので、そこを鑑賞し、”おお!”と驚いたり、当時の話をして、そのうちしゃべり疲れて、うとうとしながら見たり、聞いたり。紫ライブDVDの昭仁は、観客が寝たり、だらだらしている中、一人で健気に夜中に歌っていました(笑)

朝は、なんだか寝たのか寝ていないのかよくわからぬまま、8時ごろにそろそろおき出し、9時ごろに朝食へ。またまたバイキングでたらふく食べる。すごい!遊ぶことと食べることしかしていない。しかも、子供も夫もおらんから、あたしは、あたしの面倒だけ見ている。携帯も圏外で、友人との連絡もとれないが、職場との連絡もとれない(*^_^*) ああ、なんてシアワセな不可抗力。

おみやげを買ったりして、部屋でまったり、チェックアウトぎりぎりまで滞在して、11時にお部屋を後に。楽しい一泊をありがとう♪ そいで、向かった先はスポーツクラブとマッサージ♪
足裏マッサージに行ったら、予約が12時からなので、まだ時間が45分ほどあり、手持ち無沙汰できょろきょろ。そこで、あたし達は卓球台を見つける。1時間、500円♪
3人ともなんの躊躇もせず、”卓球しよっか!”ということになり、ここから、このツアーで、もしかしたら一番心に残ったかもしれない爆笑卓球タイムが始まってしまいました。
3人とも、当然いでたちはポルノT。オレンジポルノ2人と白いギターT1人。ライブの為の動きやすい服装は、ここでは、”卓球のために動きやすい服装”に(笑) 
お互い、”もしかして、バシバシスマッシュ打ったりするんちゃうん?”とかけん制しあうが、開始後、そのようなことがありえないことがわかる。3人とも・・・”ど下手”(爆)
まず、かんなとあたしがやるが、最初は2回と続かない。ネットに引っ掛けたり、コートに入らない。福原愛ちゃんの偉大さを感じつつ(←比較対照がおかしい) だんだん笑えてきて、ミスる度に爆笑。そして、かくとあたしが交代。しかし、この辺りから、3人とも笑いの線が切れて、おかしくなっていく。ピンポン玉がコート外に元気良く出たり、羽根突きみたいにバウンド前に打ったり、ものすごい空振りしたり、天井にボールが跳ねて届いたり、変な体制で打ったり、ツーバウンドでも涼しい顔で返したり、なんか思い切りよくそれぞれがミスったりするようになって、爆笑の渦に。途中で、コーチキャラになるなど、アホ全開。3人でしんどくなったり、笑い疲れたら交代していたのに、なぜか左チーム、右チームと点数をつけるという意味のない行動をし、なんかあれば崩れ落ちるように笑い転げ、1時間なかったけど、顔面の筋肉や腹筋がおかしくなりそうだったので、よかった。あやうく、笑い死ぬとこだった(^^ゞ
この笑いを誰かに伝えたい!!と頼まれてもいないのに、某ポル友に写真つきメールを送信したが、恐らく理解できないオカシイテンションの私達にあきれ返ったに違いない。
この場で謝罪いたしますm(__)m 忘れてください、一時の乱心です(^^ゞ
こういうの、今から考えても何がおかしかったんか、わからへんけど、あの忘れていた、”はしが転がってもおかしい”頃の感覚にすごく似ている。子供の頃、近所の友達と遊んで楽しかった頃みたいなね。卓球、ええな~。これから遠征は、卓球台のあるとこに泊ろう!とか言い出しかねないほど、楽しかった。
あとで、その部屋が、受付のモニターからカメラで丸見えだったことがわかる(-_-;)
あの受付のおねいさん、アダルトチーム3人が笑い倒れている姿をどう見ていたのであろう・・・

その後は、足ツボマッサージ♪ ホントはライブ後にしたいところだけど、卓球でも十分疲れていたので(笑)。痛気持ちよい刺激とふくらはぎなんて、めちゃ気持ちよくて、あたしは後で周囲に指摘されるほど寝息を立てていたらしい♪ ええ、寝ましたよ。記憶ないもん。
気持ちよかった~~!この後外に出て、雨が降り出したことを知り、お昼を食べた後は、あのすばらしく苦痛に満ちた待ち時間と、めちゃめちゃ楽しい2日目のライブの時間へと続くのでした。

ちなみにカミングアウトすると、ホテルの地下駐車場に入れられたので、車で行ったわけですが、帰りの時間は、規制退場の一番最後に近かったことで、ホテルにたどり着いて、着替えたり、なんやかんやとしていて、駐車場出るのも10時前。多くの帰宅の人々と多分時間的にずれていて、渋滞その他もなく、シャトルバスさえ見かけることもなく、10時ごろに淡路インターでご飯を食べ、わいわい、しゃべり倒し、みんなを送って、あたしは、1時ごろにおうちに着きました♪

ここでは書けない色々もあったり、あほなことも5分に一回は誰かがぼけて、つっこむ感じがずーと続いた気がしますが、これもライブ。生もの。あの時の再現は難しい。
でも、またこんな風にして遠征できたらって思います。
かく、かんな、ありがとさんでしたm(__)m
また、次回もご一緒するときはよろしうお願い致しますm(__)m
[PR]
by minamipatho | 2008-09-18 23:25 | ポルノグラフィティ
淡路島ライブ2008レポ(長文です)
楽しすぎて、笑いすぎて、筋肉痛と格闘中の次の日なわけですが、淡路島行って参りました♪
相方は、かく と かんな。はい、いつも関西婦人会で(笑) 一泊をウエスティン淡路で取って(かんなありがとう!)、三人一室でライブもライブ以外も堪能してきたわけですが、ライブ以外はかなり、当事者以外にはどうでも良い内容になることは確実なので(爆)、まずは、ライブ編♪
番外編は後でね。

昭仁本人も言っていましたが、”ポルノが野外でライブをやると一日目は晴れるけど、二日目は雨”伝説は定着したようです。06ハマスタも二日目は雨がぱらぱら降ったし、今回横浜はえらいことになったし、淡路島は、それこそ、ライブ前から途中小雨にはなったけど、最後まで雨。
降水確率50%バンド@野外、晴れのち雨バンド@野外、確定。
どれにも参戦したけど、雨の降り方としては、淡路島が最悪。
けど、一日目は快晴で、ライブ日和。
横浜一日目が歌詞ぶっ飛びで、不完全燃焼(自分的に)、二日目はゲリラ豪雨だったので、まだ”普通のライブ”を体験していなかったわけですが、淡路の一日目は、やっと普通のライブにありつけた感じがします(笑)カメラもたくさん入っていて、DVD化するならこの日のよう。
正しい。すごく正しい。全体としては、3日目が最も普通に楽しめるライブでした。4日目は、良席を確保できたこともあるし、周囲の盛り上がりもすごかったので、結果としては良いライブでしたが、雨と待ちくたびれ加減がつらかったからな~。横浜の豪雨の方がいい(笑)

(入場まで)
場所は淡路島明石海峡公園芝生広場ってとこだったわけですが、普段は、家族がレジャーシートなど広げたり、子供達が遊ぶ広々とした芝生なわけですが、今回はライブの為にあの横浜のセットをそのまんま移して、センターに花道も作って、と横浜のセットはほぼ忠実に再現されていました。後方には屋台やグッズ売り場もあり、お祭りな感じに(前ブロックでは全然行けない感じでしたが)
しか~し、オールスタンディングってことで、初めて見たときは、”違うライブやな~”とは思いました。
各ブロック分けは、ロープで仕切られ、A,Bの前ブロックから順に入る。公園内は2時からブロックごとに並ぶ人々でごった返しでいましたが、割と整理番号通りに周辺とは話をして並ぶ。一日目は天気は快晴でめちゃ暑い中のCブロック中盤(900番台後半)だったので、のんびり気持ち的には和やかでしたが、二日目は雨の中、すでにかっぱ着用で、かなりの苦痛。でも、Bブロックだったし、前の方の番号だったので、一日目とは全然違う状況で並びました。カッパやごみ袋を用意していない女子がすでに手製(ゴミ袋から頭だけ出す)に身を包んでいる人もいたり、列に後から入ってきてちょっと感じ悪くなったり、いらいら感も募ります。あ~、横浜は雨だったけど、このストレスはない。席は決まっているで、雨はライブ始まってからだったから。淡路は、2時からライブ後の規制退場できる8時半頃ぐらいまで立ちっ放し。いくら、その苦しみのムコウに喜びが~と思っても、野外・スタンディングは気力と体力が必要なことを思い知らされました(^^ゞま、ライブ始まると、吹っ飛ぶのですけどね♪
おもしろい相方とあほなことを話しつつ、それでも無言になりましたわ。それから、初日はCブロックということもあるのかもしれないが、入場はわりとスムーズで、ブロック内で、レジャーシートはあかんけど、座って待つくらいの余裕が人々にあり、始まるまで人ごみといえど、仮眠(笑)を取るぐらいの余裕はあったが、二日目は違う!!スタッフの人は、きっと走らせないために、ゆっくりと観客を制御していたのだと思うが、あまりの牛歩に、チケットもぎった後は、後ろの番号の人がドンドン前に押し寄せ、4列どころか10列くらいに横広がりの人が押しよせ、ブロック内に差し掛かったら、命の危険を感じるほどの押され具合だった。久々に怖かった。ぞうり忘れている人もいた。
ほんで、前ブロックなんで、私達もセンター寄りの前から6,7列目くらいに行けましたが、当然前に行きたい人の塊なので、自分の体一つ分しか、スペースはなく、体育座りする余裕も全くなし。
雨は降って、カッパの中はむしむしするし、人は殺気立っているし、ライブ前の二時間の待ち時間、文句しか言っていなかった(笑) 最近味わった中では、上位3本の指に入る苦痛でしたな(-_-;) あたしのちょっと離れた斜め前の某男性が入場早々で、トイレかなんか行って、帰ってくるときに、”通してください”と言われて、もちろん通す気はあり、ぎちぎちスペースを横に寄ろうとしたら、あたしと相方の間を、がっつ!!とあたしの肩持って横に押して分け入って、しかも自分のいた場所の周囲にちゃんと言ってから出てきていないので、自分の場所がなく、その人のとなりの相方の女性も頭一つさげるでもなく知らん振り(といっても一緒にその男性とはおにぎり食っている)で、その男があたし達の前に(@_@) すみませんの一言もない。がっ!!と押しのけられた時は、痛かったし、横に倒れて将棋倒しになりそうだったから、思わず、”押さないでください!、危ないでしょ!!”と声を荒げた。久しぶりに切れた。でもその方から、謝罪の一言もない。しらんぷり。無言で前を見続ける。白髪混じりの多分同年代の男!!謝れよ!と心底腹が立った。どっから見てもいい大人なのに。他にも前列の方も何人か、恐らくトイレで後方に移動、帰還してきた若い子も数人いたけど、この方たちの方が配慮があった。強引に分け入ったりしていなかった。
ここで、こういうことを書くのは、怒りをぶちまけているのではない(いや、ぶちまけてる?笑)。その後、相方と周囲の女の子数名がトイレに行きたい、ということになったとき、周囲の人々に”ごめんね、この人らトイレに行くけど、ここの場所、帰らせてあげてくれる?押さないでいてくれる?”って声かけたら、みんなうなずいて、すごく気持ちよく、3人ほどがトイレにも行けたし、後ろから押されることもなかった。帰ってくるのもスムーズだった。やっぱり、人ごみ掻き分けて行くのだから、周囲に声をかけていってほしい。その後、そのいやな思いをした人の後方でライブを見るのは、見にくいのは自分が小さいせいもあろうが、気分が悪い人と隣り合わせの時間が苦痛になるのは残念だもの。あの時すみませんの一言で、ちゃんとうまく行くのに・・・と思います。

あ~長っ。すみませんね~(^^ゞ

(ライブ)
衣装は二日ともほぼ同じ。昭仁は赤のつなぎもどきで、晴一はグッズのつなぎ、上半身脱ぎ+白いTシャツ(横浜と一緒)。テツあんどトモは横浜一日目で却下されたようです(笑)
構成もほぼ同じで、セトリは、横浜リリーが農夫と赤いスカーフに変わっただけでした。
横浜の代わりは何かなあ~に淡路島名産のたまねぎをフィーチャーして、オニオンスープ、と相方は読んでいましたが、”農夫”と来ました(笑) 淡路島に失礼であろうと思いつつ、バックが明石海峡大橋だったり、名産たまねぎだったりでなかなか手の込んだモニター画面でした。

覚えているMCや2人の表情で気付いたことを中心に。もう前後します。まとめちゃう感じで。
曲の感想は、割愛という、ライブレポにあるまじき行為ですが、横浜レポで気力は使い果たした感もあり、ご容赦を。
ただ、Report21, 病み付きになりそうなくらい楽しい。大好きやわ~~。
あと、ラブデスは、4回聞いて、PVも見て、好感度上昇中。ギフトとの違いに面食らいましたが、華やかな曲ですね~。あのクラップが定番になるのかなあ?初日はNaotoさんやまたろうさんは、サビはワイパーを推奨ムードでしたが、二日目は、その振りがなしになっていました。
では・・・・

一日目)
まずは、心配された晴一のギターですが、健在でした。アコギは、新しく用意したみたいですが、横浜ライブに触れ、”みんな、どの程度情報が行っているかわからんけど、横浜の二日目、ゲリラ豪雨じゃったんよ。今日は、楽器は乾いている方が、良い音するね、って普通の会話しよった。根岸さんと、楽器から水出てきた~?って話したぐらい。”
あのギターの弦を弾く穴のとこから、じゃーと出てきたらしい。昭仁が、”ええ~~!”とのけぞっていた。その後の晴一のコール&レスポンス
浮かれ気分で、”ロケンロー”
雨が降っても ”ロケンロー”
あなたと私で、”ロケンロー”   と進化しています(笑)
それから晴一は、会場を見渡して、”ハマスタはすり鉢状で、お客さんに囲まれるみたいで感動したけど、正直、こっちはどうなるのか、と思っていたけど、拍手や手の振りが後ろの方まで伝わっていく感じや、こう、波の様になる感じがすごい!!と。あとで帰りに気がついたが、公園の後ろの方は少し勾配があって、上っていくみたいな感じだった。このことを言っていたのかな?
晴一もとにかく、会場の人の多さ、大きさに感動していた。
こんなでっかいセット作って、こんなとこまで集まるみんなも、こんなところで大音響で楽器ならしたり歌っているわしらも、ここがイカレテイルね(といって、頭に人差し指くりくり)。 このポーズがかっこよくて、ちょっとよだれが出そうでした(笑) 

昭仁はね~~。ぷぷぷ。今思い出しても、かわゆくて萌えてしまうわけですが~~。
横浜二日目の雨の中、歌い続けた精悍な、たとえキューピーちゃんでもかっこいい昭仁ではなかった(笑) 明らかに、淡路の会場の約2万人がうわ~~といる会場に嬉しくて喜んで顔がにやけている昭仁でした。海と山の見えるロケーションで歌う自分に酔いしれている、というか、もう子犬のように尻尾を振って、”はよ、ボール投げて。走って取りに行くし~~”みたいなかわいい、かわいい昭仁でした。一番顕著だったのは、ベアーズ。あのサビのワイパーで、みんながやっている、その壮観な場面を見て、なんども親指立てて”グー”のサイン。左右に大きく動き、その光景に感動して、ほぼ表情は”素”でした。後ろのサポートメンバーにも、”すごい”って振り向いて、話している姿を曲の間に垣間見ました。
あほになって、ばかになって帰りましょう、発言や”もりあがってますか?”などの定番はここでもありました。
昭仁は、この日は”島とは、力説MC"が炸裂。
”あのさ・・・正直・・遠かったんじゃない?(顔をちょっとしかめる小芝居昭仁降臨。2回繰り返す) 関西、広島、東京、もしかしたら、北海道や沖縄とか遠くから来てくれている人もいっぱいいると思うけど、橋を渡るってことは特別なんよ。やっぱり、これは”島”だからですよ。わしは、島の人間だからよお、わかる。みんなも、あ~淡路島着いた~って思うでしょ?(この辺り、ぐだぐだ。晴一は冷ややかに昭仁を横目でチラ見) ですから、淡路島は、ここもわしらのホームグランド!!(飛躍しすぎじゃ~。何、お前、そんなに”島”を力説しとるんじゃと晴一に一日目は突っ込まれる。二日目は放置される) もう、最高のロケーションですよ。海、山。海が見えるセットなんて、そうないですよ!(当たり前ですが、観客は、セットと左サイドの山しか見えない。海が見えているのは高いお立ち台にいて、気持ちよく歌っている昭仁のみ。モニターに海の見える景色が映し出される。カメラさんGJ。)”
二日目は、海が見える発言はありませんでしたが、”淡路島ホームグランド認定”発言はまたあり、今後、淡路島が興行的に赤字でなかったのなら、また開催されちゃう危険性(笑)を感じ取ってしまいました(^^ゞ ちなみに一日目は完売、二日目は次の日平日ってこともあるのか、後方ブロックはかなりがらがらで、発表は18000人。満員なら2万人くらいだったのかな?
一日目は夕方からは、山から吹く風が気持ちよくて、虫の声も思いっきりしていて、非常に素晴らしいロケーションでした。晴れなら、かなりの良い会場です。
横浜ライブの二日目の話が出て、”あの日、この中にも行った方がいらっしゃると思いますが・・・”というと手を上げる人多数。あたしも挙げた。すると”あ、そんなに。お疲れ様でした。”と一礼する昭仁。ゲリラ豪雨がすごかったーの話が上記の晴一のギター話に繋がる。

ジャパーンでは、タオルを観客に投げるのが、一日目も開催。タオルの一方を結んで、横浜の時より遠くに飛んで行くようになる。ABブロックだけでなく、センター花道より、CDEFなどの後方ブロックにも投げられる。ここで、昭仁ご乱心。センターでべそで、いきなり、タオルを股間に入れて、ごしごししてから、観客へ(笑) ライブ後、アダルト3人from関西がこの話に食いつかないわけがない。どこまで、入れたのか?付着物は?など、下品な話をして、周囲が見えておらず、二日目には通ったはずの前日の帰り道を、”ここはどこ?”になっていました(^^ゞ あのタオルを拾った人は、洗濯するのだろうか?ジップロック永久保存でしょうか?私なら後者ですな(←軽く変態)

ハネウマライダーでは、念願のテープゲット。でも、山から海に、左から右に流れる風で、Cブロック上空にはあまり飛んでこない。相方はこの日は取れず。二日目には取れたようだけど、それでもすごい争奪戦でした。木に一杯ひっかかってましたね。

ギフトで、昭仁が歌詞を間違え、後ろのモニーターと違うやら、コーラスとずれるやら、同じフレーズ2回歌うやら、ぐだぐだになりましたが、晴一が、チラと横目で昭仁を見て、その後、モニターの歌詞を確認する姿が、なんか嬉しくて、怒りはなし。晴一の昭仁の間違いを拾って、結果的には救った感じのパフォーマンスGJ.多分、本人はそんなつもり、一切ないと思うが。

観客の盛り上がり度も、昭仁の声、パフォーマンスも、晴一のギター(メリッサのソロも弾けていた)復活も、天候も全て、”あ~~よかった。”と思える、あるべき姿のライブでした。

(二日目)

この日の昭仁をかんなは、子犬の反対語で、”成犬”と命名(笑)。いや、昨日のはしゃいだ、可愛らしい子犬昭仁から一転して、最初の曲から表情が”漢”な昭仁。きりりと締まっていました。
雨がぱらつく中、最初から気迫のこもった表情とのびまくりの声。横浜も二日目の方がスイッチが入っていた気がしましたが、淡路もあたしにはそう感じられました。初日も歌はよかったけど、ま、押さえ切れない嬉しさがあふれ出る昭仁も、それでこっちはめちゃくちゃシアワセだけど、やっぱり、この真剣昭仁が好き053.gif開演まで、待ち時間のあまりのストレスに、”いいライブじゃなかったら、ノッテやらない(←何目線?)”とまで、思っていた低いテンションが、容易に上昇。あたしは、安い女である。いや、ライブがすごいのだと思うけど(笑)
4日目まで実はわかっていなかったが、登場の仕方、前の席でやっとわかった。単純に階段を上ってきていたのね(笑) いつもスモークの中から、気がついたら出てきていたからね、ジャニーズ事務所みたいに。
ベアーズでは、昭仁は、前ブロックの観客をゆっくりと見て歌うとこがあり、ほぼあたしたち周辺は、全員、”あたしと目が合った”と思っていると思う。ガンミしてくれて嬉しい。そして、横浜でも、淡路島1日目でも使われることのなかった、ぷち舞台が実は、両サイドにあり、この日、右サイドの舞台だけ、初めて活用されたのです!昭仁は、上って、後ろの方の観客まで見渡して、気分よさそうでした。左も使われなかった舞台がやや不憫ですが・・・
そいから、気がついたことであるが・・・左側は根岸さん、右は晴一、中央が昭仁であるが、昭仁が右に来ると、晴一は自分達の正面だし、昭仁は来るし、どっち見たらええノ?(@_@) なミラクルな瞬間が多数存在することがBブロック前方でわかった。あれはすごい。この4日の中で、4日目は、視線の中心は実は晴一でした。かっこいい~~!根岸さんが悪いわけではないが、視界の中にメンバー2/2の瞬間とメンバー0/2の瞬間は比較にならないほど前者がシアワセ(笑) ええ、あたしは十分顔オタも入ってますけど、何か?

昭仁のMCは、雨に関しての話に終始。天気予報って当たるんだね~とか言いつつ、昭仁は雨が降ると萌えてくる、じゃない、燃えてくるらしい。さすが、どM。昨日の島はいいとこ力説話以外は、雨でも盛り上がっていくぞ~!!と気合を入れていました。前から6,7列目だったので、根岸さん、またろうさん、本間さん、NAOTOさん、そしてなんちゃんもよく見える!!なんちゃん好きの相方は、なんちゃんを見つめ、なんちゃんがさっきの失礼な男でかぶるとかなり不機嫌になっていましたもんね。
Naotoさんは雨仕様か、この日は金髪にグッズのキャップをかぶっていらっしゃりました。じつは、結構しとしと小降りの雨がアゲハ蝶@センターでべその時に、一番きつくなり、始まる前にNAOTOさんが”あ~もうなんで、このタイミングで振るねん!”的な話を昭仁とこそこそしているのが見えた。そしておもむろに取り出されたのは、全面サランラップで撒かれたバイオリン。そうやろな~。NAOTOさんの気持ちを考えるといたたまれない。晴一もラジオで、横浜の時に、自分のギターが一本一本雨でぬれていくことが心配だったと言ってたけど、そうだと思う。
それでも、きっちり演奏して帰ってくる皆様に、ほんまに頭が下がりまし、それが仕事だとしてもね。
前のブロックは、楽しいが、センターでべそのパフォーマンスは、本人たちの姿すら人ごみで見えず、置いていかれたように、モニターで我慢。それ以外は良い思いをしている、といわれればそれまでですが、ぎゅうぎゅう詰めで、モニターみようか、それともセンター向こうか、とやや戸惑いながらクラップするのは間抜けな感じがした。モニターすら映像がなくなり、演奏者のいない、カルマの一番は、もっとすることがない(笑) ま、歌に集中して聞き入るけれどね・・・大きい会場は、こういうとこが残念だね。米粒になったり、見えなくなることが・・・

ジャパーンではハプニング。といっても彼らのではありません。相方、かくがタオルをゲットしたのです!!!!その争奪戦を実況中継(脳内録画)。あ、昭仁はタオルをこっち方向に投げる、2枚も投げた!お、一枚飛んでくる、え?あたし取れる?いや失速しそう、あ、とりあえず手を出そう、あ、手前に落ちた、あたしは無理!あ、激しく約3名が奪い合っています。狭いこのブロック前方で、みんながその争いを固唾を飲んで見守ります、おお~!参戦しているのは、相方、かく!!!!。一人、可愛らしいお嬢さんが脱落!そして、もう一人のお嬢さんとタオルがひっぱりあいっこされています。表情は、、、かく!笑っています!003.gif ここでお嬢さんが諦め、タオルは吸い込まれるようにかくの手中へ入りました!! 必死の形相どころが、笑顔で渾身の力を振り絞り、タオルを奪う相方に感動と恐怖を覚えた相方のあたしとかんな。”ごめんね~、大人気ないのは十分承知やねん。”  ええ、当然です。あたしも同じ立場ならある程度は闘うでしょう。しかし、笑顔で・・・出来ないやろうな。あの嬉しさが溢れた表情と絶対渡さないオーラはすごい。感心した。ハネウマでは、前日洗濯して生乾きのマイタオルは首にかけ、嬉しそうにプレゼントfrom昭仁タオルを振り回すかく、が羨ましくもあり、あたしも嬉しくもあり、ちょっぴり恐ろしくもあり(爆)

込み合っているせいか、ハネウマで飛んできたテープ争奪もすごくて、数名は周辺で将棋倒しになりました。危険やわ~~。あたしは取れなかったが、かんなとかくはゲットして、3人とも一本ずつは確保。争奪戦を物語るテープは、破けたり、伸びたりしていました。
ハネウマの最初のギターがなんかうまく鳴らなかった。雨のせい?この日、晴一の私にすらわかるミス?というか音がいつもと違う感じがありました。

雨も結構最後の方は、小雨で、周囲は込み合うほどのやる気のある集団(ビキニの方までいたからね~)、ノリはすごくよかった。聞くとこは聞く感じやし、跳ねるとこはものすごい跳ねてました。最終日的な盛り上がりはあったと思う。


アンコール後のメンバー紹介では最終日はサポートメンバーもご挨拶。またろうさんは、雨の中、ありがとう!だったかな?途中のメリッサ?ハネウマ?晴一がまたろうさんに絡みに行って、舞台後方にいてまたろうさんの背後にいるため、どこにいるか昭仁がわからんようになった場面がありましたね。またろうさんも常に大忙しなんが前にいてよくわかった。あの人すごい(@_@) なんちゃんは、”お疲れ様でした”とシンプルに言って。、またもやブーイング。Naotoさんは、”ただいまー(^O^)/久しぶりのポルノ楽しかったー”あたしも楽しかったよ、Naotoさん。いてくれるだけで嬉しい。いや、演奏必要(笑) 新曲のラブデスはNaotoさんのバイオリン、耳に残ります。 本間さんは、”今後ともよろしくお願いします”と硬い挨拶。昭仁に硬い!と言われていました。根岸さんは、”この先、10年も、20年もがんばるぞ~(ポルノをよろしく~だったかな?” しばらく定着される予感。根岸さん楽しそうだもんね。松永さんは、最後に”皆さん、ご一緒に、あげあげ~”となんか手を上に向けるポーズ。これ、横浜初日からしていたがそうだったのか。不思議ちゃんの雰囲気が香る松永さんも素敵でございました。
最後に晴一が、締めの言葉。メンバー紹介にて、こんなでっかいセットと作って、こんなバカ騒ぎして、でもこの後、セットは夜中に壊され、ここは普通の子供が遊ぶ広場になる。無駄なことやってると思わん?(会場ブーイング) 人の話を最後まで聞け!!(男前校長先生降臨) でもこういうムダなことに一生懸命になれるのが、ロマンチックで、すごく素敵なことだと思う(一部違うかも。でもこういうことを言っていたと思う) これからも一緒に作って行こう、みたいな感じで大楕円。昭仁は、喜んだりうろちょろで(笑)、晴一が締める感じですな(^^ゞ


ダイアリーの後は、昭仁と晴一から重大発表、ってことで、秋にベスト番、エースとジョーカーが出て、来年2月からベスト番ツアー、”ロイヤルストレートフラッシュ”が開催のお知らせがモニターで。すでに某ポル友は、”トランプツアー”と略していらっしゃいましたが、まだ言うのが多少恥ずかしいタイトル名なのは確か(笑) でも初日が大阪から始まります!!嬉しい。長男の入試が4日後に控えている点、最終日名古屋は、多分学会と重なっている連休中。と問題はあるんだけど、どっか一日でいいから行きたいな~(一日で多分済んでいないだろうけど・・・)
そうそう、この発表の後、昭仁と晴一がばんざーい!ってやって、観客もみんなバンザーイ、バンザーイって何度もやりました(笑) おもしろかった。


ということで、また思い出したら加筆しますが、4種類の違ったライブ。楽しゅうございました。
いや、いつも全部違うけど、野外は自然もかなり影響するし、席によっても全然違うし、観客やメンバーのテンションでも全然違うので、4日も行きすぎか?とも思いましたが、
幸い、仕事の都合や家族の理解もあって(諦めでしょうが・・・)、行けてよかった016.gif 

生声は、
晴一・・・お前ら好き+投げキス多投
昭仁・・・また、会おうね! 

でした。
[PR]
by minamipatho | 2008-09-16 15:47 | ポルノグラフィティ
あしたから(^u^)
淡路島2days、明日朝から行ってきます♪
なんか明日はなんとか晴れそうですが、月曜日は雨の雰囲気が漂っています(-_-;)
横浜と同じ構成ですかい!雨でまとめる気かな?
それはそれで盛り上がるとは思うのですが・・・
ま、もう天気をどうにかできる能力があるわけどもないので、どんな状況でも楽しめることがわかったら、いいや!!

さて、全然違うことですが・・・
去年この時期、ま、もうちょっと前ですが、あたしの仕事の上での親友が天国に行ってから一年が経ち、今日は、昔の仲間とご主人、お嬢さんを交えて、食事会をしました。
一年前は、悲しむだけで、信じられなくて、でも前に進まないといけなくて~と言う感じでしたが、お嬢さんも、ご主人も前を向いて進んでいらっしゃるのに安心とともに、元気をもらった。
一人ずつ、彼女との関わりや思い出を語った。
色んなエピソードが聞けて、彼女の知らない一面を今頃知ったこともある。
あたしは、うちの息子達と同じ年で、ちっちゃな頃から知っているお嬢さん2人が元気にたくましく、お父さんを助けて健気に頑張っていること、それをお涙頂戴な感じにしないで、さらっとやっている(ように見せているだけかもしれないが)姿に感動した。
彼女の子供の時からの写真もいっぱい見た。
今日、久しぶりに会えた人もいた。彼女のおかげやね。
一年経ってもライブに行ったり、呑気にやっている私を彼女はどうみているかなあ・・・

声が聞きたい。
[PR]
by minamipatho | 2008-09-13 23:21 | ポルノグラフィティ
ポルノ2008横浜2daysレポ(ネタバレあり)
この土日、横浜に行って来ました(^O^)/
土曜日は初日でどきどき、日曜日は土砂降りの中、忘れられへんくらい色んな意味ですごいライブでした。ネタバレ炸裂なので、淡路島行かれる方でセトリを知りたくない方は、申し訳ございませんが、見ないで下さいましm(__)m って書くのもほんとはいけないんだろうと思うのだけど、忘れたくなくて・・というか最近の記憶力低下の波に勝てずってとこです、はい。
















この土日の相方は、ポル友のちゃいとこあ。
京都駅からあたしとちゃいが新大阪発ののぞみに乗り、こあが新大阪から自由席を確保してくれたので、3人並んで座ることができました♪すいてて、よかったね。
しかし、ポルノライブ前と思えぬくらい、ポルノ以外トーク(笑)
ちゃいのジャニコン話や、私生活のあれこれをぺちゃくちゃ。
ポルノのことは、昭仁の髪型に問題あり、とかnegative トークばっかりしていた気が(笑)
道中、電車からホームにいるすごいビッグサイズの体型の叔母様がチュニックが極楽鳥みたいな派手なんやけど、膝たけで、一部すごいミニでしかも、膝までのパンストがおみ足を強制的に縛るのでハムみたいになっているのだけど、まるで気がつかず、そして、そのたくましい足の間に紙袋を挟み、なんか汗を拭いているんだけど、その時太ももまでグオーと見えてしまうすごい姿に、こあと目が釘付けになったり、関係ないとこで盛り上がっていました。
グッズのつなぎに関しても、あたしら30’sはあれは無理!といいつつ、ライブで何人くらい着ているかなあ~100人?いや、100人はおらんやろ?とかなんとか言いながら横浜に。(”つなぎ”については言い訳になるが、若いお嬢さんとかはいいのよ♪ おばちゃんとしては無理やな、ってことですから。ちなみにすごい年配(60代)のおじさんが着ていた。普通に作業着で、あまりにも溶け込み、グッズとわからん似合いぶりやった。つなぎ着ていた人は、めちゃ多かった。若い女の子がやっぱり殆どでしたが)
女同士は早いわ、しゃべってるとすぐに着く。
横浜のホテルは、球場のすぐ隣(ありがとう、かんな)で、ポルノファンがいっぱい。
チェックインして、オレンジポルノTに着替えて出陣。
大分で知り合いになったちゃーぼうさんやきょうこさんにも偶然出会うが、3人ともオレンジTにリストバンドにジーンズという、かぶり倒したいでたちで大笑い。
おばちゃんチーム、普段、できない姿を嬉しそうにしてしまうと、ここに行き着くのかも(笑)
グッズに並んでいるとばっかり思っていたら、トイレの列に並んでいたことが判明して、3人で爆笑し、もう4時過ぎで、グッズの長い列にびっくり、と売り切れ続出のTシャツ、タオル類に、もうええか・・・ということで、グッズの列に並ぶえり子ちゃんと電話でしゃべって、人ごみにいるえりこちゃんを確認して(この時にちゃーぼうさんに会って奇声を上げていたのですが)、諦めて中に入る。結局パンフと冷却セットは、ライブ後のがらがらに空いているときにまだ、残っていたので、買えたんですけどね♪
席は、3塁側のアリーナ横のちょっとなだらかなとこ。二日目は、その反対の、1塁側。
でもよく見えました。
セットは、なんか工事中みたいな機械的な、クレーンとかけむり吐いている煙突とかのあるセットで、ど真ん中にでっかいモニター。これは今までで一番でかく、画像も鮮明でした。ただ、前の方にスピーカーが4列出ているので、斜めからは見えない人がいたんじゃないか?と。花道は中央に紫ライブみたいなへそがあり、サイドは比較的短い。
前のハマスタは、サイドが後方まであったから、前のライブなら近くに来てくれたなあ~と思いつつ、視界は良好なんで満足。ライブ前は、前回の様に観客いじり。
いろっぽいポーズ、かっこいいポーズ、変顔、エアギター、カップルにはキスやはぐを強要。素人さんいじりもあるし、絶対仕込みであろう寸劇もあり、まあ、冷めた目(笑)で”あれ、仕込みやで~”とか言ってしまうかわいくないおばちゃんで、終始辛口。
5時開演ですが、土曜日は15分遅れ、日曜日はほぼ時刻通りでした。

さて、なんか工事中みたいな機械の音がなりはじめ、一日目はそこで、早くも観客は立つが、なんかなかなか始まらず、また着席。二日目は、みんな知っているのか、本編の始まるときまで着席。
今回は10周年目の目前ライブで、この9年間を振り返るというコンセプト。
最初の登場前にも1999年のアポロのジャケットから今までの作品のジャケットがシングル、アルバム、DVDと全部発表順に出てきて、”そして本日”てことで、9月6日、9月7日の文字が出て、本人さん登場!!

ここで、2人の姿に唖然。昭仁は真っ赤な衣装。途中で、上着は脱いだので違うことがわかったが、最初は赤のつなぎかと思った(笑)この衣装には賛否両論。あたしは、爆笑しただけで、それより、昭仁の最近のブサイクさ加減に満足値が低いところで設定されていたせいか、モニターに映る姿がかっこよくて、悶絶し、赤い服のことは忘却したかもしれません。
ライブ前の辛口批判炸裂から一転して、”かっこいい~”と溶けているあたしに、両隣の相方は開いた口が塞がらないようでした(笑) なんか、若いねん。昔の昭仁みたい。金髪やったらあの頃です。髪の毛、立ってました。スタイリストさんも、意識したのでは?
のちに一日目でも汗だくで、ぺちゃんこ、二日目は、それこそ、昭仁、禿げてきた?と心配になるくらいキューピーちゃんでしたが、でも写真と違い動く、その気迫のこもった表情に、髪型などどうでもよくなるかっこよさでした。
晴一は一日目は革ジャンに青いパンツ、二日目はグッズのつなぎみたいな、カーキの衣装を上は脱いで腰に。Tシャツは、同じだったかな?白いTシャツで、キラキラしてるおかっぱ頭のレゲエマンみたいなお顔が中央にある。初日は、上着脱いだら、赤ズボンと青ズボンに白Tシャツの2人は、コンビみたい。、自分たちもガチャピンとムックみたい・・と。ここで???晴一は、青ズボンの自分をムックといい、観客に訂正され、ガチャピン?といい、ああ、ガチャピンは緑、ムックは赤と訂正され、ぐだぐだ最強。何も一致していない(笑) ちなみに私らは、あの懐かしい、”なんでだろ~”のテツあんどトモみたい、と言っていたら、某ポル友さんも同じ意見であったことをメールで確認。ここでもどんかぶり。

ではセトリと曲のそれぞれで感想を。


ライオン

一日目。ここでテンションがめちゃあがる。まさか、この曲で!!聞きたかったけど、ここで来るとは~。でも一日目も感動したが、二日目はもっと気迫を感じました。
実は、昭仁、一日目は、全曲間違えたのではないか??と言うほどの歌詞間違い。
多分あたしの知る限り最多です。最初はお約束と思っていたが、後半は昭仁ファンのあたしですら怒りがこみ上げるほど。ま、全曲ではないかもしれんが、バラードとかわかりやすいとこでやったので、”この曲でやってはいかんやろ~”と。宴会でも、これはみんな異口同音でした。で、二日目のライオンは、もう、きびっしい目で見ていたわけですが、”あ、これは、違う。気迫がと思うくらい二日目はのっけからよかった。きっと、初日、反省会をしたに違いない。顔が、違う、声もすごい。ほんまよかった。

痛い立ち位置
ライブで初聞き。ノリも良いので、観客も盛り上がる。

ヒトリノ夜
一日目は、おお!と聞きたかったし、最近よくヤルようになったこの曲。体力をすごい使うのに最初の方に持ってくるのは自信の表れ?歌詞間違いをしてましたな、一日目は、こっから・・・二日目、股間ダンスのかわりかなんかしらんが、途中で、自分の胸を揉みしだく昭仁。ほんで、自分で、小声で、”わし、胸ばっかり揉んどる。”と。この時は、”あ~もうええから、ちゃんとやって。”と厳しく思っていた(笑) でも、二日目は、この曲の終わりくらいからぽつぽつ。おもむろにかっぱ装着。周囲も早かったわ~対応。二日目は、こっから”伝説のライブ”が始まる感じです、はい。

ポストマン
この曲で、こぶし挙げるのや、手せんはな~。納得できません(笑)背後のモニターの絵はかわいい。普通。

MC
9年間のライブを撒き戻そうという意味のMCを昭仁。わしらが、ポルノグラフィティじゃ~、ごろごろ~(雷)で、この時には、もう完全な雨@二日目。一日目はぐだぐだとMCしていたんだけど、二日目はもう必要最小限度で、あとは、素で出るMCというかつぶやきなんやけど、その方がよかった(笑) 一日目は、この横浜スタジアムのスタンドの一番後ろまで行って、急勾配で足もぱんぱんになったけど行って、よし、ここまで届けるぞ!!と思ったのに、今日見たら、観客ないじゃん!!そう、PAの7階建てくらいのやぐらがステージ後方にあるので影に隠れるから後方のど真ん中スタンドは席がなかったのです(笑)二日目は、なんか”雨でぺちゃんこでもみ上げもなくなって・・・うちのねーちゃんそっくりになってしもた。”とかつぶやきつつ、どんどんもうやりましょか??でも一つだけ言わせて!ここぐると回って、わし、すごいもん発見。と。なんか”糸でんわ”という広告がでかでかと球場の広告にるのをカメラさんが抜いてモニターに。一同爆笑。あれはなに?と。で、昭仁は調べたら携帯の会社やったと。これだけ言いたい!と。あ、もしかしたら、このMCはもっと後やったかも(笑)前後しているのはお許しくださいませ。
 浮かれ気分で、”ロケンロー”のコールアンドレスポンスを晴一。一日目は一回やけど、二日目は、2回。もう土砂降りになってきたので、観客も2人もテンションがおかしくなってきていた(笑) アホになって、バカになって帰りましょう~!に雨の効果は絶大。
あんな雨の中、うお~とか言っている3万人はアホ以外の何者でもない。でもなんか、連帯感を感じ、この時点で二日目は感動していたかも。昭仁が”伝説のライブを作りましょう!”ってキューピーちゃんみたいな顔で言うのにも、もうかっこいいとかどうでもよく、”がんばれ”と思うだけでした。

ベアーズ
まずはポル来たツアーから。本編セトリの最後の曲をやっていくということで、Aパターンの最後のこの曲。一日目は、”ライトが平凡な~”と歌いながらレフト(3塁側)に来てしまい、”あ、ここレフとじゃ。”と。二日目は、ちゃんとライト方向(一塁側)に。ということで、二日とも先に昭仁はこちらに。雨で前が見えないくらいすごくて、この曲で吹っ切れたわ、あたし。

グラヴィティ・We Love Us
OMCの最後の曲。久々に聞いて、なんかよかった。一日目は普通に感動。そして、これと次の曲が、間に空白なく、連続で。Switchツアーで最高潮だったちゃいは、大喜び。久々に"We love me and so, we love you"と歌えて嬉しい。あたしもこのツアーで初めて遠征したり、どんはまりしたな~と。この辺りはセトリがバラエティに富む感じにどんどんなっていくので、大喜び。

愛が呼ぶほうへ(74ersの最後)
最初はアコギで。”降り続くあ~め~”はまさにその通り。二日目は、ここでも土砂降り。昭仁は、雨が目に入って、コンタクトがどっかいくハプニング。しかし、途中でドラムやキーボードが入るときに、コンタクトが戻ってきたらしい(笑)あとのMCで言ってました。でも、昭仁の目はもう真っ赤。辛そう。がんばれ~。前の高校生くらいの女の子2人がかっぱを持っておらず、ほんまにぬれねずみに。余分がないしな~と気の毒になった。でも、元気そうに雨を楽しんでいる。なんか、その効果はよくわかる。2人ががんばって演奏し、歌っているからやろな~。

幸せについて本気出して考えてみた
”おい、おい”のノリもよく、昭仁も両サイドに走る走る。でも、雨の中走る、歌う姿はまた格別。雨の中、大声あげて、雷の音も打ち消す歓声もすごい。稲光がすごいので、かえって曲の間の静かな時は稲妻の音もすごいので、びっくりするが、大音量だと、光ろうがゴロゴロなろうが、なんかみんながいるから~的な感じで音も聞こえないから良い。寒いからかえって、飛んだり声出したり。

横浜リリー
この曲の前のMCかな?昭仁が、”もう最後の雲が通過中だから、あと10分で止むらしいです。”とか言っていた。みんなにも自分にも言い聞かす感じだったんだろう。ま、ずっと止みませんでしたが(笑) 淡路では、この曲入れ替わるのかなあ・・・

アゲハ蝶
この曲で、センターの花道へそに。パープルズではサポートさんも星に行きたかったと副音声で言っていたが、ここで夢が叶う(笑) 今回のさぽさんは、Naotoさん、またろうさん、松永さん、根岸さん、Nang-chang、本間さんでしたが、全員やってきて、打楽器とNaotoさんのバイオリンと晴一のアコギで奏でる、南国調、アジアンテイストなアゲハ蝶。周囲はもうとっぷり暮れて、一日目は、夕暮れと、それからキャンプファイヤーみたいな炎の中にいる8人に姿がとても幻想的。これに関しては、一日目がよかった。Naotoさん、あんな雨の中でバイオリン大丈夫?というか最後は音がおかしくなっていて、終わったら駆け足で戻っていた。良いアレンジだけど、土砂降りに打たれて、雨の音までマイクが拾うすごいアゲハ蝶になってしまった二日目は、音としては一日目には到底勝てない。しかし、気迫はすごい。甲乙付けがたいアゲハ蝶でした。

カルマの坂
みんなが正面舞台に戻る。昭仁のみ残る。この曲は出来たのは7年前で、この時は20代でこの曲の世界観を歌いきれていなかった、と。MC途中、二日目はゴロゴロとまた大きな雷がなり、思わず昭仁は、”ちぃっちゃい頃、雷が大嫌いで押入れによく隠れていた・・・”と。このつぶやくMCが良い。
一日目もそれなりに感動したが、雨の中で、滝の中で、この歌を歌う姿は、さらにあの悲壮な世界観が漂い、この曲好きではなかったが、この時は胸が打たれた。昭仁、がんばれ~~って。泣きそうでしたな。

ヴォイス
この曲ほど2日間で評価が分かれた曲はない。昭仁の力ではないが(笑)
一日目は、もう、絶対間違えたらあかん、スローなとこで、歌詞をかむ、忘れる。
あ~~とため息。色々やらかしていたが、これが一番目立って、一番許せへん感じやった。周囲の観客もあ~て反応しているのがわかった。のちの宴会でも、みんな口を揃えて言っていた。反省させなあかん!!と。そして二日目は、”もう、この曲だけでもいいから完璧に歌って。”と思っていた。そしたら、途中で、また声が消失。”え?またやった?”と私。隣のちゃいに落胆して、”あ~あ”というと、ちゃいが”違う違う、マイクの故障や!”と。あ~2年前の大型新人さんのことを思い出しました。天気職人でぶっとんだ昭仁に”マイクの故障かしら?”のpureな言葉に当時感動した私。そして、マイクがほんまに故障しているのに、”間違えよった~”と思ってしまったあたし。”え?どうなんの?”と思っていたら、ファンが続きを歌う。あたしも気がついたら歌う。
ヴォイスは、みんなのヴォイスが一緒になって切れることがない。昭仁はモニターを外してみんなの声を聞き、急いで替えのマイクが持ってこられても、みんなの声を聞いて、ワンコーラス聴いてから、ありがとう!と言って、次のコーラスから歌い始めた。すごい、なんか感動的でした。終わった後も昭仁は、”みんなの声がここまで届きました。”と。なんかよかった、観客が(笑)。 雨に助けられたというか、こういう雨もいいな~と昭仁も最後に言ってましたがそう思いました。

Report21
これは初めてライブで聴きます。弾けていました。ギターぎゅんぎゅん。好きやわ、かなり。

ミュージックアワー
雨のMアワしか覚えていないけど、すごい飛んだ。寒かったし。みんなもそうやったと思う。盛り上がった。

Heart Beat
お~ここで!また盛り上がる。昭仁の若い頃を思わせる熱。初日も二日目もよかった。

リンク
せっとからぼーぼー火がでます(笑) 暑い@一日目。あったかかったわ@二日目。
久しぶりに聞いて良い曲やな~と思った。昭仁も気迫十分。

メリッサ
一日目はこれで、テープが出たけど、二日目はあとのハネウマで。多分、タオルを二日目は出せないからかな?二日目は、晴一は、ギターが雨で壊れて?ソロの音が出なかった。悲しそうな悔しそうな表情で中央でがっくりしているのを見て、昭仁が笑いながら(元気だせ!)みたいな感じで歌っていた。

稲妻サンダー99
なんで~~??やわ。センラバがいい。ジャパーンって、わけわからん(笑)でも二日目、はこのジャパーンにあわせて昭仁がタオルを観客に10枚以上掘りこんでいました。アリーナ羨ましい(笑) こんな曲するから、稲妻だらけになるんよ~~!!

ハネウマライダー
二日目はタオルは凶器になりそうやった、重くて。あるいは、温存。あたしは、一応ちろちろだしましたが、レインコートの中に入れていたのにずぶぬれでした。でも、盛り上がった♪

ギフト
うるうるした、二日目。曲の前に、昭仁がファンのことを”ギフト”と言ってくれる。二日目は、あたしにことはさておき、土砂降りでも帰ろうとしない3万人を見て、客観的にそう思った。あの場所に立っていると尚更そう思うだろう。歌詞もいい~。横のモニターに歌詞が出る。

~アンコール~
二日目ばっかり書くが、昭仁は、”もうお客さん帰っていたらどうしよ~”と思っていた。ありがとうございます!!と。もう、セットしてもしょうがないびしょぬれ具合。Naotoさんの頭もぺちゃんこ(笑) でもアンコール、なくなるか、と思っていたので、よかった。ここまでくれば、もう最後まで!!!

Love too,Death too(新曲)
一日目は、この曲で実はちょっとひいた。歌謡曲みたい。工藤静香のMugon. 色っぽいねに似ている。まほろば、にも似ているという評価も聞いて、なるほど~と。キャッチーなんですが、ギフトと違う路線にちょっと戸惑う。ノリもクラップなんか、ワイパーなんかどっちかわからん。
ま、これもアリってことか・・・

アポロ
ヤルと思っていたが、最近よくヤル(というかOMCやけど)ので、新鮮さは・・・。でも好きだけど。

Please say yes,yes,yes
一日目はここでいやな予感。もしかして、これで最後???って。ジレンマは食傷気味ではあるのは確かですが、聞きたい気は十分あった。最後はダイアリーなんか?となんとなく思っていたので、これがここに来てしまうと!!と。ま、結局予感はその通りで、一日目は乗り切れず(心配で)。でも二日目はよ~くわかっていたので、振り切った。そしたら、楽しかった。よう、最後までやったね~お二人さんとサポートさん&観客さん&スタッフさん、って思えた。

ここで終わり、サポートさんが前にきて挨拶。一日目は、え~~~って感じ。不完全燃焼。二日目は、ここで燃焼。それ以上の感動。なんかやりきった感。同じセトリでなんでこんなに違うの?って思った。周りも出し切った、ぬれきった感。一体感あり。
そして2人だけ、雨の中、センターのへそにまたやってくる。
スタッフがアコギを用意。
昭仁が”もう一曲やりましょか~~!”と言うと歓声。今の気持ちを歌います的なMCを一日目は色々やっていましたが、二日目は、ギターの音の出るうちに、と晴一の目線を感じで手短なMC.それでええやん(笑) スタイリストさんから土下座される勢いで、”お願いだから、帽子かぶるか、タオルまいて”と言われた頭髪は、ほんま、禿げてるのかもと思うくらいキューピー。猫毛でとか普通の人の1/3の毛の細さ、とか言い訳していましたが、そんなん関係ないよ~と言いたい。一生懸命やっている姿は十分かっこいい。
お気づきかともあろうが、私はやっぱり、昭仁ガンミでした。晴一はほとんど見ていない(笑)
歌っている姿、表情、声、全てすごかったよ。MCはもうなくていいわ、この先(笑)

ダイアリー08/06/09
らららららん~は観客に歌わせる。まだ統一感はない(笑)この終わり方・・・一日目は完全燃焼できなかったけど、二日目はその前に出し切ったので、余韻に浸れた。早く帰らないといけなかったので、ワンコーラスしか聴けなかったけど、駅に向かいながら聞く昭仁の声と晴一のギターと観客の合唱に感動した。駅で、カッパを脱いで、自分がえらいぬれているのにびっくり。
でも、全然わからんくらいライブに入っていたので、帰りはめちゃめちゃ寒かったけど、いい経験したな~と。

大雨のライブは盛り上がると聞いたことがあったけど、なんかわかった気がする。
雨でなかったら、昭仁の歌詞間違えをカウントし続けて終わったかもしれないが、二日目は殆どそれはなく、昭仁はあらためて、”M”だな~と思いました。逆境に強い。
今後、彼の上だけに雨雲を用意してもらうか?(笑)

そして、遠征はやっぱり楽しい。ちゃいのお友達とも合わせ総勢9人で初日は宴会し、夜中は同室のちゃいと4時ごろまで、色々話した。私生活を(笑)。普段はライブのことしかはなさないけど、ポル友さんとはハンドルネームしか前は知らなかったけど、みんな色んな人生、生活を経験していて、大人になって仕事と家庭の行き帰りで、すっかり狭くなった世界を、広げてくれる存在のポル友さん。中華街に行って、まったりしたり、人間ウオッチングして爆笑したり、びっくりしたり、手相見てもらって喜んだり驚いたり、日常から離れて、ほんま楽しかった。
二日目は、会場で、えむちゃん、えり子ちゃん、みんさん、キラキラさんとも会え、この時は初日のライブのことを結構ぶーぶー言っていたのですが(笑)、感動しまくったんじゃないかと思います。あとで、感想を送ったメールの返信には彼女達も一緒の感想を持ったのがよくわかる興奮ぶりが伝わってきました。四人で初めてのライブで、すごいことになったな~と途中で彼女たちに思いを馳せたのですが、いいライブを経験できたよね~。
恵みの雨って感じでした、ほんま。びしょぬれの服もタオルもなんか嬉しいライブの余韻で、帰ってから洗濯するのが惜しいくらいでした。

ポルノの遠征は相変わらず濃いな~と帰りの新幹線で余韻に浸りまくりでした。
来週の淡路島も楽しみ。どんな風に進化するのかな?晴一のギターは大丈夫かな?
メンバーが風邪をひいていないことを祈ります。

あたしは、今日は夏休み。まったり、ゆっくり致しますね♪
余韻に浸りつつ・・・
[PR]
by minamipatho | 2008-09-08 10:46 | ポルノグラフィティ
ライブはもうすぐ・・・
ここ数日、ポルノ関係で我が家は物が届いたり、当落がわかったり、盛りだくさん。
まずは、会報の整理をするファイル到着。
”買う人、おるん?”の一冊1500円のケースを4冊も買った人約一名。
はい、あたくしです(^^ゞ
色は、一色でそろえるか、色々買うかを悩んだ末、結局色んな色が見たくて、ばらばらに購入。
赤、黄、白、黒、というばらばらもいいとこ4冊買いましたが何か?
なんで4冊か、ってーと、あたしは会報、No.0から諸般の事情により持っている。
するとNo.30だと4冊ないと収まらない。ってことでね。
使いかってはどうか、というご質問もあろうか、と思いますが~、
なんかプラスチックのつめ、みたいなんが上下についていて、会報の真ん中ページを開いて、そこに挟むみたいなんだけど、結構最初に失敗したりして、会報がぴりぴり破けたり(-_-;)
だって、最初の方の会報、うっす~いんですもん(T_T)
ま、今まで袋にまとめて入っていた会報がちゃんと納まり、なくすことも、汚すこともなくなった感じはする。デザインは、まあ普通。チケットとか思い出のチラシも収納できる、といえばできる。
しかし・・・市販のクリアファイルとかでもええかもな~、とも思う。
ま、記念ってことでね。でも、このファイル、10月までしか購入できないらしい・・・ということはよりかかった船、ってことで、将来的なことも考えて、もう2冊くらい必要???
悩みどころやわ~。無駄遣いかもしれんが、それもまた・・・ね・・・いいよねえ。

次にFCUW3の抽選結果。
一応、希望通り、大阪、26日昼の部、当選しました(^O^)/
なんか周囲も当たっており、あんまり落ちたとは聞かないが、それでも都心部や土日なんかだったら、競争率は高かったであろう。
初めてのFCUW,感謝でございます。友もこの日参戦する方がおり、ど平日に楽しんでやることにした、へへへ。
あたしは、相方に当落メールを見た途端、お許しの猫なで声を出し、とてもその日一日、いい人として仕事した。にこやかに、怒ることもなく。
相方は、”毎日、当選メールが来て欲しいなあ~”とつぶやいていた。

そして昨日、グッズ到着。
Tシャツ(黒い、五分袖)、オレンジポルT,かばん、リストバンド、タオル(帽子なし)を購入。
かばんが500円のわりにはちゃんとしていて驚いた(@_@)
しかし、会場で、みんなこれ持ったら、足元置いて、間違えて持って帰りそうやな~。
Tシャツは、家から着ていく勇気はないが、オレンジT、かわいい。好きかも、かなり。
タオルわ~~OMCがすごい上等なイメージだったのですが、今回、ちょっと工事現場過ぎる色合いで、若干毛足も短く、上等感が減少した気がするのは気のせい?・・・
ま、あとは当日パンフレットぐらいで止めておこう。

と、ポル友さんとも序序に計画を話し合ったりしているのですが、なんか気持ちの盛り上がりが・・・
実は、仕事で、ちょっと色々あり、ややどん底な感じがここ数週間継続しているのです。
頭はそっちのことで一杯でねえ。ぐったりです。
その気持ちが、晴れるというか、気分転換できたら、いいのだけど・・・
ギフト聞くと、涙ぐんでしまうくらい、弱ってますもん、珍しい(-_-;)
ということで、本当は色々とポル友さんにHPに訪問して、脳天気にしたいのだけど、自然に任せます、復活できるまで。
ライブで復活できるかしらねえ~。
[PR]
by minamipatho | 2008-09-01 21:03 | ポルノグラフィティ

by minamipatho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
スガシカオ
from Good!な芸能ブログ集
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧